<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2歳児の複雑さ

Terrible2とはよく言ったもんで、まさにその現実に直面してる今日この頃。育児誌を読むと感情が交差してコントロールが本人でも効き難い時期とある。まぁー、本人にしてみりゃー、「やりたくてやってんじゃーねーよー」ってところでしょうか。

しかし、しーちゃんは激しい。今日、アヤラショッピングモールへ連れて行ったんだけど、各、お店でギャー、っとあれほしーとひっくり返ってヒステリーおこすし。各お店だけじゃなくって店から店の移動でも、だっこー、あるかないーっとひっくり返るし。モールが嫌いなのか・・、刺激が強すぎるんだろうか。。今日の目的はしーちゃんの2歳児記念写真とり。最悪だった。途中で泣き出すし、カメラのおねえさんは、下手だし、セットで300円くらいと安いんだけど、いままでみたことないほど、できが悪い。こ、これは、もう一回、来週チャレンジするしかない。。。

メイドと二人でぐったりしてかえってきた・・。これは、対策かんがえなきゃね。
[PR]

by scorners | 2006-05-29 23:15 | Kids

社員旅行

夏の社員旅行を近距離のリゾートで開催したんだけど、今回は面白かった。チームワークビルディングのコンサルタントを雇ったんだけど、これ、アクティビティを通してチームワークを学ぶセミナーなんよ。私は妊婦のため、参加できなかったんだけど、もー、おなか抱えて笑ってたんよ。

短くて細いレールの上にピンポン玉を次の人から次へ渡していく作業があるんだけど、これが、傑作。FishyとFishyパパ、言い合いしてるし!「お前が早すぎる」とか、「神経質すぎるんだっ、早く」とか、おいおい、チームワークビルディングなんですけど。アメリカ人にチームワークビルディングが無理なのを素でいってるよ!!ぎゃはは。そこでかなり遅れをとったFishyチームだった。しかし、Fishy、Fishyパパはエンジニアの端くれ。大きな身体でピンポン玉を計算して運んだっ。

アクティビティが終わったらみんな、それぞれグループにわかれて楽しんだ。私は運動不足解消にプールで泳ぎ、男の子達はプール際でギターを弾いて歌をうたってた。女の子達はそれをきいたり、引き潮になった海へでかけたりとりラックスした時間。

今年の社員旅行は面白かったな。
[PR]

by scorners | 2006-05-27 21:30

誕生日会

しーちゃん、2歳の誕生日会をGymboreeでしました。前の日からの吹き込みが効いたのか、彼女は「主役」気取りで、全てのアクティビティに積極的に参加してました。しかし、子供30人いると迫力だわ。先生も総動員ですごかったなぁー。

今年はバーニーのケーキにしたのだ。キャンドルを吹き消す練習をすること一週間。そして、当日、Fishyに抱えてもらってキャンドルの前に顔を出して、「ぶううう」。唾と一緒にキャンドルがきえた。。風できえたのだか、水分できえたのかわからなかったけど、とにかく消えた。はー、練習した甲斐ありました。

パーティも盛り上がって無事おわってホッとしました。
d0011352_232566.jpg

[PR]

by scorners | 2006-05-22 23:02 | Kids

誕生日会

しーちゃん、2歳の誕生日会をGymboreeでしました。前の日からの吹き込みが効いたのか、彼女は「主役」気取りで、全てのアクティビティに積極的に参加してました。しかし、子供30人いると迫力だわ。先生も総動員ですごかったなぁー。

今年はバーニーのケーキにしたのだ。キャンドルを吹き消す練習をすること一週間。そして、当日、Fishyに抱えてもらってキャンドルの前に顔を出して、「ぶううう」。唾と一緒にキャンドルがきえた。。風できえたのだか、水分できえたのかわからなかったけど、とにかく消えた。はー、練習した甲斐ありました。

パーティも盛り上がって無事おわってホッとしました。
d0011352_232566.jpg

[PR]

by scorners | 2006-05-22 23:02 | Kids

義父

今日は義父の誕生日。一緒にディナーを外でするだけで特別なことはなかったんだけど、結構、いろいろ話ができて面白かった。義父は日本にいる間、寂しかったらしい。日本語が話せない。友達ができないことかな。ガールフレンドがいても寂しかったらしい。不思議。だって、私もアメリカで学生だったとき、そう思った。日本は日本語がしゃべれないとやっぱり孤立するのかな。私はアメリカで英語がしゃべれても個人主義の社会の中になかなかとけこめなかったのよ。社会に溶け込めないって辛いのね。フィリピンじゃ、あんまり、孤独とか感じないな。こっちの人は温かい。歴史的にもアメリカと日本と縁が深く、第三国としては私達には楽なのかもしれない。

義父が再び、ハッピーになった理由は、しーちゃんの存在も大きいと思う。しーちゃんがかわいいらしく、よく本を読んだり、お話してくれる。しーちゃんも家族が一人増えてうれしいようだ。

「頼れるのは家族」というのは、ある程度、どこの国でも同じなのかもしれない。
[PR]

by scorners | 2006-05-20 22:52 | Diary

Baby boy?

