<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


言語能力発達

まだまだ、Jane Healyの本を読み続けている私。今日は、言語の部分だったんだけど、なんと、8ヶ月までに母国語が決まるらしい。ちまたじゃー、10歳までにっていってたけど、実際は脳の発育段階で8ヶ月までに音の聞き分け及び、発音が完了しちゃうんですね。8ヶ月までに母国語の環境がととのっているのが条件だそうです。その後は、もちろん、第二外国語としての発達は可能なんだけど、母国語としてはがんばっても無理みたいなことが書いてあるんです。これは、初耳です。

いやー、日本語を無理やり話しかけてて良かった!って、まだまだ、悩みはつきないんだけどね。今日も反対語を教えてたんだけど、どうしても日本語だったり英語だったりしちゃいます。学校で英語でいえないのはかわいそーだなーとかおもったりするのよね。それに、日本語の発音は子供にはむずかしい。英語の方が聞こえがはっきりしてるからついつい、しーちゃんも英語でいっちゃうんだな。しーちゃんも一度、英語で覚えてしまうと、「That's A Horse, not Uma」と反論するし、いまいち、理解できないみたいなんだなぁ。

日本の小学校が英語を必修科目にするかどうかの瀬戸際の中、いやー、論議してる場合じゃないっすよ。と言いたくなります。

しーちゃんが、言葉を覚えるプロセスってのは、コレ言いたい!という強い意志だと思う。最近は、ちゃんと、言葉にするまで希望を聞かないようにしている。もちろん、わからない言葉は教えてあげるけどね。だって、いつまでもジブリ語で意思疎通ができるんなら、子供はそれでいいやって思ってしまうもの。子供って必要に迫られて言語を学んでいくものなのね。いえいえ、子供だけじゃーありませんねぇ・・、ここにも一人、必要に迫られて毎日英語しゃべってる人がいます。そう、私です。そういう意味では、子供ができて日本語しゃべれてバランスがとれたかも。
[PR]

by scorners | 2006-03-27 23:19 | Kids

しーちゃんと絵本

最近、しーちゃんがやたらと、本読んでくれーとせがむ。最初はストーリー性のあんまりないのが多かったんだけど、最近、ストーリーなんぞわかってきたようだ。「Good Night Gorilla」をここ数日読んであげると、今日、しーちゃんが、ストーリーを読み出した。(っていうか、絵を見て説明しだした)。いやはや、話の流れがわかってるんだねー。もちろん、わからないところは、ジブリ語(gibberish)だけどね。

この間なんて、「Green Eggs and Ham」を読んであげたんだけど、途中でねちゃったし、ちょっと、難しいよなぁーとおもって、読んでたら、次の日、しーちゃんが、「Sam I am」というじゃないか。(これは、Dr. Seussファンにしかわからないネタだね)。そして、「I don't like (Green) Eggs and Ham」と続いたので、ちょっと腰がぬけそうになった。これは、Dr. Seuss効果なのか、それとも、しーちゃんにインパクト強かったのかな。この本、割と、長いのよね。だから、よんだあと、どっと疲れるんだけど、読んだ甲斐があったので、感動したわ。

絵本を読んであげるのは、胎教にもいいので、一石二鳥だわね。
[PR]

by scorners | 2006-03-23 23:03 | Kids

保育園の選択

長らく保育園めぐりをしていたんだけど、今日、やっと決まったの。どこも良し悪しで「もー、どーでもいいわ・・」とか、「今年はやっぱり、いれないでおこう」とか、逃げ腰になっていたのだ。しかし、Fishyは、あきらめていなかった。

今日も2回目のPlayhouseのトライアルの予約をしに電話を自らしていたのだった。そして・・、喧嘩してる・・。まぁ、Fishyが怒るのも無理はない。一週間前から見学させてください、とお願いしてるのに、当日になると、「今日はクラスはない」とか、「予約はできない」とか、「先生とはお話できません。」「(他の生徒の気が散るから)授業を見るのもだめ」挙句の果てには本日「あー、あのクラス、一杯になりました」だと。Fishyぶちぎれ。なぜなら、FishyはPlayhouseが気に入っていたからだ。私は、この学校、何か、匂うとずっと前から思ってたのよね。誰に聞いてもいいうわさがないんだよね。しかし、Fishyは私を説得したかったわけだ。なのに、事務員がいいかげんなばかりに、ぽしゃってしまいました。

ほんでもって、この間、行ったCambridgeが都合よく電話してきて、「空きがありますから、どーですか?」Fishy、「あっ、妻が登録にいきますんで、宜しく」だと・・。おいおい。そんなんで決めていいのか?Discoveryはどーしたんだ?となったけど、今日は、興奮してるので、逆らわないでいた。まぁ、そんなわけで、しーちゃん、今年から保育園に行くことになりました。
[PR]

by scorners | 2006-03-20 22:16 | Kids

幸せの絵本

ふとしたことがきっかけで見つけた「幸せの絵本」。いろんな意味で幸せになれる絵本が紹介されている。絵本の内容をちらっと分野別に紹介してあるので、ここから抜粋しては購入している。

