亀事件

先週のことなんだけど、子供たちを迎えにいって、他の親御さんと話していた間、しーちゃんと友達が教室で、クラスペットの亀にえさをかってにやりすぎて、水がにごってしまったことがあったのだ。

先生たちは、ランチだったので、セクレタリーに先生を呼んでもらって、子供たちにあやまらせた。

しーちゃんは、このことに対して、罪悪感がとれなかったのか、気持ちを消化できなかったみたいで、学校にいくのが少し怖くなってしまった。

生き物を飼う責任感。クラスルームへ勝手に入ってはいけないというルール。ごめんなさいをいう正義感とそのメリット。なんかを体感してほしかった。

しーちゃんは、次の日、亀が生きてるか、朝一番でチェックしたらしい。

しーちゃんが、学んだ方法は、少し手荒かったけど、亀の生存をちゃんと心配できる子供であることに安心した。

恐らく、この年代では、まだ、「死」の意味を把握している子供は少ないと思うんだけど、しーちゃんは、グランパの死で、よくも悪しくも死ぬということの悲しみの深さを理解している。

小学校に入れば、勉強が忙しくて、しつけや親の価値観を教えにくくなる。年齢的に子供も自我が整ってきて、自分の価値観を見出してくる。

しーちゃんには、今のこの柔軟な時期に(って、性格的に柔軟ではないが・・)、人として社会で困らない技をみにつけてほしい。
[PR]

by scorners | 2009-01-27 22:04 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31