闘鶏とアメリカ人

フィリピンの娯楽に闘鶏がある。鶏同士を戦わせるのだ。

うちには、雄鶏がいる。これは、うちのメイドのペットだと思う。(食べられちゃうのか、売るのかはわからないけどね)

ひよこから育てたんだけど、なかなか、立派な雄鶏だ。

ジュニアには、毎日、「コココを見に行こう」といって、雄鶏を見て、金魚をみるのが日課になっている。

今日の朝、Fishyが、「しーちゃんがさ、闘鶏をみたっていうんだよね」

「え?」うちで誰か闘鶏したのか?

メイドに確かめてみると、どうも家の前の道端でやってみたらしい。

いつのまに・・・

それをFishyに伝えると、難しい顔をするので、なんでそんなに納得いかないの?ときいてみると、「アメリカ合衆国では、動物を戦わせるのは違法なんだ。だから、子供に対して、倫理的なのかどうか、かんがえなきゃな。」

へー。アメリカじゃー、違法なのか。

そーすると、土佐犬はどうなる。

あまり、アメリカ人らしくない彼だが、たまにカルチャーギャップを感じるらしい。

とりあえず、メイドには、子供たちには、自分たちが外で楽しむことには、フィリピンの文化だから何も言わないけど、闘鶏を子供たちに見せないでほしいとお願いした。

うちのメイドも大変だよ。日本人のマム(私)には、これはだめー、あれは、だめーと言われ、アメリカ人のサー(Fishy)にはこれもだめーといわれて、一体どうすんねんってとこでしょう。

だから、うちってそれぞれに子育てのストレスが多いのよね。だって、3カ国だもん。

さー、こんなことがストレスになってくるんじゃ、そろそろ、日本へ帰る時期かな。と。
[PR]

by scorners | 2008-02-18 00:25 | Cebu
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30