カテゴリ:Kids( 228 )


I am happy

昨日、しーちゃんが、寝床に着く前に、

「Mommy, I am happy now」

といった。

そして、今日は、幼稚園に行くときも、

「I want to go to school now!」

やっと、心配していた私の肩の荷が下りました。

親の都合で、卒業式にも出せてあげず、学期の途中で転校させ、全く環境の違う日本の幼稚園。しーちゃんには、申し訳ないと思っていました。腑に落ちないまま、ホームシックで泣く毎日。しかし、日本の社会に溶け込めるべく、躾けを怠れなかったのだ。いつものしーちゃんみたいに元気がないので、自身をなくしているなと、心配だったわ。

数日前、しーちゃんが、友達関係で悩んでいたので、少し、もちあげたら、次の日、自分の中でうまく解決できたようで、顔がパッと明るくなったのよ。

2ヶ月かかったよ。ここまでくるのに・・ふー。

世の中の転勤族の方が、精神的に大変・・というのは、こういうことですね。

しーちゃんも大きくなりました。。
[PR]

by scorners | 2010-06-04 22:28 | Kids

しーちゃん初おとまり

お友達のおうちが、他の子供も泊まりに来るのでしーちゃんも一緒にどうかと言ってくれた。そういえば、しーちゃんは、今度、園からお泊りがあるっていってたし、よい練習になるんじゃないかな。ということで、そのお友達のお家に泊めてもらうことにした。

その夜、ジュニアは、「なんで、しーちゃん、いいひんの?」と連発。寂しくてしかたがないようだった。

余談だけど、ジュニアは、かなり日本語がでてきました。しーちゃんとも日本語の時もあります。

そして、今日、しーちゃんを向かいにいきがてら、お友達の家をはしごして、違うお友達のおうちにも遊びにいってきました。その間、しーちゃんは、私の膝の上から降りないのです。リバウンドかな。。。

就寝時刻も遅かったのと重なって、すぐ泣く。

しかし、よい経験だったと思うわ。ちょうど、泊まりに行く前に、私としーちゃんは、大喧嘩をして、ちょっとは、離れてみるのもいいんじゃないかと思っていたところ。

離れている間、いろいろ我慢していたのか、その疲れがどっとでたんだろうな。5歳児のお泊りはそんなもんよね。

子育てをしていると、視野が狭くなり勝ちだけど、親だけではなくて、子供も少し、家の外をみるのもいいことだと思う。「自分への責任」ということから、少しづつ責任感がついてくるんだと思う。
[PR]

by scorners | 2010-05-16 22:21 | Kids

懇談会

ジュニアの懇談会は、45分あるんだけど、いつもあまり、話すことがない。前回も、「何かご要望はありますか?」と聞かれて、

「もう、人に迷惑かけず、本人が救急車で運ばれないかぎり、元気でいればいいです。。。」といって、終わった。

今回も、特に、コメントは、なかったし、悪さも落ち着いてきたので、先生には、Noというより、他に興味があることに注意をそらせてくださいとお願いした。もちろん、よっぽど、悪いことや危険なことには、Time out してもらって。

ジュニアに関しては、情報の正確さと物事や状況を早くするのが、長けてるといってくださった。3歳児ってこんなもんかと思ってたら、やっぱり、あのおしゃべりは、只者では、なかったんやな・・・

そして、しーちゃんの懇談会は、私のほうも用意していくことがあった。ちょっと前に、先生から連絡があり、1年生の試験でほぼ、満点だったので、2年生の試験を施行してもよいかどうかの問い合わせだった。

しーちゃんは、飲み込みが早い。たぶん、日本の子供でできる子は、公文とかで、どんどん、進んでるタイプの子供なんだけど、こっちじゃ、人口が少ないため、特別視されるみたい。

いろいろ、調べたら、恐らく、しーちゃんは、Higher order thinking (高層思考)が高いんだと思うのだ。これは、のちにクリティカル・シンキングにつながるんやけど、問題を分析、創造、適応させる能力が早い時期に備わっているということなんだと思う。ちなみに、9マスの数どくをしたり、掛け算の文章題をしたり、ディスカッションのポイントなんかも、少し、幼稚園児とは、思えないのだ。

で、先生に、授業の中に、Open end question (答えのない質問)の問題なんかをたまに与えてやってください。家でも補佐しますとおねがいしてきた。

しーちゃんの先生は、いろんなツールで、子供たちに包括的に教えてくれて、とてもよい先生だと思う。コミュニケーションもよくとってくれるし、本当によい先生に恵まれたなと思う。

