カテゴリ:Diary( 176 )


うちのイースター

今日はイースターサンデーですが、うちは子供達がいません・・・。

というのも、今回、あっという間に仕事が決まってしまって、イースターは、子供達を義母夫婦に預かってもらうことにしました。

前回と同様、私が仕事をはじめて、しーちゃん、壊れました・・。Fishyと、大喧嘩。毎日、仕事からかえってくると、私には、「良い子」なのに、Fishy無視。しかも、義母が一週間、泊り込んでいたため、その様をみて、毎日、お怒りでした。

ちょっと言わしてください。義母さん、しーちゃんがFishyに反抗するのをみて、「息子がかわいそうだ」っていうんですよ!きもい!!義母さん、物事を「人のものさし」で考えられないですね。大体、しーちゃんがストレス爆発してるのみて、非難するなんて、ひどすぎる。義母さんが自分の息子(Fishy)の立場を擁護するのと同じで、私も自分の子供の側に立ってしまうのが見えないのね。

親子の問題に、いつも口を挟んでくるので、ややこしい。

しかし、実際、助かることも多い。1週間、一ヶ月、喜んで預かってくれる。

今日は、イースターバニーが来たそうで、バスケットに巨大なうさぎのチョコレートと、おもちゃがはいってたそうな。ジュニアは、うさぎのチョコレートは、半分食べたらしい。

そして、ずーっとせがまれていていけなかった、「雪」を見に行ったらしい。

昨日は、お庭にパンジーやお花の種を蒔いて泥だらけだったそうな。

私とFishyは、映画をみにいったり、ご飯を食べにいったり、コーヒーのみにいったりと、のんびり。
実は、今週末、仕事をもってかえってたので、Fishyと、データベースについて議論で、かなりオタクな夫婦でした。
[PR]

by scorners | 2013-04-01 12:59 | Diary

ドライブ ソング Phillip Phillips

最近の私のドライビング中の曲。

おなじみアメリカンアイドル2012年に勝ち抜いたPhillip Phillips。24歳とかなり若いんだけど、深い声と、ちょっとなつかしいスティービーワンダー系のメロディ。Georgia州出身で、かなーり、南部訛りはいってます。

American Idolで勝つ歌手ってほんと、皆さん、「歌うために生まれてきました。」っていうほど、皆さん、光ってるよ。最近、あまり女性が勝たないのが残念だけどね。

ハイウェーで加速しながら歌える曲です。

d0011352_12152841.jpg

[PR]

by scorners | 2013-02-19 11:14 | Diary

面接三昧

今週、見事に面接三昧です。また、いろんな面接官がいます。

月曜日-3Dのソフトを作る会社 ぜーんぜん、かみ合わず、途中で投げ出しそうになりました。

火曜日-病院関係 面接官とめちゃ意気投合、子供の話で盛り上がりました。仕事内容も正に私が望んでいる分野。来週、最終面接。

水曜日-世界トップクラスのデータベースの会社 面接官が日本人2世で、日本語の話で盛り上がりました。専門分野からすこーし、離れているので、どうかなってかんじ。

金曜日-日本のゲーム会社 久しぶりの日本の会社、今まで次に進んだことがない日本の会社。バックグラウンドが違いすぎるのがいつも難。でも、明日、がんばってきます。
私のバケーションが始まってもう2週間が経とうとしています。ま、一週間はインフルエンザで寝込んでましたが。いままで落ちまくってるので、今回も全滅かもしれませんが、とりあえず、ぼちぼち前にすすんでます。

今日はバレンタイン。子供達はキャンディーをクラスの人数分もっていき、箱一杯、キャンディーをもらってかえってきました。ジュニアから、「ジェニーより」と書いたハートのキャンディがまわってきました。

Fishyとは、タイレストランでお祝い。

しーちゃんは、バラのペーパーウェイトをもらってました。

子供達は明日から4連休。私はサンフランシスコ市内まで面接です。
[PR]

by scorners | 2013-02-15 12:40 | Diary

アメリカの職場

さて、よく考えれば、世界のシリコンバレーで働いたので忘れないうちに書き留めときます。

職場は、大型スーパーとしてよく知られている会社の.comバージョンの会社で働いていました。うちの会社のお向かいには、You Tubeのモダンな建物が。Google系の会社のため、ランチは無料だとかっ。

