<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


産まれた!

病院に朝の7時半から行っていろいろと検査を行うこと2時間、やっとこさ陣痛促進剤を投入されたけど、ぜんぜん、きません。その間、また、向こうの方でFishyがもめてるし。産婦人科の先生が携帯持って飛んできた。「陣痛室に入れないってFishy怒ってるよー。」またか・・・。あれほど、陣痛室には入れないっていってたのに・・。看護婦さんが仕方なく、「ラマーズ室」に移してくれた。

その後、子宮口が6cmになったとき、看護婦さんが、「分娩室にいきまーす」と大きな声でいった。え??ぜーんぜん陣痛きてないんですけど。素面でカラオケ歌うみたいなとまどい・・。

分娩室へ行くと、助産婦さんが、「産めそう?」ときく。「全然」。すると、「4倍」と聞こえた。促進剤を4倍にしたな・・。すると、なつかしい陣痛がっ。これこーれ。同時に先生までが来た。「さぁー、うんでみようかっ」キャストもそろったところで状態も整えられたので、あとは私にかかっていた。。その後、3-4回、いきんだ後、頭がみえたらしい、先生が「うわっ、またブロンド!」私「ええーっ、黒くない??」。先生「次、産まれるから用意するねー」。さすがに二人目ともなると、先生とあ、うんの呼吸。見事、つぎのいきみでうまれました・・。この先生、こういうところがすごいなー。

予定日より10日はやかったのに、3500gのFishyJR(以下ジュニア)。身長が高い気がする・・。またしても、私と全然似てない。Fishyにめちゃ似てる。しかもなんで、かーちゃんが黒髪なのに、子供がプラチナ・ブロンドなんだよー。しかし、ま、健康そうなのでそれにこしたことはありません。無事、私も大役を果たし肩の荷が下りたわ。やれやれ。
d0011352_2029534.jpg

[PR]

by scorners | 2006-09-14 19:16 | Pregnancy

妊娠最後の日

今日、検診に行ったら、ドクターが「おおっ、5cmも子宮が開いてる!」ってびっくりしてた。なんで陣痛こないんだろーな??とつぶやいていたよ。そういや、2日前に陣痛がちょっとだけきたんだけど、とまっちゃったんだよねー。そして、「もう、産んじゃう?」ってきくから、「産んでもいいよ」って言った。そしたら、「今日?明日?」えっ、今日はちょっと、Fishyとランチに行こうって約束してるんだよなぁー。ランチ済んでから明日ね。。「じゃ、朝、7時半までに病院に来てね」。ってなことで、明日産むことになりました。

病院から帰る途中、友達のMさんから電話があって「突然だけど、遊びにくる??」「あっ、いくいくー。」とお約束してしまいました。

ランチは最近できたマルコ・ポーロで、ランチ。すっごー、よかった。これは、シャングリラに匹敵するかも。洋食コーナー、中華コーナー、日本食コーナーなんかあって、うっ、つぼを押さえてるーって感じ。そばがおいしかったなぁ。でも、一番、おいしかったのが、クレープ。焼いてくれるんよね。クレープたべたかったんだぁ。ホイップクリームとマンゴー、チョコレートシロップでデコレーションしてもらって、もう、感無量。明日から病院のご飯だからねー。最後の日くらい、いいよねー。(って、今日、一週間で2.5kg太ったのを発覚・・)

一応、母に電話して、明日産むよーっていったら、「ええーっ、そんなこと急に言われてもぉ。がんばってねー」って言われた。こればっかりは、自分でがんばらねばいかんね、ほんと。

ってなわけで、また生活のリズムがとれたらネットに復活するわね。
[PR]

by scorners | 2006-09-13 22:51 | Pregnancy

しーちゃんのおどろき会話

今日、ジンボリーで先生との会話にびっくりしたことがある。

先生「かわいいお洋服だね。ちょっと貸してよ」

しーちゃん「これは、しーちゃんのお洋服なのよ。しーちゃんには丁度いいけど、先生には小さすぎて(サイズが)合わないわよ。先生は今着てるTシャツが合ってるわ。」

先生「先生も着たいからちょっと貸してよ」

しーちゃん「じゃー、まず、家に帰りましょう。そして、着替えなきゃね。」

以上、英語での会話。

しーちゃん、すげー、いつの間にそんなこと言えるようになったんだよ。そういや、最近、ダディーはビッグ、しーちゃんは、スモールなんとか言ってたなぁ。保育園で大きい小さいをやってるからなんだろうか。