今回購入したのが、「ぼくのともだちおつきさま」と「どうぞのいす」。「ぼくのともだちおつきさま」は、友達のいる幸せを教えてくれる。そのタイトルどおり、男の子がおつきさまと遊ぶお話。しーちゃんは、お月様が大好きなので、夢が広がるといいなとおもったのよ。

もうひとつが、「どうぞのいす」。これは、優しい気持ちになれる絵本。しーちゃんは、今、どうやって他人と関わるかということについて暗中模索中。いまこそ、優しい気持ちをもってほしい。

これは、予断なんだけど、もうひとつ購入したのが、Game Book。いろいろなゲームがはいってて幼児も楽しめるらしい。日本での暇つぶしに買いました。

絵本をみてるとなつかしい。子供のころ、一杯もってました。印象にあるのは、いわさきちひろの本。両親が好きだったことで、ほとんど、もってたかな。そこから、水彩画に入っていったのかもしれない。小学校のころ絵が好きで習いにいったりしてたしね。しーちゃんも絵本好きだからいろいろ、読んであげたいな。
[PR]

by scorners | 2006-03-17 21:17 | Kids

プレスクール 見学 ケンブリッジ編

今日は、ケンブリッジというプレスクールを見に行ってきた。うわさにはきいていたけど、なかなか、遊びとお勉強のバランスがとれたよいプログラムだった。いままでの中では、ベストかな。しかし、Fishyといつも意見があわない・・。Fishyは、建物が古い、トイレが整備されてないなどなど、外見が気になるようだ。確かに、門の外をでれば、ややこしいし、セキュリティーはどうかなーってかんじだ。階段をあがっていかなければならないときもある。これ、一人がころんだら、ドミノ式にあぶない。Fishyのいうことも一理あるんだよね。難しいなぁ。

ってなことで、Fishyが一押しのPlayhouseをもう一度、みてみることにした。Fishyのスタンダードがいまいちわからなかったんだけど、もしかしたら、彼は施設の新しさとかで選んでいるのかも。Playhouseは綺麗だ。しかし、私には何かピンとこなかった。子供の「気持ち」とかより、機能的な部分が優先されているような気がしたのよ。しかし、選択肢は3つしかない。もう一度、みて決めることにした。

ちなみにインターナショナルスクールは3歳半からのコースしかないらしいので、しーちゃんが大きくなったらそこも考えてもいいかもね。

友達が子供を保育園に入れるとき、悩んでたけど、これかーって感じ。悩みます。
[PR]

by scorners | 2006-03-14 22:22 | Cebu

お別れ会

隣のケッペルの社長がとうとう退職されることになって、いつもランチとか一緒にいってた奥さんとお別れになることになった。この奥さんは私が来た当初からとてもいろいろ教えてくださって、最初からのお友達だったんだけど、子供達の待つNZへ帰国されることになった。

いろいろ恩もあって、最後にひとつ人肌脱いでみようと今日はディナーパーティを開いた。その奥さんのリクエストで日本食だ。そしたら、誘ったあと2組の夫婦が気を利かせてレチョン(豚の丸焼き-フィリピンの伝統料理)とてんぷらを持ってきてくれた。うちは、お寿司を夢屋さんで頼んでおいて揚げ出し豆腐、コロッケ、焼き鳥、やきそばなどをつくった。

シャンペーンを冷やしておいて、テーブルの上に盛られた料理はたーくさん。皆、会話もはずんで、私もたべすぎてしまった。Fishyもいろいろ、仕事の紹介とかしてもらったり、お互い、政府の役人を紹介したりとちょっと仕事はいってたけど、持ちつ持たれつで男性陣は実のある会話だったみたい。ちなみに私達意外は全員、中国人系。中国人は信頼関係があるとすごい、人脈をもっている。

よいパーティになりました。
[PR]

by scorners | 2006-03-11 11:14 | Diary

日本帰国スケジュールの終焉

3月31日に帰国の手配をしていたら、なんと、飛行機代がめちゃ高い。$300追加で合計が$1000もする。しぶしぶ変更をあきらめて、もとのスケジュールで帰ることに。

心配なのは、お義父さんが、ちゃんと帰国準備を勧めてくれるかどうか。今日も頼んでおいたアポの確認をお父さんとすると、なんとか、電話をかけていてくれてたよう。ワンステップづつ確認が必要な人なのよね・・。今日もお義父さんに「うるさいと、思うだろうけど、なんとか、快適にセブで暮らしてもらう第一歩だからがんばってね。」と言っておいた。今日びっくりしたのは、ソーシャルセキュリティーに登録されてる誕生日と、出生届の誕生日が違うこと・・。おいおい。そんなの、ありかー??どうやったらまちがえんねん。

