<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


Play and Learn

Play and Learn は知育玩具を売っているお店なんですが、ここは危険なところです。ついつい、買ってしまいます。もともと、「おもちゃ」が大好きなわたし。このPlay and Learnはアヤラセンタの3階にあるんだけど、木でできたおもちゃや、布素材でできたおもちゃが一杯。わたし、こーいうの大好きなんです。一人でおもちゃやでイマジネーションが広がり、気がつくとレジに・・。特に、一点ものが多いから買っておかないとなくなるんです。今日は、布でできた道路マップを買いました。そこで、車を走らすんです。しーちゃんは、女の子だけど、できたら男の子の遊びにも触れさせてあげたいなと思って。いま、どのレールシステムを購入するかかなり真剣になやんでます。レールシステムってきしゃぽっぽのことです。

とにかく、私はこのPlay and Learn に就職したいくらい、このお店が大好き。きっと、私が就職したらこのお店、赤字になるだろうなぁ。店ごとほしいわ。ほしいとおもっていた、おサルのGeorgeの本も売っていたので買いました。全部のシリーズがほしかったけど、Ridingだけ買いました。

ついつい、アヤラのデパートのおもちゃやまではしごしてしまい、天井に貼るお星様を買いました。電機をけしたら光るのね。

あー、あっというまの一週間だった。明日は、しーちゃんの友達の誕生日会なのだ。
[PR]

by scorners | 2005-07-30 22:36 | Kids

マクロ

今日は、仕事をさっさと済まして、日本領事館へいったついでに、同じビル内にすんでいるくずもちさんをさそってMacroへ行ってきた。Macroとは日本でいうコストコみたいな、会員制の卸売りやさん。くずもちさんはお引越しされたばかりなので家具がないらしくて、Macroで家具にみいってはりました。Macroは結構、改築されててグロッサリーができてた!品揃えもよくておもわず、レタスをかってしまいました。安い。4個、200円です。しかもいたみがすくない・・。と、主婦時代を思い出したのです。マクロへ来た目的はトイレットペーパーとオムツ。パンツ型のオムツがあるのです。最近、パンツ型のオムツを気に入ってつかっているのでHUGGYSとマミーポコをいくつか購入。

その間、しーちゃんは、カートをがらがらがらーっとおすのを手伝い、くずもちさんの娘さんは、いろんなところを探検して、ふとみると、口から血をながしてこけている・・。うっぎゃーと痛そうにないていたけど、ある程度、痛みがひいたのか、また元気にあるきまわっていた。はぁ、子供と買い物なんて疲れますね・・。しかし、マクロは改装後結構、よかったので、またいきたい。
[PR]

by scorners | 2005-07-29 23:05 | Diary

Conflict of interest

今日は、またえらいことです。クライアントCのクライアントSが直接、うちの会社と直で仕事がしたいと言ってきた。うーん。これはあまりよろしくない。しかし、理由をきいてみれば、うちのクライアントCが口座がマイナスになっているのにきづかず、どんどん、支払いをしていたそうな。とりあえず、帳簿をみてくれってんで、銀行勘定調整表(また、今日もオタクな話だねぇ)を作ってたら、およー!明日、また口座がマイナスになるよー。しかも多額!!ひえー。即座に知らせねばー。なんだけど、これってクライアントCの揚げ足取ってるよねぇーと倫理観に悩みながらの作業でした。今後、この仕事をうけるかどうかは、疑問。クライアントCはまだ納税申告を引き継ぐので、その辺で折が会うかもしれないけど気分はよくないだろうな。とりあえず、彼らの三社ミーティングが済むまでおとなしくしていよう。
[PR]

by scorners | 2005-07-28 20:43

チームワーク

前からやばいなーと思ってたんだけど、デベロッパーのJとマネージャーのPの確執が表面化してきた。ITは私の管理下じゃないんだけど、デベロッパーのJもマネージャーのPも個別に呼び出されて悩みを打ち明けられた。問題は、二人ともチームワークができないこと。ここはひとつ、マネージャーのPにその辺、うまく仕切ってほしいんだけど、どうも、コミュニケーションがうまくとれないようだ・・。エンジニアのコミュニケーションを円滑にするって難しい。コミュニケーションはアート的なので右脳を使うのだ!デベロッパーなんてこちこちの左脳人間。一体私にどうしろってーんだ。チームを組むときの理想論は言えるけど、彼らがそれに従うとは思えない。しかし、Fishyにこの件、穏便に済ますように頼まれている(水戸黄門みたいやな)。

