カテゴリ:Japan( 7 )


一時帰国

日本に帰ってきて一か月が経ちました。今回の帰国は急に決めたけど、実りが多く、本当に帰ってきてよかったわ。

しーちゃん: 京都弁がぺらぺらになりました。一日中、しゃべってます。地元の小学校の2年生で、聴講生として、他の生徒と一緒に楽しく過ごしているようです。2年生の漢字は難しいけど、意外とスッと入っていけてるようです。音読は不協和音のようだけどね・・。

ジュニア: 小学校の近くの幼稚園で一時預かりをすんなり受け入れてもらえました。海外からの生徒も多く子供も先生も言葉の壁もなんのその、アットホームな雰囲気で楽しくしています。しかも、イベントが多くて、子供たちは毎週お祭りのようです。近くのスイミングスクールで、スイミングにも通っています。せめて、終わりになるまでには、顔を長時間つけられるようになってほしいものです。あっ、それと、空手もやっています。武道の基本をまず学んでほしい、という願いで。日本語は、私とはしゃべってくれませんが、他の人とは話しています。お友達も沢山できて、充実しているようです。

マミー: 同窓会で、20年ぶりの友達と再会です。盛り上がりすぎて、久しぶりに午前様でした。地元で子供たちを学校に入れると、同級生にかなり遭遇します。どうも、私もあまり変わってないようで、「もしかして、○○さん?」と声をかけられて、小学校からのお互いの人生を振り返ることもしばしば。

京都は祇園祭まっ盛りです。笛の音を聞くと、京都の伝統の深さを想います。今日も鉾に上ってきました。明日は巡航なので、鉾ひきさん達の準備風景なんかを見に行きたいと思います。

今回の帰国の目標である、「子供の日本語向上」「私の心の洗濯」は、良い感じで達成できそうです。しかし、おいしいものを食べ過ぎて、確実に太りました・・。かなり歩いてるんだけどね。

d0011352_2142114.jpg

[PR]

by scorners | 2012-07-16 21:04 | Japan

帰国ラッシュ

アメリカの学校がバケーションに入ったことから、フィリピンでしーちゃんの前いってた学校もアメリカのカレンダーだったので、バケーションに入って、日本にお友達が帰国ラッシュ。

うれしいことに、お友達がたずねてきてくれる予定がはいっていて、いろんな刺激的な話が聞けて、充実しています。

昨日は、ブログでお世話になっている、ぴーうぃさんと5年ぶりに会って、休むことなく話続けました。普段は、地球の反対側に住んでいるんだけど、「繋がる」ってすごいな。

ぴーうぃさんとは、大学の話や、アメリカの教育事情なんか、私の興味が満載の内容だったよ。いままで、セブ島で、疑問だった教育事情なんか、なーんだ、アメリカも一緒?ってな話も多くて、フィリピン特有でないことも発見できたり、日本と照らし合わせても、面白かったりしたもんね。

今日は、セブのお友達が遊びに来てくれて、しーちゃんもクラスメートだったので、大喜び!まるで、離れていた時間がなかったかのように、仲良く遊んでいました。こんなに、環境が違う場所であうってほんと、不思議。

ぴーうぃさんとも話していたんだけど、日本にバケーションにくるのは、良いけれど、日本という特異な社会体系に、親子で馴染まなくなってしまったと、自分で確認してしまったわ。南国気質はなかなか、ぬけないのねぇー。

日本に来て、いろいろショックなことは、あったけど、また、首相が変わったことは、がっくりきたな。人事が中心になって、国民が中心でないんだなぁと思ったよ。

来週も、お友達が来るし、皆、日本に帰ってきてうれしいなっ。
[PR]

by scorners | 2010-06-08 23:14 | Japan

ゴールデンウィーク

ようやく、日本のペースになれ、花粉症もカムバックしたとおもったら、ゴールデンウィーク。

これって、パワフル3歳男児を持つ私にはフルタイムで働けってことですな。実は、ゴールデンウィーク前にあった「親子遠足」でかなりお疲れな私。大体、セブにゃー、親子遠足ってなかったんだよ。親子遠足では、琵琶湖博物館へマイクロバス6台でいってきました。琵琶湖博物館はよかったよ。水族館もあったしね。何が私の中で大変だったかっていうと、日本の雰囲気にまだ慣れてない中、幼稚園の雰囲気にカルチャーショックをうけることよ。いままで、セブのぬるま湯教育から、日本のきっちり教育についてってない私・・

ゴールデンウィークでは、なつかしのお友達とお出かけをして、子供たちも顔見知りのお友達と再会して、一杯遊んでもらったので、ジュニアの日本語も伸びたし、日本が少し楽しくなってきたらしい。そういう意味では、ゴールデンウィークはよかったかも。

しかし、ゴールデンウィークも明日で終わりなった今日、疲れてます。私。人ごみも苦手で人口密度が高いのも久しぶり。

はやく、幼稚園始まってください・・・

d0011352_1551501.jpg

[PR]

by scorners | 2010-05-04 15:52 | Japan

文字好きな日本

銀行で口座開設の手続きって日本はとても簡単。信用社会、仕事の工程にブレがないってすごいね。免許証だけで開設できるんだよ。

フィリピンじゃ、信用できない世の中なので、Requirement というのがあって、必要書類がワンサカいるのに。しかも、あとからあとから、不十分ですって言われるし。