でも、おかげてFishyと一緒に帰国することになったので、荷物やしーちゃんが寝たときの心配はしなくてよくなった。滞在はぐっと短くなったけどね。その間で全てまかなうのは、お義父さんのがんばりようによるのよ。

しかし、最初日本に来たとき、何もしなかったお義夫さんだけど、ほんと、成長したわ。ちゃんと、ソーシャルセキュリティに電話できるなんてっ。

今日、Fishyが家族の同窓会(ファミリーリユニオン)に行こうと言い出した。ええー、おなかかなりおっきいのにいきたくないなぁー。はぁー、今年はボラカイ島とかに家族で水入らずでいきたかったなぁ。。
[PR]

by scorners | 2006-03-08 20:49 | Diary

お義父さん

お義父さんが日本での生活にピリオドを打ち、やってくる。しかし、長かった。予想してたけど、ガールフレンドともめてもめて、丸二ヶ月。やっと、計画があらわになってきたのよ。その間、うちの両親や、私がまきこまれるわで、もー、お手上げだったわ。

そんなわけで、日本担当の私としては、日本に帰って、ひきあげのお手伝いをしなくてはいけなくなった。Fishyとしては、一日も早く日本に帰ってほしいみたいなんだけど、それは、無理。だって、つわりでしんどいのに、しーちゃんつれて、途中で、吐き気したらどーすんの?そんで、もう1ヶ月したらましかなと思って。4月の上旬にかえることにするわ。

また、同居が始まるのね。。5月にはお義母さんが来るってのに、一体、どーすんのかしらねぇ。しらないよー。30年ぶりに一緒にディナー?考えただけでも恐ろしいっす。
[PR]

by scorners | 2006-03-05 18:23 | Diary

仕事

最近、全然、身がはいらない。つわりのせいで朝おきられないのと、ホルモンの変化の激しいため、あたまがボーっとしている。本を読む気にならないし、長い文章をかくのがいや。そんなこといってたら仕事にならないのよね。でも、明日は絶対、ニュースレターの原稿、ドラフトかかないとね。

最近、PRの仕事がまわってきている。PRの仕事ってあんまりピンと来ないんよね。あんまり、「みため」とか気にしないから。この間も、さぁ、仕事にいこうと思ったら、うちの事務員さんから電話がかかってきて「今日はDTI(産業省)のインタビューがあるから、シャツ着てきてね」って言われてあわてて着替え。その日は、あやうく、T-シャツに半ズボンでいくところでした。

Fishyが、品質保証のシステム構築が遅れてるので、いらいらしてる。すまねー、文献読むと吐き気するんよ。

今日は、税金関係の法文書に目を通してて、あたまにチョウチョが飛んでたもんね。CPAにきてもらって説明をしてもらったんだけど、何回も聞き返したよ。すまねー。なんとか、ひとつ、細かいことが解決したけど、会社の人はほとんど、独身、私のボケぶりに驚いているにちがいない。
[PR]

by scorners | 2006-03-03 23:41

におい

私はにおいに敏感。以前、仕事でワインティスティングや水のティスティングをしているときは、ひどく敏感になっていて、その仕事が終わったとき、においを気にしないように常に心がけていたくらい。そして、今、つわりでもどってきた、あの感覚が!車に乗ると雑臭で、鼻がまがりそうになるので、窓をあける。次々に匂ってくるのは、排気ガスにまじった、ゴミ箱、用水路、道端のグリルの臭いなどなど。その度にうっ。となる。ドライバーが後部座席でバタバタ苦しんでいるわたしをみて、窓をあげたりさげたり・・。

今日は、ドライバーが気を利かせて車の中にリフレッシュナーを搭載。き、きつすぎる・・。げほげほなって、涙をながしながら、「リフレッシュナーをダッシュボードに・・」といいながら、窓全開。あー、死ぬかとおもった。

そういえば、全開のつわりのとき、「グリーンティの臭い」コロンをアトマイザに入れて、車に入るときは、しゅっしゅっ。ってしてたな。それと、コロンを含ませた、ハンカチ。

昨日、フェイシャルにドキドキしながらいってきた。何度か洗顔して整えるのにいろんな臭いのローションや洗顔料をつかうんだもん。しょうがの臭いが来たらおわりだ。なんとか、きになる臭いはなくて無事、フェイシャルを終えたけど、もう「アロマ」がつくのがだめ。家のマッサージオイルもにおいなしのオイルに変更。

水泳の時の鼻栓でもしたい気分だわ。ダイビングとかしてタンクの酸素吸ってるほうが幸せかも。

これも、一ヶ月ほどでおしまいなことを祈るわー。
[PR]

by scorners | 2006-03-01 20:53 | Pregnancy
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー