学校のこと

先日、旦那の友達のおうちでホームパーティがあった。そのパーティのゲストはみな、お子さんがいて、子供の話が中心となった。帰り道、Fishyが突然、「しーちゃんの学校をかえよう」と言い出した。

えっ、えっ、えーーー?

このトピックについては、私たちはずっと悩んでいたんだけど、急にいわれても無理だよ。

今、しーちゃんが行ってるケンブリッジは、私は先生もプログラムもかなり気に入っている。せめてキンダーまでは、そこに行かせたい。

うーん。これは、Fishyの単なる思いつきなんだろうか。。とりあえず、学校をみてみたいということなので、アポをとった。

アメリカ留学の理由にしてもそーなんだけど、Fishyは、しーちゃんの英語力をかなり心配している。フィリピンでは、英語は第二外国語なので、しーちゃんの英語力は普通だと思うんだけど、やっぱり、ネイティブスピーカーからみると、かなり平均より劣るらしい。

しーちゃんは、私が日本人だということで、見た目はアメリカ人でも心はかなりアジア人よりのお子に育っている。私としては、思うように育ってるつもりなのだ。でも、やっぱり、しーちゃんは、アメリカ人でもある。Fishyがしーちゃんにアメリカ人の要素をみたいというのも親心としてわからなくはない。

実際、フィリピンでアメリカ人をやるのは、難しい。いくら、フィリピンがアメリカかぶれてても、やっぱり、心はアジアの国なのだ。私は、そういうフィリピンが好きなんだけどな。

「しーちゃんの学校をかえよう」は、Fishyの苦肉の策なんだろうな。

と思うと、私も完全に否定はできないのだ。私たちは国際結婚なので、どっちかの文化を優遇すると問題になる。妥協点が見出せるように、いつもお互いをきづかわなくてはならない。Fishyは、しーちゃんの日本語教育のためにも協力的で、私たちを仕事が忙しくても日本に快く返してくれる。アメリカ留学を含め、今度は私が譲る番なのかなという気もする。

まだ、学校訪問してからでないと、Fishyがどういうかわからないけど、困ったもんだ。
[PR]

by scorners | 2007-10-29 14:10 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31