産婦人科

今日は、第一回目の産婦人科。予約を入れておいたので、約束の時間にFishyと二人で行った。私がセクレタリーに「Doctora(ドクターのこと)は?」と聞くと、「Coming」(もうすぐきます。)待つこと、一時間、Fishyが急に立ち上がって、あの、アメリカ人特有の両手を上げて、ちょっと怒ったポーズをした。「どうなってるんだ?」「Coming...」。言うまでもない、Fishyは私をおいて帰ってしまった。一時間待った意味なし。その後、30分くらいして、「おっはよー」とドクターがきた。あ、明るい。かなり遅刻してるのに。悪いと思ってたのか、セクレタリーがすぐに呼んでくれた。

いっつも思うんだけど、Fishy、短期だから、せっかく、長らく待って得るものを得ないで帰ってしまうタイプ。たとえば、めちゃ、おいしいアイスクリーム屋に並んでいるとする。1時間並んだあと、材料切れで、もう少しってところでさらに20分待ち。私なら、待ってる。せっかく、一時間まったのに20分くらいどってことない。Fishy、ぶち切れで帰るタイプ。

この間だって、子供服をアメリカで買いに行って、散々、しーちゃんに試着させた後、カウンターに行くと、一着の服のバーコードが見つからない。店員が散々探した挙句、値段がわからないということが発覚。眠かったのに無理やり、子供のショッピングに連れまわされた挙句、一着かえないとわかったFishy。また、両手を挙げて、「全部いらない」と、去るではないか。おーい。と、何も買えずじまいのことがあった。

かなり、それたけど、結局、妊娠の方向性を決める第一回の訪問でFishyは参加できなかったので、私が好きなようにきめちゃいました。
[PR]

by scorners | 2006-01-31 21:26 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30