子供の育つ環境

お義母さんが、知り合いの子供を2週間ほどあづかった。彼女は知り合いの家に養女として育ち現在18歳。お義母さんは発育心理学学を大学で専攻しているので子供の成長過程にはかなり詳しい。この子供はかなり躾と態度がなっていないらしい。しかもベジタリアンで食物アレルギーもそれにプラスあるそうだ。一時期、体重40kg、身長170cmの時があったくらいだ。こんな極端な生活を強いられる環境にあったのだと思った。子供はそれぞれ、個性があるけど、環境により変わることも大きいという例がここにあるような気がした。バランスのある生活は大切だ。バランスのある食事、両親の愛情のある環境、教育があるというのは当たり前のように感じるけど、難しい世の中になってきている。

Fishyとこのことについて話をしたとき、しーちゃんは本当に今、幸せな環境にあるなと思った。私達も子供の成長のことを考えると共に、自分達も成長するのかな。

私の結婚するときの条件のひとつに「子供好き」というのがあった。本当に子供が好きな人。子供に愛情を注げる人と一緒に生活すれば、夫婦としてもうまく行く気がしたからだ。私達は子供のことも話すけど、それを通して自分達自身の生い立ちなんかも出し合ったりする。人の心理とか経験とかは何十年語っても奥が深い。

その養女となって家庭環境に恵まれなかった子供は、かわいそうだけど、子育ての側面を見た気がする。
[PR]

by scorners | 2006-08-12 23:34 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31