子供が大きくなるたびに、懇談会も濃くなってくんだけど、なんだか、すごーく考えさせられる懇談会だったよ。
[PR]

by scorners | 2010-01-19 19:01 | Kids

宿題

しーちゃんの宿題がはじまった。今回は、かなり、大変でした。

「親が家庭のために貢献している仕事を手伝って、日記を書いてきなさい」

というものだった。うちは、オフィスが近いし、Fishyの仕事に決定!でした。だって、マミーは、なにやってるかって言われても・・・うーん。

しーちゃんは、「仕事着」を着て、オフィスでなんやら、Fishyのお仕事のお手伝いをしていました。

そして、帰ってきて、「何やった?」ときいても、「えー、忘れた」。そーやんな。5歳児。わからへんわな。

Fishyに電話をかけ、なにやったん??ときいて、ジャーナルに簡単な言葉を選んで書かせる。写真も貼って、絵も描かせて、一応、まとめも書いた。

発表一日前は、ちゃぶ台の上に立たせて、発表の練習。

これって、親が大変よね。まさに、家族ぐるみでがんばった宿題でした。

d0011352_8391981.jpg

[PR]

by scorners | 2009-10-19 08:39 | Kids

誰似?

しーちゃんは、ダディーそっくり。ライティングのワークブックに、

「目は、ダディ、鼻、口はマミーに似ています。マミーに一杯似ているところがあります。」

気持ちは、うれしいが、しーちゃん、君はダディそっくりなんだよー。

思考回路といい、行動といい、ダディ、もしくは、義母に似ています。あえて言えば、食べるのが、遅いのが、私に似ててかわいそうかも。それと、足短いのね・・。

毎週、土日は、マミーとしまじろうをする日なんだけど、わが子ながら、いっつも理解力にはびっくりします。特に、読解力があるのは、天然です。

でも、しーちゃんは、基本は、怠け者。

最近、読んでる本、Outliner に書いてあったんだけど、やっぱり、プロの素質がある人は、才能があるだけじゃなくて、人の倍は、練習してるそうです。

だから、天然だけでは、だめなんだよ。って、いつも、うまく、生活が自分で回せないしーちゃんに、渇を入れる時期があります。

ピアノだって、せっかく、飲み込みが早いんだから、もっと、練習したら、楽しくなるのにね。マミーは、才能は、ないけど、いつも目標を定めたら、がんばってたよ。

このまま行くと、テストはできるけど、成績が悪いタイプだわ。いつか、「習慣」というものが、身につく日がくるのだろうか・・・。
[PR]

by scorners | 2009-10-07 22:35 | Kids

足し算 古今東西

私は幼いとき、くもんに通っていて、算数は、機械的に勉強したんだけど、いざ、わが子に足し算を教えるとき、遅い。

確か、日本って、1+9、2+8、3+7とか、10になる足し算をつかって、数の意味を確認とかしたよね。アメリカのワークブックをいくつかみたけど、そういうのないのね。

ドリルで機械的に刷り込みするのは、どうかと思ってたんだけど、運動神経的に鍛えるのも、手?

Fishyに、どうやって、掛け算をしてるのと聞くと、結構、機械的にしてるんだよね。こういう、テクニックも頭の回転がいい人は、スピードも早いんだろうけど、鍛えないと速くならない人もいるんだろうな。

私は、そんなに頭の回転早くないんだけど、くもんと、そろばんでかなり鍛えられてる。

しーちゃんにも、もう少し、システマチックに算数を教えてあげたほうが、効率がいいのかな。

九九は、日本のをトライしてみようと思う。できれば、12くらいまでおぼえると便利だと思う。それまでに、掛け算の意味を足し算を使って、基礎を築いていきたいと思う。掛け算、割り算ができるようになったら、あとは、自分でできると思うんだよね。

機械的におしえていけば、どんどん進んで行きそうなしーちゃんだけど、ここは、「早く」ではなくて、「深く」いこうと、いろいろ思考錯誤中。
[PR]

by scorners | 2009-09-23 22:30 | Kids

おつかれ

しーちゃんの学校が今年からフルスケジュールになって、ランチを入れて7時間になった。そのせいか、毎日、機嫌が悪い。

今年のしーちゃんの先生は、とてもよさそうな先生で、一日、どういう行動をしていたかというレポートを毎日くれるのと、ブログで、学校の様子をのせてくれるので、何やってるか、とてもわかりやすい。先日も、授業内容に疑問があったことに対しても、すぐに対処してくれたし、満足な結果を得られた。

先生のリポートにもしーちゃんは、よくがんばっていて、リトルティーチャーなのよ。とか書いてあるんだけど、私としては、はりきりすぎている、しーちゃんの姿が見える。そして、放課後、燃え尽きてしまっているのか・・と。

そして、先週、しーちゃん、学校いきたくないといったので、先生に、少し、しーちゃんのことをお話した。理解が早くて、問題をつぎつぎにこなすけれど、心の発達が遅いんです。ってね。しーちゃんは、大体、小学校一年生のリーディングのレベルで、読解力もかなり正確。算数も足し算、引き算、掛け算の概念も把握しつつある。さらに、態度が、ティーンネイジャーだし。

