子育ての本

保育園に入れるころから子供の発達学の本を読み漁ってたんだけど、ふと、日本語の本が読みたくなった。日本で買ってきた本、「子供が育つ魔法の言葉」。とても人気のある本で昔から読みたかったんだけど、これ、実はしーちゃんができたときに、父が読んだらと薦めてくれた本。

しーちゃんが2歳になって子育てが本格化してきた今日この頃、とても身にしみる内容。子育ての本というよりか、親が教育される本。ストレスの多い子育ての現実の中、子供の視点に立ってみてハッときづくことが多い。ケーススタディもたくさんのっているので、説得力がある。

子供と接するとき、一番難しいのはコミュニケーション。どうしたら子供のモチベーションをあげられるかってこと。はみがきをするとき、お昼ねをするとき、もっと遊びたい子供にどうやってそれをさせるかが問題。時間に押されて無理やりさせようとすると、子供と喧嘩になるので子供が理解しやすい言葉でうまく乗せていくのは至難の業。この本はそんな小さな状況にも対応してくれる。

あぁ、仕事に戻りたくないなぁー。ずっと、子育てしもって本とか読んでたいなぁー。
[PR]

by scorners | 2006-10-12 23:38 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31