建物は光を取り入れて窓が沢山あるビルです。ロビーに水槽があって、ゆったりとした空間があります。カフェでは、スターバックスがはいっていて普通のコーヒーは無料です。カフェでは3ステーションあって、インターナショナルメニュー、デリから選べます。各ステーションの本日のメニューには必ずベジタリアン用のメニューがあります。

この会社、多様性でよく知られています。わたしのチームは、日系人、中国系、タイ人、ペルー人、インド人です。そして、言語障害や身体障害者の方もおられます。仕事のほかに、各チームがホストするイベントやゲームのトーナメント、コンサートなんかもあります。いろんな言語を耳にしますよ。

それにしても、ショックだったのは、平均年齢28歳っぽいところでしょうか。妊娠してる人がゴロゴロいます。とか、結婚式の話とか。半径50mに小学校高学年の子供はいる人はいませんっ。皆さん、少年少女の面影があります。Sr. Director はきっと、私と同じくらいの歳?プレゼンのために「おー、おれは歳をくってるからー」といってました。言いたくなるよね。

だから、職場は、超エネルギー度高いです。私は、チームメートのセレナと、「冷め派」。セレナは私と恐らく一回り(ひー。)ちがうんだけど、黙々と「これはこうしょうか・・」と、静かにお仕事。クリスマスデコレーションを一緒にしたり、アーティスティックな面でも気が合うのだ。が、このセレナちゃん、技術力かなり高し。このセレナの上をいくのがハムサちゃん。ハムサの計算式解くのに2時間もかかったよ。あんなに長いエクセル計算式、今までみたことない。

トッドは日系二世。日本人人口が増えたーと超ご機嫌でした。彼はもうすぐ、ベビーが誕生するので、とても楽しみにしています。子供論議でよく盛り上がった私のランチ友。

マネージャー郡、平均年齢30歳です。ベンツ乗ってます。会社専用ジェットで飛び回ってます。そして、夜のクラブ回りもわすれません、セレブな人たちです。もちろん、お洋服も光ってます。

そうそう、一度、エレベーターで乗り合わせたおねーちゃんが、「あら、あなたのそのセーター、バックルが決めてね。スカートはバナリパかしら?」と、全身チェックがはいりました。(<はい。バナリパでした)

隣のチームのおねえちゃん。雑誌からぬけだしてきた?ながーい金髪(絶対染めてる)、抜けるような白い肌、高いヒールにキャットウォークです。ファッションサイトばっかりみてないで、仕事せよ。と思えば、見るたび、うわー、といいたくなるくらい、超セクシーなブラジル人のおねえさん。一体どこの部署ですかね。もちろん、ギリシャ彫刻みたいな美しいおにーちゃんや、イギリス紳士みたいなおにいちゃんたちもいます。

と、超、摩訶不思議な職場でした。そうそう、車を変なところにとめてたり線からはみだしてたりすると、はりがみがしてあって、「ちゃんと止めろ」とかいてあります。ちなみにトランスフォーマーのイラストいりなので、描いてもらいたい感じもある。

うちの会社だけかな・・
[PR]

by scorners | 2013-02-08 10:34 | Diary

マミーが働くこと

仕事をしはじめて2週間がたちました。ホリデーシーズンは、.com業界はかきいれどきで、狂うように忙しいです。私の仕事は、データ分析で、数字と毎日にらめっこです。トレーニング、ミーティング、実地と重なって、気が付けば、10時間労働だったりします。来週からプレゼンも入ってきます。

子供達は、小学校内にあるアフターヌーンスクールへ通いだしました。しーちゃんは、私が働くことが腑に落ちないようです。毎日、涙ながらに「マミー、仕事やめてお家にいて」といってきます。覚悟はしてたけど、罪悪感です・・。しーちゃんには、なぜ、私が働くことが大事かということを説明しましたが、理屈ではわかっているけど、気持ちがふっきれないようです。いろいろ考えましたが、やはり、しーちゃんと、私はお互い自立してくべきだとおもいます。

学校は来週一杯お休みなため、義母は、子供達を自分の家に連れて帰ることにしました。今日も、しーちゃんは、お別れができなくて、ずっと別れ際泣いていました。昨日、シルバーのネックレスに「My daughter my love」と書いてあるのをしーちゃんに渡しました。