この間、超音波で性別判断をしてもらったら、男の子だと言われたのだ。もう、Fishy、Fishyパパはちょー、ごきげん。Fishyは念願の男の子だし、私も、Fishyの希望にかなってよかったなと思う。ちなみに私はどっちでもよかった。健康が一番。

そして、性別がきまると、名前を我が家では考える。男の子だとミドルネームを代々、うちでは引き継ぐらしいんだけど、ミドルネームは日本名にしたいというのがお互いの希望。この日本名を決めるのって難しいねんな。外国人でも発音できる日本名ってのが必要条件で、ぼやーんとした名前はアメリカ人は発音できないらしい。カツゼツがはっきりした名前ってのがねぇ。

妊娠も丁度、半分すぎたところ。まだまだ、しーちゃんを妊娠してたときを身体が覚えていてて、自然に受け止められる二人目の妊娠。胎動もすでにバンバンあって、生まれてきてもアクティブな子供間違いなし。前回と違うところは、すでにおなかが大きいことかな。多分、ほとんど、脂肪だけどね・・。それと、しーちゃんの成長を楽しみながら、おなかのなかの子供とのかかわりあいを考えていくってのも楽しいな。
[PR]

by scorners | 2006-05-17 23:14 | Kids

子供とコミュニケーション

おとといまで、「No school」といってプレスクールに行くことを拒否していたしーちゃん。しかし、昨日から「明日もスクールに行く」と前向きになり、先生にも「See you tomorrow」が言えるようになってきた。そして、今日はプレスクールで泣かなかったらしい。おおっ、泣かない記念日だ。2週間で克服できたのね。えらい!でもまだまだがまんしてるのわかってるよ。

義母が帰ってから、できるだけしーちゃんと過ごす時間を増やすことにした。義母がいうように厳しくしつけることはこの時期、もちろん大事だけど、まだまだ、親に甘えたい時期。うまくコミュニケーションとっていきたいと思うのだ。

しーちゃんは、自分の思うとおりにいかないと、「うわーん」とごねる。メイドはその「ご注文」を聞いているようだけど、私には、何が「うわーん」なのかわからないので、しーちゃんには、泣いてないではっきりほしいものを言うように言って見る。今日はキティちゃんのパズルを箱から取り出したかったけど、届かずに「うわーん」。泣くほどのことじゃないし、しーちゃんは、はっきり言葉にすることもできる。ここが、犬の躾と違うところだ。せっかく言葉があるんだから使わないとね。しかし、なんで、「うわーん」が始まったのかは不思議だ。。
[PR]

by scorners | 2006-05-16 21:57 | Kids

小物入れ

お義母さんが帰ったあと、Fishyがテネシーに行っちゃうし、仕事が山積みでバタバタしていました。仕事もそろそろ見通しがついてきて、しーちゃんの部屋の整理なんぞをしてみました。それにしてもしーちゃん、一杯、おもちゃもってるねぇ。って、私が買ったのか・・・。私が買ってくるおもちゃってモータースキルを増進させたりする細々したのが多い。バラバラするんだよなぁ。ふと思い付いてバスケットを買いにCountry Classicへ行った。Country Classicは私のお気に入りのカントリースタイルの家具屋さん。行ってみると、新しい荷物が着いてておー、全部ほしい。お店の人も私の好みを知っていて、これどーやー?と勧めてくる。ううう、耐え難い誘惑。考え抜いて購入したのが、写真の小物入れ、白のゴシックなお皿、ミニ椅子、服を入れるバスケット。などなど。この写真の小物いれ、小さいんだけど、3600円なのだ。絵の柄が気に入ってかったんだけどね。おかげでころころした小さなブロックとかが一気に収まりました。しーちゃんもかなりおきにいりで、物を出したり入れたりしてたのしんでいます。
d0011352_2195118.jpg

[PR]

by scorners | 2006-05-14 19:30 | Diary

プレスクール初登校

今日は、プレスクールに初登校。義母がきてるもんだから一緒にどんなクラスかを見がてら行ってきた。教室に入ると・・、しーちゃん、めちゃ、緊張。固まって動かない。その姿を見てると、自分の幼稚園時代をふと思い出した。私もそーだった。すぐにとけこめなかったのよ。パズルを一通りやって、先生達と遊んでお遊戯の時間。しーちゃん、まだ固まってる(汗)。いっつもジンボリーでやってる「イッチビッチスパイダー」なのに、固まって動かない。先生が腕を動かそうとしても拒否。授業料を払いにいかなきゃいけなかったので、その場をさってオフィスへ行った。

オフィスでアドミニのお姉さんとおしゃべりしてると子供立ちが出てきたので、クラスが終わったみたい。しーちゃんは、私の顔をみるとうれしそうに駆け寄ってきた。

急いでケンブリッジを去り、お次はジンボリーへ。

ジンボリーでは、しーちゃん、緊張の糸がぷっつり切れたみたいですごかった。ハイパーハイパー。先生が、「今日はやけにハイパーね」といったくらい。クラスをノンストップで終わり、最後の方は私の方になだれこんできたので、どうもエネルギーきれたみたい。帰りは車の中で即効、おねんね。超、ハードスケジュールだったね・・。
[PR]

by scorners | 2006-05-03 22:14 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31