しかし、わが娘にしてこの、交渉力。。これからちと、恐ろしいな・・。私、しゃべるの苦手なんだよね。。
[PR]

by scorners | 2006-09-08 22:39 | Kids

検診 その2

診察室の扉を開けるとドクターが「今週ももったねぇ!」と第一声。「ドクター、今回は、私、早く産みたいんですけど。」「がんばって歩いてねぇ」だって。

もうさぁ、歩いても足が前にでないんですけど。しーちゃんに、ハンプティ・ダンプティのライムを読みながら、ハンプティ・ダンプティも歩くとき、バランス悪くて大変だろうな・・とか考えたよ。

子宮が縮まる感触がたびたびあるんだけど、陣痛じゃないんだよねー。昨日は、骨盤のすぐ上が痛いので歩きにくかったってドクターに言ったら、「おー、きたってかんじだねー」って。

ドクター:「ところで、私、マクタン島で明日からコンフェレンスなんだー、陣痛はじまったら携帯に連絡してねー」。まじー?破水したらどーすんのさぁ?

もうすぐ、もうすぐっていうドクターだけど、これ、このまま、予定日までいくんじゃないよね・・。シーちゃんときみたい3800gってのは、つらいなぁ。せめて、3000gくらいで産みたいんだけど、もうお腹がかなり大きいよ。
[PR]

by scorners | 2006-09-06 22:29 | Pregnancy

三輪車

しーちゃんが、ついに三輪車をこげるようになった!なぜかわからないけど、これは、私の中の大きなマイルストーンだ。

夕方にお散歩に久しぶりに一緒にいくと、メイドが三輪車の後ろをずっと押していたので、ちょっと止まってもらって、しーちゃんにどうやってペダルを漕ぐか手でペダルを前に押しながら教えてあげた。そしたら、クリクリクリ・・。で、できるじゃないかっ。そのまま、ゆっくりペダルを漕ぎながら進んでいった。マミー感涙。できるじゃねーか。

このところ、妊娠してからしーちゃんと遊んぶ時間も少なくなりつつあり、たまに、こういう風に首を突っ込むと、しーちゃんが、「できるのにしない」ということがある。それは、メイドがすべてやってあげてしまうからだ。積み木もいつもメイドが作ってる。しーちゃんは、積み木をどう積んでいいかわからないのだ。「積んでお家を作ってみようね」というと、「○○作って」とメイドに積み木を渡す。メイドが積もうとするのを止めて、しーちゃんに「自分でつくってごらん」と即すと恐る恐る積み木を二つ積んでお家をつくった。「小さいお家ができたね。」とほめるともう一つ同じのを作った。積み木ができないのは、ちょっとショックだった。

三輪車だってもっと早くこげてたかもしれない。そう思うと、普段、メイドに頼りすぎててちょっと反省した。これは、もうすぐ、二人目ができる私にとって、大きなジレンマだ。しーちゃんには、自分のことを自分でちゃんとできる子供になってほしい。
[PR]

by scorners | 2006-09-05 21:53 | Kids

ジンボリーIn 東京

ジンボリーが東京にできたってんで、調べてみたら、元麻生にできたみたい。授業料が目が出るほど高い!3ヶ月で58000円。だ、誰が行くんだろう・・。一ヶ月、2万円近くの習い事を乳幼児にってのが、想像を絶するわ。フィリピンでよかったぁ・・。フィリピンでも高いなぁっておもってたら、今日、エイミ先生が、フィリピンは世界で一番安いのよって。たまには、フィリピンに住んでていいことあるね。

ジンボリーのシステムは私はかなり気に入ってるし、先生の質も他のプレスクールと比べても断然よい。先生の英語も上手だ。アメリカの童謡がメインなので、Fishyだって知ってる歌がたくさんある。

しーちゃんは、プレスクールに通いながらも習い事としてジンボリーに行ってるんだけど、最近は両方で習う歌をどんどん吸収してってる。ジンボリーの日が待ち遠しくてたまらないみたい。親も一緒に入れるので、いろいろ、子供の成長をみることができる。

多分、日本では、英語教室のアップグレード版で付加価値がつくんだろうなぁ。ジム用品も木でできててマットがひいてあるし、安全で思いっきり走れる空間だし。あんまりそんなとこないもんね。日本はすごいなぁー。
[PR]

by scorners | 2006-09-01 23:14 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30