Site Council

先週の金曜日にお迎えにいったら、先生が、ニコニコして、茶封筒を手渡してくれた。

中身は、オフィスからのSite Councilのお願い。

ひやー。去年ことわったのにぃ。暇そうだから、マークされたに違いない。ちなみに、私、PTAもやってるんだよ!

Site Councilとは、学校のBoardという運営機関に、アドバイスするグループのことで、カリキュラムや生徒の学力、予算が、政府のNo Child Left Behind政策に反映されているか、チェックするのよ。

しかも、ミーティング、月曜日の午後。

ムムっ。 今回は、オフィスも断れないように、考えましたね・・。

で、実は、今、「旦那をカリフォルニアに戻す作戦」というのを練ってまして、どうなるか、今週わかるのです。

って、オフィスに言ったんだけど、

「じゃ、お引越しされるまで、メンバーになるってのはどうですか?」

敗戦。。

行ってきました。ミーティング。

以外と、面白かったのです。ってのは、カリフォルニアの教育状況がよくわかりました。
カリフォルニアは、北にいけばいくほど、白人の率が高いんだけど、うちの学校も80%が白人、20%は、ヒスパニックか、アジア、ブラック系です。なので、うちの学校は、このNo one left behind政策で中心とないっている英語を第二外国語とする生徒への補助金などは、あんまり、当てはまらないケースが多いんよね。先生が、他校では、多様性が産んだ教育環境の難しさが浮き彫りになっていることが多いんですよ。って説明しなければ、気づかないほど、白人社会です。ESLとか、聞いたことなんだろうな・・・。

逆に、「スペイン語を第二外国語教育で取り入れるってのはどうですか?」っていう意見があった。うーん、その前に、Language Artsの英語の成績を上げましょうって、話ですよね・・。

それと、もう少し、コンピュータ使ってほしいなぁ・・。子供たちも。高校行くと、ペーパーはタイピングしてだすんだよね。

農園での生活は、満喫したので、そろそろ、次に移りたいなとムズムズしてきました。
[PR]

by scorners | 2011-10-20 03:10 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31