自閉症

Fishyのママからブルーな電話がかかってきた。ママのStep Grandson(義孫?)のニックが自閉症だと診断されたらしい。ママ、泣いてるし。これは、さすがにショックだった。ニックは3歳で、前回のクリスマスで一緒に過ごしたとき、3歳の男の子にしては、覇気がないなっておもってたんだ。目をあわさないし、バイバイもしない、Empathyも感じない。自閉症と聞いてそうだったのか・・となぞが解けた感じ。自閉症についてちょっと読んでみた。自分の世界に入ってしまうらしい。外部とのつながりをもつのが難しいとか。

ニックの母親のリネットと前回話をしたときに、リネットは働いていて子供と時間をもてないことに罪悪感があると言っていた。ニックの姉のシエラは癇癪持ち。そもそも、リネットの夫のマーカスが40にもなって消防士になりたいといいだし、学校に通いだしてから早4年。リネットは一家の大黒柱だ。アメリカの消防士は競争率が高い。学校でたからってすぐ、消防士にはなれない。リネット夫婦はヒスパニックの乳母を雇ってるし、マーカスがいっつもいるから、子供には手が足りてるんだけどね。でも、母親としては、もっと一緒にいたいって気持ちが強いんだろうな。マーカスがまた働き出すかわからない状況の中、リネットとしては今の会社を辞めるわけにはいかない。とくにSpecial education の必要になるニックを支えるためにも。

アメリカの教育状況を考えるとこれはかなり辛い話だ。アメリカは学歴にシビアな国だ。お母さん達はいかに子供達がSmartであるかということを意識している。自閉症のように学習障害があると辛いのだ。しかし、最近は自閉症も軽ければ治療可能らしいので希望があるかもしれない。

しーちゃんは、セブのゆっくりした時間の中で元気に育てばいいなとおもってるけど、子育ては社会との係わり合いがあるから、一筋縄ではいかないのね。ま、とにかく、今は、歯が生えそろうことが一番の目的です。
[PR]

by scorners | 2005-09-17 22:47 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31