まず、問題定義をしてみると「論争はあるグループが目的に向かおうとする行動を他のグループが妨げようとすることから起こる」。簡単にいうと興味の対象が違うことから起こりやすいってことかな。

JはFishyに言われたことを着実に守って商品化という目標に向かってビジネスロジックの元、ブログラミングしている。一方、マネージャーのPは、プログラミングというのは有機的でないといけないと定義していて、実務的でない。すなわち、PがRequirementやUser Interfaceを変えることによって、Jはプログラムをしなおさなくてはいけない。Javaをプログラミングされた方にはお分かりだろうが、Requirement を分析しなおして、プログラミングしなおすってのは、かなりむかつく作業だ。私なんて、昔、Javaに挑戦して全然、Runしなかった覚えがある。Jは目標にむかってどんどんすすんでいってるのに、Pはそれを自分の興味内でコロっとかえてしまう。もちろん、Requirementが有機的なのはわかる。しかし、Implement するプログラマーはたまったもんじゃない。

私は、解決法はただひとつ、「目標の再確認」だと思う。それと、Implementation にはチーム内でかならず、ある程度のコンセンサスが必要である。が、これって一体、誰がいうの?私は言わないよ。Fishyにメールでも書くか・・。

あー、また完全に自分勝手なアウトプットだったわ。
[PR]

by scorners | 2005-07-27 23:01

クライアント帰国

はぁー。さっき、空港まで送っていってあげたよ。思い返してみると結構、面白かったなぁ。このクライアントとは気があうし、娘さんともなんかテンポが一緒で結構、遊んでても楽しかったわ。しかし、倍ほど歳が違うと思えないほど意気投合。はは。気が若いってことかしら。って、きっと、アメリカのティーンネージャーは大人と同じ感覚なんだわさ。

お昼は従業員全員でお昼を食べにいったのよ。みんなの大好きな「Ethnic Venture」。フィリピン家庭料理のお店。フィリピン人のお友達に教えてもらった知る日とぞ知るお店。一軒屋で中にはセンスのいいクラフトが売っている。今日も思わず貝でできた風鈴かっちゃった。私は背の青いお魚苦手な方なんだけど、ここのBagusはおいしい。BagusはMilk Fishのこと。味付けがなんともいえません。そして、ダランダラというオレンジジュースもすっきりしているのだ。今日は飲まなかったけど、ここのカプチーノめちゃおいしいのさっ。クライアントも従業員も大喜びだったさっ。

明日は日曜日だっ。思いっきり寝るぞ!(しかし、うちのチビ達は(犬含)早いんだろうなぁ)
[PR]

by scorners | 2005-07-23 21:23 | Diary

めがまわるー

最近めちゃいそがしい。ってのも、Fishyはアメリカ行っちゃうし、クライアントは病気になるし、インターン君は家に引越ししてくるし、ティーンネージャーの子供はいるし・・しかも、ロンドンから仕事が飛んでくるし。

Fishyはクライアント達に会うためにアメリカ行っちゃったので、うちのオフィスを全て管理している。昨日なんて、変な人が来て、スタッフの一人がポン引きだとか言い出すし、おかげで真相を暴くのにめちゃ時間がかかりました。その変な人は不動産やだったのだ。

クライアントは病気で一週間寝込んでいた・・。病院あちこち連れて行って全然仕事になんねー。しかもクライアントの子供はティーンネージャー、とても敏感なお年頃。一人ではどこにもいけない・・。

