解決志向

やっと、「キッズスキル」という、フィンランドの教育の本を読み終わった。ビジネスの本も読まねばいけないんだけど、ついつい、趣味にはしってしまうのよ。

精神科医が書いてる本なんだけど、なかなか簡単でよい本です。

最近、しーちゃんの学校で起こった事件などの問題解決法と比べてみると、明らかに改革的。学校は、「問題志向型」で、このキッズスキルというのは、「解決志向型」の問題解決法なのだ。

なんで、こんな間違いがおこったのか、という原因追求をする「問題志向型」。に、対して、(この問題に対して)どのように、解決したらいいかというスキルを学ぶ「解決志向型」。

最近、しーちゃんに(また)むかつき気味な私。こーいう本をたまに読まないとね。

「成果はほめてあげてください」

そーです。そーです。ほめてやらなきゃね。すっかり、忘れるときがあるんです。怒ってばっかりで。

この本をよんで、まるで、圧力釜の圧力がぬけたよーに、しゅーっとなりました。

子供の問題ばかりでなく、問題解決をするときは、肯定的な方がモチベーションがあがります。誰が悪い、何が悪いと追及されるのは、皆嫌だもんね。
[PR]

by scorners | 2008-12-15 23:04 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30