学習障害

ジェイシーはクライアントの子供でうちに泊まってて一緒に遊びにいったりするんだけど、彼女は「学習障害」があると判断されてる。学習障害とは理解力が悪く、違うように理解したり、文字を読むのが遅かったりして学習することに困難を感じる子供のことである。

車の中で学校は楽しい?ってジェイシーに聞くと。「ノー」好きな科目は?「ない」「私ばかなの」。ジェイシーは一学年年下のクラスに入っている。「友達は?」「学校ではいない」。悲しすぎる!だって、12歳のころって学校生活が人生の大半を占めてるじゃないか。

ジェイシーと話してるととても学習障害があるようにはみえない。日本の12歳の女の子よりずっとしっかりしている。私なんて、いまだにモールでどこに車を止めたか忘れるのに、ジェイシーは覚えてるし・・。私だって12歳のころはかなり、ぼーっとしていた!ジェイシーは確かにスローだけど、私もスローなのでなんだか気があう。聞いてみるとIQは普通みたい。学習障害のカテゴリーの中にものごとに集中できないとあるけど、人の話もジーっと聞いてるし、散漫な感じはしない。私も学習障害についてつきつめたことがないからなんともいえないけど、そういうのってカテゴリー化しちゃっていいの?

自分に自身がもてないって辛いなぁーと思う。でもセブに来て違う世界があるってことにきずいてほしい。アメリカは学歴社会。どれだけインテリジェンスかということをあからさまに競うところがある。子供達にはかなりプレッシャーなはず。日本もそうだけど、極端な例をいうと、アメリカで人に紹介されるときに、「Bunnyは○○大学院でMBAを取得したの」である。一見、中国的フィリピーノしかしホントは日本人の私でもその紹介で人々の敬意が目に見える。私は学校で別に成績もぱっとしないし、集中力もない、アカデミックとはいえない人である。

世の中には大学なんぞに行かなくてもとても賢い人がいるもの。たとえば、私が尊敬してるシャトーの主(ワインのね)なんかは昔、時計職人だった。ワインに対する情熱からシャトーまで持つことになったのだ!フランスでシャトーを持つってすごいことなのよ。そこのワイナリーはフランスではかなり普及している有名シャトーだ。一度、お会いする機会があってお話したかったけど、くくー。フランス語が喋れねー!英語をしゃべってくれそうにない!ってフランス語の通訳を介して(皮肉にもわたしゃー、英語の通訳士で参加していた)ちょっとおしゃべりした。「お会いできて光栄です」って。あー、フランス語やっときゃよかった。直接言いたかったぁ。

かなり話はそれたけど、ビジネスで成功してる人が必ずしもインテリジェントとは限らないのだ。基本的に商売なんか学歴なくっても全然オッケーである。そういう意味では子供は元気はつらつと育てたいものだ。しーちゃんは学校の成績が悪くてもいいから心身共に健康であってほしいと密かに願うのだった。

はぁー、なんかちょっと心のモヤモヤが少なくなったかも。。。
[PR]

by scorners | 2005-07-13 22:27 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31