依存性

しーちゃんは、一ヶ月を過ぎてもバレイのクラスに一人で入るのを嫌がる。先生が嫌だからかな。先生はしーちゃんにとって食べ物でいう野菜なんだと思う。しーちゃんは、野菜が嫌い。でも、野菜は風邪の抵抗力を強くしてくれたり、体にとてもいいんだよ。先生も子供の好きで必要なこともよくわかっている先生なのだ。

昔から決まった人しか抱っこできなかったしーちゃん。とても依存性が高いと思う。私もある時期まで依存性が人並みに高かったと思うんだけど、大人になるにつれて割り切れるようになってきたけどな。「特定の人に依存する」という点ではFishyの家族に似ているかもしれない。

依存するということの一つにその特定の人の考えに合意することが多いと思う。たとえば、しーちゃんは私が下した決定を全てと考えがちだ。親としては、やりやすい面も多いんだけど、私も子供と一緒に学ぶことが多いから私の全ての判断がただしいとはいえない。

しかし、しーちゃんには私には見られない性格がある。それは、依存するんだけじゃなくて、特定の人を拒否することも多い。これって相互関係あるんだろうか。

話はがらっとかわるんだけど、バレイのクラスが終わったとき、オランダ人のクラスメートがシアナにチョコをくれた。その子は4歳なんだけど、自身があって心が広い。しーちゃんもその子に興味があるんだけど、しゃべらないでその子の周りをうろうろしている。どうお話していいかわからないんだ。あぁ、やっぱり親にて社交性が薄いのかと思った。でもこれは努力したら開ける道なので、できるだけよい環境をつくってやりたいものだ。

はぁー、嫌なものは伸びないよなぁ。もし、しーちゃんのお友達が帰ってきてもやる気がないならば、ちょっとバレイはお休みしようかな。親がいくら素敵な技術と思っても子供にやる気がないとだめだよね・・。はぁー。
[PR]

by scorners | 2007-07-15 00:15 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31