それと、日本は、「お手紙」が多い。書いてコミュニケーションをとることが主体なのだ。幼稚園のコミュニケーション・チャンネルもほぼ、お手紙。口頭で確認しようとしたら、「○○のお便りに書いてなかったですか?」と言われる。そういや、かいてあったがな。しかも、Reminder もお手紙でくるから、お手紙みてないと、取り残される気がするよ。

フィリピンでは、ガンガン、キーパーソンに口頭で直談したほうが早い。

日本からフィリピンにこられた人は、このギャップがかなりあるのかもね。しかも、文化的に読み書き中心の言語だから、口頭で主張するのは苦手なので、それが英語が苦手とくれば、もっと難しいんだろうね。

私はFishyとの日ごろのディスカッションでスピーキングが鍛えられ、もともと読み書きが好きなので、あまり、英語圏でコミュニケーションに困ったことはないけど、日本に逆輸入された今、外国の中の日本人の生活の辛さが少しわかった気がします。

道をあるけば、30m内に必ず外国人を見る京都なんだけど、この人たち、どうやって暮らしてるんでしょうね・・漢字読むのは、難しいしね。
[PR]

by scorners | 2010-04-23 13:50 | Japan

無事帰国

帰国してから一週間、嵐のように毎日がすぎました。
というのも、子供たちを幼稚園にいれたのです。帰国して次の日に、幼稚園に行って園長先生とお話したら、「じゃ、いつからこられますか?」といわれるので、Fishyが、「明日から」と話がまとまってしまったのです。えええーーー。すごく、準備するものがあるんだけど?

と、てづくりの「よだれかけ」?!既存のビニールではだめですかい?タオル地のほうが服にぴったりくるらしいです。

時は4月のなかば、買い物にいっても学校用品は売り切れ。ビュービュー風が吹き、傘がとばされそうになりながら、大型ショッピングモールのはしご。

なんとか、用意して、初登園。風びゅーびゅー。「マミー、寒い、めぇぇっちゃ寒い!!!」ジュニアは、ウワーン泣きながら歩くこと30分。

「すみません。バス登園にかえていただけます??」

Fishyもすんなり、バス通オッケー。(だめっていったら、「じゃー、朝おくってって」っていおうと思ったのに・・)
こんな寒くていいのか?日本。しかも、雨降ってるし。3歳児に傘さして30分歩きは過酷でしょう。

挫折。

日本は厳しいです。

私は、元ハイカーなので、多少は大丈夫ですが、毛穴ひらきっぱなしの南の島帰りキッズには辛いかも。しかも、ホームシックでただでさえ、暗いのに・・

「ねぇ、友達としゃべった?」
「折り紙教えたで」
「名前は?」
「Nobody」

午前中保育で、ホームシック・キッズを抱えた一日はさっさと終わってしまう毎日でした。
[PR]

by scorners | 2010-04-16 20:57 | Japan

またしても、父・・

朝から天気がよかったので、梅小路に汽車を見に行ってきた。

父が、機嫌よく一緒にいってくれるってんで、コンビニでおにぎりを買って、梅小路にさぁー、出発。

梅小路に入るやいなや、「臨時運行されてます。」っていうので、その足で、SLに乗りにいった。ジュニアは、緊張して、しーちゃんは、「大きくて怖い」と、いってました。

これは、余談なんだけど、しーちゃん、何でも、怖いのよね。ちょっと、怖い魔女が出てくるテレビは、怖い。プリキュアの戦いも怖い。これは、なんだか、わからないんよねぇ・・

今、プラレールにこっているので、D510の機関車を購入して、さぁ、かえろう!

ここで、また、父が事件を勃発。

私がジュニアをカーシートに乗せていたら、何を思ったか、父、発進した。

ドアがバンと私にあたって、後部車輪が私の足の上を「通過」。

いったー、きゃー。

という、悲鳴にやっときづいた父。車を止めて、「あれ?まだ、乗ってなかったん?」

ええー??ドア空いてるし、私も父の隣にのってないやん??

幸い、足の甲に青じんができただけで、大事にはいたらなかったけど、「もー、俺もとしだな、あっはっは」

お父さん、歳では、すまされないことがあるんですけど。。。

さすがに悪いとおもったのか、その日は、ジュニアをずーっとみていてくれました。

d0011352_22315793.jpg

[PR]

by scorners | 2009-06-13 21:44 | Japan

日本到着~

ながーく、つらーい、2歳児との旅行も終わって、税関もおわり、さぁ、じいじ迎えに来てるかなぁ♪

いない?!

ええー?どこいったんだろう。まだなのかなぁと、母に電話してみると、とっくについてるとのこと・・

待つこと、45分。キッズ、限界。

館内アナウンスだな。こりゃ。

なんと、反対側の出口でずーっとまってたとさ。お父さん、いきなり、ぼけてる?前はこんなこと、なかったのに・・

父に会ったとたん、「はるかが、あと、10分ででる!はしれーーーー」

えええーー、荷物とキッズをひっぱって、もうダッシュ。

なんと、間に合った。が、南の島から来た+おつかれには、ちときつかった・・・

父よ、昔は、もうすこし、計画的だったような気が・・

まだまだ、旅のはちゃめちゃは、続くのです・・
[PR]

by scorners | 2009-06-02 23:23 | Japan
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30