ロンドンから仕事がランダムに飛んでくる・・・。朝6時半出勤なのにロンドンは午後3時に始まる・・。頼むし、ヨーロッパ向けの人材を確保してください。アメリカと欧州をいっぺんで東洋でまかなうのは無理ですっ。ねむいー。

そしてっ、あたしには、しーちゃんと、ナパがいるんです。ナパは5時に起きるし、しーちゃんは6時。ロンドンの仕事を終える9時ごろにはボロボロっす。もう飛んでこないでー、その仕事。あかん、眠い・・寝る。
[PR]

by scorners | 2005-07-21 22:57

調味料バトン

うっ、またもや、料理関係バトン。料理してないってー。

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

<目玉焼き>   塩とこしょう
<納豆>    納豆たべたことない
<冷奴>    醤油、雑魚、ねぎ
<餃子>    酢醤油とラー油
<カレーライス> そのままたべる
<ナポリタン> 一杯のパルミジャーノチーズ
<ピザ>    一杯のレッドペッパー
<生キャベツ> にんにくドレッシングかブルドックソース
<トマト>   はちみつ、しょうがでひたしてからくさみをとってたべる。
<サラダ>   にんにくドレッシング、ブルーチーズドレッシング、ランチ
<カキフライ>  ブルドックソース
<メンチカツ>  ブルドックソース
<コロッケ>  ブルドックソース
<てんぷら>  天つゆと大根おろし
<とんかつ>  ブルドックソース
<ご飯>    そのまま。醤油かけるなー!

【Q.2】 周囲に以外だと驚かれる好きな組み合わせは?

フレンチフライにケチャップで食べてるとフィリピン人には??という目でみられる・・。

【Q.3】 それが一般的だとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?

納豆とウズラ卵(ウズラ卵嫌い) でも栄養があるからしーちゃんにかってきてあげよう・・。一緒に納豆デビューするかな・・。

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
ご自由にお持ち帰りください。
[PR]

by scorners | 2005-07-21 22:43 | Diary

お料理バトン

ひえー。お料理してないのにお料理バトンまわってきたぞー。

①レパートリーの数は・・・?

2,3週間はもつレパートリーがあったけど、今は定かでない・・。洋食を中心かな。

②最後に作った料理は・・・?

ラザニア。それが、腕がさびってしまったらしくまずくてFishyに3回もやり直しさせられた(汗)。


③最後に買った食材は・・・?

ブルーチーズとサワークリームでブルーチーズドレッシングを作った。レモンも黄色いレモンを(フィリピンはライムを「レモン」と呼ぶこともある)輸入食品店にて購入。

④渾身の/思い出に残る自作料理は・・・?

料理をしだしたころ、「赤ワイン煮込み」を作ろうと思い、赤ワインがなかったので、ワインビネガーで肉を煮込んだところ部屋中にすーっぱい匂いがたちこめ、一口も喉に通らなかった。

⑤好きな店3店・・・?

「Olio」-クロスロードにあるフランス料理風の店。ソースがおいしいのです。えびと貝柱のリゾット添えがお気に入り。フォアグラの赤ワインソースはやめられない。

「La Mason」-JYスクエアにあるお店。ケサディアではじめて、ステーキは炭火でおいしいのだ。デザートのクリームブリュレもお勧め!

「Jazz and Blues」-ここのチーズスティックがうまい。ハンバーグを食べるなら絶対ここ。日本風のハンバーグがたべられます。もちろん、毎晩、生バンドよー。


⑥3人にバトンを・・・。
お暇な人どーぞご自由にお持ち帰りください。
[PR]

by scorners | 2005-07-21 22:32

学習障害

ジェイシーはクライアントの子供でうちに泊まってて一緒に遊びにいったりするんだけど、彼女は「学習障害」があると判断されてる。学習障害とは理解力が悪く、違うように理解したり、文字を読むのが遅かったりして学習することに困難を感じる子供のことである。

車の中で学校は楽しい?ってジェイシーに聞くと。「ノー」好きな科目は?「ない」「私ばかなの」。ジェイシーは一学年年下のクラスに入っている。「友達は?」「学校ではいない」。悲しすぎる!だって、12歳のころって学校生活が人生の大半を占めてるじゃないか。