でも、しーちゃんは、お話の情緒がまだすぐには、読み取れないのよね。なぜ、悲しかったのか、とか、情緒の移り変わりとかね。しーちゃんの心の中も、きっと、わからない感情で一杯なんだと思う。

しーちゃんは、Attention control に少し問題があると思う。物事に集中したいのに、できないディレンマみたいのがあるようだ。今日も、ショッピングに一緒にいく?ときいたら、行かないと答えてたのに、後で聞いたら、行きたくて泣いてたらしい。聞いたとき、彼女は、コンピュータで遊んでいたので、きっと、私の質問にすぐ、反応できなくて、いい加減な答えをいってしまったんよね。

前学期、マシになっていたのに、このお疲れモードで全てがもとにもどってしまった。家では、ジュニアの邪魔ばかりして、自分のことに集中できないし、私はおしりをたたいてばかりだから、疲れてきたよ。

これって、5歳児特有のものなのか、ADDの始まりなのか、今まだ、疑問腑。
[PR]

by scorners | 2009-08-30 21:28 | Kids

娘に願うこと

娘ができて母親の気持ちがよくわかるとはよくいったもので、成長していくわが娘に願うことは、きっと、うちの母と同じなような気がする。

それは、いい人と25歳以上で結婚してほしいこと。結婚してから妊娠してほしいこと。

これは、親のエゴだと思っていたけど、娘に対して心配することは、これだけ。

親子の絆をきずくには、ティーンネージャーになってからでは、遅いと思う。ティーンネージャーになったら、親のいうことなんか、きかないもんね。

まだまだ、マミー、マミーといっている今から、もっと、ディスカッションをせねば!と思う、今日この頃です。

25歳というのは、そのころになるまで、自分には、どういう人が人生に必要なのかという判断ができてないと思うから。

そのためには、何かに興味をもって、考える力をつけてほしい。どうしたら、うまくいくか、ということが考えられるといいと思う。

そういう意味では、私は、かなり自由奔放にさせてもらってたな。
[PR]

by scorners | 2009-08-08 23:33 | Kids

しーちゃんのブーム

しーちゃんは、ハナ・モンタナが大好き。私は、ディズニーであれば、まぁ、オッケーかなと思うんだけど、やっぱり、ドラマの設定は、高校生。デートとかもでてくるし、ちょっと、5歳児には、大人びてるんじゃないかなと思うんだよね。

以前は、ハイスクールミュージカルのSharpey がすきで、かなり、ハイスクールミュージカルにはまってたんだけどね。

ハナ・モンタナは、お父さんとの絆とかもでてくるから、Fishyは、まんざらでもないのよ。曲にもButterfly fly away というのが、あって、親子でデュエットしてるし。

しかし、ハナ・モンタナのドラマを見たときのしーちゃんの態度は、いけてない。まるで、ティーンエイジャーのような振る舞い。年齢的なものもあるのかもしれないけど、親にもその態度で言い返してくるから、むっときたりするのよね。

女の子って、こうやって、成長していくのねって、しみじみします。5歳でこんなんで、本当にティーンエイジャーになったらどうするんだろうね。考えたくないわ・・。
[PR]

by scorners | 2009-08-07 14:24 | Kids

しーちゃんの将来

最近、しーちゃんは、「自分の将来」について気になるらしい。

昨日、しーちゃんが、サンフランシスコでお世話になったゴシックなお家をどうやって建てられるか、聞いてきた。お家をデザインする人は、建築家っていうんだよ。からはじまって、そこのおうちの人の職業、などなど、将来の職業の話になった。そのおうちの人は、弁護士さん。弁護士は、弁護学校にいくねん。という話から、

しーちゃん「あたしは、ガーデナーになるねん。マミー、どーやったら、ガーデナーになれるん?」

マミーそれは、ちょっと、わからなかったので、「うーん。今度、じいじに聞いてみるね。」と、うやむやにした。

今日は、しーちゃんのしまじろうに、「からだのしくみ-骨」っていうテーマがあったので、一緒に本を読んでみた。5歳にしては、難しいテーマなんだけど、本人は画期的で面白いということだった。内臓の話になり、しーちゃんの小児科の先生は、心臓専門の先生なのよ。心臓は、人間にとって一番大切な臓器だから、Dr. は、沢山の人を助ける仕事をしてるのね。という話をすると、「わたし、医者と、ガーデナーになる。」と、しーちゃん。

やっぱり、まだ、ガーデナーか。ブランコの順番待てない人が、一体、草木を育てる忍耐力があるんでしょうか。

職業って不思議よね。皆、いつの時点で、転職を見つけるんだろうか。「やりたいこと、と、やれること」って違うんよね。

しーちゃん、ガーデナーは、どうかなぁ・・。2歳も歳の離れた弟のジュニアをいつもぎゃふんといわせているのに、医者もどうかとおもいますけど?

いつも、全身、キラキラしてるので、ジュエリーデザイナーとかのほうがいいんじゃないっすか?
[PR]

by scorners | 2009-06-28 23:17 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31