ミニ オリンピック と しーちゃん 誕生日会

一週間前に急に、「ミニオリンピックやります。」と言われ、ええーっとダブルでショックだった。ミニオリンピックとは、ナーサリーからキンダーのレベルのみで行われる小運動会のこと。

なんで、ダブルショックだったかっていうと、そのアナウンスされた日に、しーちゃんの誕生日の招待状を印刷して学校に持ってったところだったんよね。しーちゃんの誕生日がミニオリンピックと重なってるぅー。先生と、どうするー?日にち変えてみる?とか、二人でいろいろ悩んだ結果、ミニオリンピックの日に決定。

そして、今日、当日。一週間しか、猶予がなかった割には、よくまとまっていました。イベント好きのフィリピン人、こういうとこ、すごいねぇ。かーちゃんも、走ったよ。最近、逃げるジュニアをダッシュで捕まえることがあるんで、瞬発力鍛えられてたよ。

お茶のみタイムに、用意していたThumbelina のカップケーキに一本ローソクを立てて、皆に、バースディソングを歌ってもらって、ふー。

仲のよいクラスのお友達に、お祝いしてもらって、これで、よかったなとやっと、納得の誕生日会でした。

d0011352_23212975.jpg


ミニオリンピックもおわって、やれやれー、と思っていたら、お友達が真剣な顔をして、話しかけてくるので、聞いていたら、学校での子供の問題。お子さんが、とても活発で、いろいろ問題を起こし勝ちなのです。一年間、いろいろ話を聞いてきて、特に、私からは、行動をおこさなかったんだけど、最近、本当に、悩んでいて、暗いので、少し、私の境界線を緩めることにした。

子供が先生から不等に扱われている気がするというので、校長先生にお話してはどうかと言った。彼女は、校長先生をある意味、怖がっているので、いままで、話が前に進まないこともあった。仕方がないので、校長室に一緒に行って上げるけど、私は話を一切しないよ。といって、ついていった。ちなみに、私は、校長先生とは、いつも、パーティなどで遭遇するので、「怖い存在」からは、ほど、遠かった。校長先生も、私がなぜ、一緒についていったかについては、?だったと思う。私は、ずーっと、両方の話を聞いていた。校長先生の話も筋が通っているし、友達も、いいたいことが言えたようだった。やっと、友達の顔から笑顔が戻ってきた。

話を聞いてあげるだけで、十分と思ったけど、ときには、少し、でしゃばることも、必要なのかもしれないと思ったのだ。

私としては、校長先生の判断の下し方や、その判断のプロセスをみることができて、よかったなと思う。でも、オリンピックで走ったあとには、少しヘビーな内容でした。
[PR]

by scorners | 2009-05-22 23:43 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30