ジュニアは、意外とケロっとしています。男の子だからかな。今はがまんしているのかよくわかりませんが。

3ヶ月の契約なので、その先どうなるかわからないけど、この会社は本当に勉強になります。平均年齢は若いけど、仕事のレベルはかなり高いです。MBAで勉強した内容がバンバンでてきます。いままでゆったりしていた脳みそに電流が流れたような感じです。

仕事と家庭の両立が難しいって、こういうことを言うのですね。自分を育てながら子供も育てるって大変だね。
[PR]

by scorners | 2012-11-18 13:21 | Diary

就職きまったよ

やーーっと、きまりました。長かったわぁ。勤め先は、米国企業の .comの会社で、希望の職種です。

面接は「お見合い」のよう。と言われるけど、まさにその通りでした。

5人と面接しましたが、5人とも、面接というより、話が絶えないかんじでした。

今回は、履歴書の隅々まで質問がとび、日本での経験も役にたったようです。

これも、10回以上のいままでの面接の失敗が功をなしたのか・・話も考えずにスラスラとでてきた感じです。

勤務地は、ちょっと遠く、ラッシュアワー時で1時間半かかるんだけど、以前からとても尊敬していた会社なので、がんばって運転していきたいと思います。

子供達は、アフタースクールプログラムに二人ともいれることもできたし、2,3日で義母がヘルプにきてくれるようです。こんなときに限って、旦那はいない・・

アメリカに最近、研修できてる従兄弟も今日から、出張三昧だそうです。昨日は「Daylight Saving何時終わるんだっけ?明日っからフライトあるんだよね。」と二人で「ええ?今夜?明日?」と、あたふたして、義弟に聞いて落ち着きました。お互い仕事がんばろーね。と言い残してバイバイしました。
[PR]

by scorners | 2012-11-05 14:03 | Diary

就職活動はつづく

日本から帰って、再び就活再開。

それにしても、こんなに就職活動に時間がかかるなんて、思ってもみなかったっす。私が就職してたころは、バブルだったので、売り手市場でした。

いろいろ悩んだ結果、やっぱり、希望職種を一つに絞りました。私の職種は残念ながら、日系アメリカ企業にはないということがわかりました。違う職種で面接を受けても面接官と話がかみ合わないっす。(<歳いったからかという説もありますが・・)

アメリカの就職活動は、インターネットに、履歴書を投稿することから始まります。なので、履歴書のレイアウトやキーワードは大事な要素です。履歴書を就職掲示板などに投稿しておくと、リクルーターから電話がかかってきます。掲示板で仕事を検索して応募することも可能です。

最近は、リクルーターの担当のお兄ちゃんががんばってくれているため、面接を何本かしました。私の就職のネックは、アメリカで働いた経験がないことなんだけど、このお兄ちゃんは、自身もインドで暮らしていたことや自分の就職も難しかったことから、親身に助けてくれます。なかなか、こういうリクルーターはいなくて、大体が、履歴書を提出しても、インタビューがない限り、連絡してこないケースがほとんどです。

面接後のサイクルは1-2週間。一社に大体、3-4本の面接があるから、就職が決まるまで1ヶ月かかります。ながい・・・。

しーちゃんのクラスメートのママのクリスティと最近は学校の行きかえりを一緒に過ごすことが多く、クリスティも就活してます。彼女も同じくらいの時期に引っ越してきて、なんでもお互い手探り状態です。いっつもお互い、別れるときに、「お互いがんばろーね!」と早くも同士発見。

隣のお家のシャリーンも、うちの旦那も一年かかったわーっと言ってて、クリスティと二人で、「ひー」と軽いめまい。

ネットワーキングといって、コネで就職するケースが多いんだけど、子供の誕生日会なんかに参加すると、親は必死に情報交換です。

都会はダブルインカムが主流なのかな。教育にしろ、仕事にしろ、子供のアクティビティにしろ、皆さん、情報網かなり張ってます。ちなみに、しーちゃんは、5件となりのピアノの先生に習いにいってます。私も都会出身のはずなのに、情報の多さに圧倒される毎日です。
[PR]

by scorners | 2012-09-27 06:52 | Diary

Zumba

キッズは、義父母と楽しくキャンプにでかけ、ただいま、私のバケーション中。日本では親子三人いつもびったり一緒だったけど、たまには、親子関係休息もお互い必要だわ。

さて、まず、この太ったのを何とかせねば。と、Zumbaを購入。
d0011352_639723.jpg


む、難しい。しかも、半分セッション終わるくらいで、息がとぎれて、汗だくになります。(ちなみに私はちょっとやそっとじゃ、汗をかきません)