ジェイシーと話してるととても学習障害があるようにはみえない。日本の12歳の女の子よりずっとしっかりしている。私なんて、いまだにモールでどこに車を止めたか忘れるのに、ジェイシーは覚えてるし・・。私だって12歳のころはかなり、ぼーっとしていた!ジェイシーは確かにスローだけど、私もスローなのでなんだか気があう。聞いてみるとIQは普通みたい。学習障害のカテゴリーの中にものごとに集中できないとあるけど、人の話もジーっと聞いてるし、散漫な感じはしない。私も学習障害についてつきつめたことがないからなんともいえないけど、そういうのってカテゴリー化しちゃっていいの?

自分に自身がもてないって辛いなぁーと思う。でもセブに来て違う世界があるってことにきずいてほしい。アメリカは学歴社会。どれだけインテリジェンスかということをあからさまに競うところがある。子供達にはかなりプレッシャーなはず。日本もそうだけど、極端な例をいうと、アメリカで人に紹介されるときに、「Bunnyは○○大学院でMBAを取得したの」である。一見、中国的フィリピーノしかしホントは日本人の私でもその紹介で人々の敬意が目に見える。私は学校で別に成績もぱっとしないし、集中力もない、アカデミックとはいえない人である。

世の中には大学なんぞに行かなくてもとても賢い人がいるもの。たとえば、私が尊敬してるシャトーの主(ワインのね)なんかは昔、時計職人だった。ワインに対する情熱からシャトーまで持つことになったのだ!フランスでシャトーを持つってすごいことなのよ。そこのワイナリーはフランスではかなり普及している有名シャトーだ。一度、お会いする機会があってお話したかったけど、くくー。フランス語が喋れねー!英語をしゃべってくれそうにない!ってフランス語の通訳を介して(皮肉にもわたしゃー、英語の通訳士で参加していた)ちょっとおしゃべりした。「お会いできて光栄です」って。あー、フランス語やっときゃよかった。直接言いたかったぁ。

かなり話はそれたけど、ビジネスで成功してる人が必ずしもインテリジェントとは限らないのだ。基本的に商売なんか学歴なくっても全然オッケーである。そういう意味では子供は元気はつらつと育てたいものだ。しーちゃんは学校の成績が悪くてもいいから心身共に健康であってほしいと密かに願うのだった。

はぁー、なんかちょっと心のモヤモヤが少なくなったかも。。。
[PR]

by scorners | 2005-07-13 22:27 | Kids

クライアント

今日からクライアントとその子供が来てる。しかし、クライアントは長旅に調子を崩してしまったようで寝込んでいる。子供ジェイシー(12歳)があまりにも退屈してそうだったので、アヤラモールに連れて行った。ジェイシーはとてもおとなしい。靴をみたかったみたいで、お気に入りの靴屋さんに連れて行った。そこはかわいいデザインの靴が沢山おいてある。ジェイシーは2足はいてみてどうも気に入ったみたいなので、今度は母親と一緒にきて買うらしい。ジェイシーの母親はとてもジェイシーのことを気にかけている。たとえば、靴にしても高いヒールはだめで、3cmヒールも母親に相談しないといけないということだ。っていっても、日本じゃ12歳であんまりヒールはかないよね。映画もかなり見る範囲を規制しててラブシーンはだめ、暴行シーンが多いのはだめ・・・などなど、あるので、DVDを買うときはかなりこまった。私の頭の中でと暴行シーンをラブシーンチェックをしてから「コレ面白いよ」と勧めた。ふー。思春期の子供は難しいね。

同時に今、バーレーン(中近東)の会社と契約中だ。おー、バーレーン行きたかったのだよー。Fishyつれてってくれよー。しーちゃんと一緒にいくよぉ。と、いつかいけるかもしれないので、この契約は大事だ(笑)。しかし、今回はFishy一人でいくんだろうなぁ。私はあんまり今回出番ないもんなー。でも次回はつれてってくれよぉ。
[PR]

by scorners | 2005-07-11 21:23 | Diary
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー