ブックストアにて

また、しーちゃんのクラスメートの誕生日会があるってんで、急いでプレゼント買いにいったよ。Wish list にDoraとトーマス。うーん。男の子なんだけど、その子のお母さんはDoraでもいいんだろうか。トーマス・・は、限られてくるんだよなぁ。。もってるかもしれないし・・。悩んだ挙句、本にしよう!

National Book Storeにしーちゃんをつれて、Dr. Seussを探しにいった。本を選んでる間、「マミーこっちきてみー。マミーマミーマミー」

うるさいーーーー

「プリンセスの本かってあげるから、Don't disturb MOMMY!!」(マミーのじゃましないでー)

ちなみになんで、Dr. Seussかっていうと、そろそろ、Rhymeをやってもいいかなとおもってたから。たぶん、フォニックスがちゃんとできてからでもいいんだけど、音の響きが面白いからそろそろ、はじめようと思ってる。Dr. Seussの本はライムが面白いのだ。

とりえあず、一冊決めてレジへ向かう途中。

おおー。

公文だ。

くもんの英語版の本がずらーっとならんでる。公文コーナーができてる。

300ペソくらい(700円)でわりと安い。

いろんな種類があって、いろいろほしかったけど、とりあえず、また、ライムをかった。迷路とかきりえとかもあって、楽しそうなんだけど、しまじろうがまだあるし、おわってから買いにこよ。

3歳になると、数や文字が気になるようになるのよね。お友達のお母さんは公文にいかしたりしてるもんね。しーちゃんは、なんだかんだいって、来年はキンダーである。はやい・・。キンダーは意外と力の入るもんだというのを子供をもって初めて知った。4歳になると、世界が広がる。自分の身の回りのことはもちろん、いろいろなことを理解しだしてくる。ストレスがたまらない程度にいろいろ教えていかなきゃならない。

しまじろうの来年の教材をみてても、かなりひらがなが入ってきてる。最後のほうは気が遠くなりそうなくらい難しい。外国に住む日本人の子供は、英語も日本語もやらなきゃいけないので、子供もたいへんだけど、親も大変だ。しかも、言語は吸収力の差が子供によってぜんぜん違う。しーちゃんは、早いので、私がついていってない・・・。ぶつぶついってるアメリカ留学もやっぱり、ありがたい環境なのかもしれない。最近、私も、英語がフィリピン人化してるので、正しい文法がでてこなかったりする。

ショッピングをおわってやーっと帰途につこうとしたら、

「うんちー」

トイレに行ってなんだかんだしていたら、5時をまわって雨ふってるし・・。タクシーない。。

かえってきたら、7時回ってました。

クリスマス前のモールは、夕方いったら、あかん。これからクリスマスにかけて、雨なんかふったらえらいことになる。

って、もう、アメリカにいっちゃうんだけどね。
[PR]

by scorners | 2007-11-27 22:07 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30