でも、昔、絶対できなかったステップができるようになりました(笑)。
[PR]

by scorners | 2012-08-25 07:00 | Diary

現実に戻る

帰ってまいりました。楽しい(おいしい?!)日本でのバケーションも後ろ髪を引かれながら、さよならでした。うちの母は、台所に立つのが自分だけのほうが気が楽なほうなので、上げ膳据え膳で、お友達とランチとディナー行き放題でした。おかげで、4kg太りました。トホホ。

しーちゃんの日本語もジュニアの日本語もすっかり改善されて、環境の威力は素晴らしいです。ジュニアは最後のほうはホームシックになり、少々、かわいそうだったこともありました。しーちゃんは、「なぁなぁ、マミー、わたし、このまま日本にいてもええでぇー」と二人で、言ってました。「日本は何食べてもおいしー。」と、ローソン通いが日課になっていた彼女はローソンと別れるほうが辛かったようです。

しーちゃんは、何を隠そう、「あんま」でローソンで物資を買うお金を稼いでいたのでした。これが、結構、うまいのですっ。あんま、一回、100円で15分くらいしてくれます。寝てしまったこともあります。

アメリカに帰ってくるほうが時差ぼけが激しく、いまだにまだ、昼間は、微妙に眠いです・・。

そんなことは、お構いなしに、たまっていた経理の仕事や、リクルーターからまた電話がかかってきます。んー、現実に戻ってきました。日本で、会ったお友達も、子供が高学年になってきていることから、働き出したりしてて、いろいろ話もしてきました。共通して言われたのは、「年齢がそろそろ、人事事情で、限界にきてるよ。」でした。そういえば、アメリカのニュースレターで、「実は就職には(職種によっては)隠れた年齢制限がある。」みたいな記事も読みました。

今週末から、子供達は、義父母とキャンプへ行くそうです。来週は、旦那とゆっくりしますか。

そういっている間に、学校も始まるね。ジュニアも晴れて一年生なので、バックパックとか用意しなきゃね。
[PR]

by scorners | 2012-08-17 12:03 | Diary

日本語と子供達

やっと、荷物の整理は落ち着いたんだけど、風邪を家族全員で順番にひいていて、今、私がひいてます。
ほっとして、疲れと同時に風邪をひいてしまいました。

義父母達と住んでいたときは、いろいろ私達の生活に制限が多かったのと、子供に刺激が少ない環境だったことから、親子ですっかり浦島太郎になってしまったことに気づいたわ。

食べ物にしても、義父は、乳製品のアレルギー、義母は小麦粉アレルギー(Gluten intolerance)、それにうちの子供の好き嫌いと、一体、何を毎日、作ったらいいのか献立に困っていたのでした。アジアンフードは、しょうゆを使うので、しょうゆにはグルテンがはいっているのです。ま、材料がうってないから作りようもなかったけど。

日本人は、もちろん、その都市には私だけ。大人も子供も日本がどこにあるのかも知らない人が多かったのです。

こちらにきて、お友達が教えてくれた日本語の本読みに行くと日本人が一杯。ジュニアもしーちゃんも、日本人の血がよみがえってきたみたいでした。

いままで、目的不明の日本語教育でしたが、また、日本語環境になって、二人とも、やっと日本語を快く再開しました。

やっぱり、私も第一世代の日本人で、子供達が日本語を話すことが喜びとなっています。

スーパーしーちゃんは、新しい学校でも、卒なくやっているようです。STARテストのシーズンですが、問題ないそうです。

ジュニアは、最近のキンダーのレベルが高くていっつもびっくりしますが、リーディングのレベルが少し低いので要強化ということです。様子を見ていると、サイトワードも読めてきてるし、音もとれているので、あとは、数をこなすかどうかということね。

学校も残り1ヶ月となりました。終わるまでにもうちはまだまだ、やることが一杯ありそうです。
[PR]

by scorners | 2012-05-13 07:14 | Diary
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30