懇談会

一学期が終わって、行ってきました「懇談会」(Parent Teacher Conferenceと呼ばれます)

しーちゃんが先で、彼女は、本当に何もかも卒なくこなすので、お友達関係とか、来年の算数がどうなるのかとか、聞いてました。そろそろ、掛け算が始まるので、どうやって九九を覚えさせるのとかね。Conduct(授業態度)もA+と、家では想像できない、しーちゃんでありました。リーディングが進んでいて4年生のレベルを読んでいるらしいです。Language Artsは3年生のクラスに参加しています。

次の懇談への足取りが重い・・

ジュニア・・・

先生にも、びっくり箱で、何かでてきそうで、怖いっていうと、

「いやー、今年は暴れんぼくんがいっぱいいるから、ラッキーでしたよ!」といわれました。

以外だったのは、キンダーのカリキュラムって昔の一年生並なのよ。Sight wordが始まってました。フォニックスはできるから安心してたら、甘かった。ジュニア、Beginning soundがわかってても、母音とかEnding soundとかが怪しいのと、音の集合で単語が成り立っているということに気づいてないことが発見。あと、Dr. SeussでRhymingもがんばってくださいといわれました。

思い起こせば・・、二人目はかなり手を抜いております。すまないね・・ジュニア。

先生に褒められたのが、「話言葉のボキャブラリーが幅広いですね。」
私「そうなんです。家庭では良し悪しですけどね・・」(笑)

悪いことは何も言われなかったのだけど、私が思うには、家で補足していかないと2学期は、遅れる気がします。いつも、聞かれるんだけど、お母さんの英語は第二外国語なのに、子供のボキャブラリーが並外れているのはなぜ?その答えはFishyの遺伝だと思うわ。家にいないけど、遺伝子ってすごいね。

それにしても、男の子と女の子ってこんなに違うものか・・とびっくりしたわ。
[PR]

by scorners | 2011-11-04 11:52 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30