プレスクール オリエンテーション

今日は朝からプレスクールのオリエンテーションに仕事をサボっていってきた。このプレスクールはFishyと悩みに悩みぬいて決めたスクールなんだけど、今日のオリエンテーションでやっぱりここにしてよかったと思った。

Fishyと私はしーちゃんに自身(Self confident)や学習するモチベーションを養ってほしいと願っている。私はいろんな教育法のなかでもプロジェクトベースの教育法が好きだ。ケンブリッジも前期までは、Thematic (テーマ別)の教育法だったけれど、今回、Reggio Emillia に触発されたプロジェクトベースの教育法に変えた。その違いは、テーマ別だとテーマに直接的なアプローチによる教授法だけど、プロジェクトベースだと、メインのテーマに沿って派生したトピックからエコロジカルに学んでいける。プロジェクトベースのテーマは3ヶ月続き、その中でメインのテーマが繰り返され、子供もゆっくりと自分のペースでシークエンスを噛み締めていけるのでクリエイティブだし、物事を包括的に学習できる。私はこのWholisticなアイデアが好きだ。ロジックがしっかりしていると世の中渡るのもうまくできるんじゃないかと思ってる。

この学校の私の心配は財政管理かな。10人以上の先生が6クラスにいる。各、少人数制のクラスで生徒と先生の比率がとてもよい割合だしーちゃんのクラスなんて2:1だもん。そろばんを軽くはじいても、裕福とはいえないと思う。そうなると、しわ寄せがくるのは、人材。先生も入れ替わりが多いみたいだし、給料安いんだろうなぁ・・。ま、でも小学生とちがって必要なものが限られているのでしーちゃんがいる間くらいはがんばって経営してほしい。人の会社の経営心配してる場合じゃないけどね・・。

どこの国でも先生っつうのは、辛い立場だなと思う。仕事はしんどいし、給料はほかのプロフェッショナル(弁護士とか税理士とかね)と比べて低い、教養が必要。きっと、ほんとうに子供達が好きで、彼らの笑顔や成長振りが先生達のリワーディングなんだろうな。しーちゃんもそういう先生の下で愛され自立心が備わっていくんだろうな。

オリエンテーションは、常にビジネスの脳みそになってる私にとって、とっても触発された内容だったわ。私も第二の人生を歩むならば、国連か教師かな。しかし、なーんで商売人になっちゃったんだろー?
[PR]

by scorners | 2006-07-14 23:45 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31