<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ジュニア 太りすぎ

今日、ジュニアの一ヵ月半検診と、しーちゃんのチフスの予防注射にいってきた。

先生「あらっ、一ヶ月半の検診??大きいわね。」
(ジュニアを量りに乗せる)
先生「うわっ、2kg増」
私「えっ、普通はどのくらい一ヶ月で増えるんですかね。」
先生「600g」
私「あらー。よく飲むと思ってました。4oz-6ozのむんですよね。」
先生「それはあげすぎね。今日からダイエットしましょう。」

あらー。よく吐くと思っていたよ。飲みすぎだったんだねぇ。ちなみにジュニア、5kgになってました。ははは。

しーちゃんが、ぜんぜん問題なかったから、体重のことなんてぜんぜん頭になかったけど、そうかぁー、ちゃんと目安があるんだね。

ちなみに、しーちゃんは、ジュニアの前でおねえちゃんぶって、チフスの注射でぜんぜん、泣きませんでした。この意地はすごいよね。

おまけで、私も先生にA型肝炎の注射をしてもらいました。日本はやらないからね。

親子で3本も注射をうってもらったので(ジュニアは3種混合)、すごい額になって所持金が足りませんでした。受付のお姉さんに、「足りない分、午後にもってくるわ」とお願いして、かえってきたのよ。
[PR]

by scorners | 2006-10-30 22:39 | Kids

Halloween 2

今日は、うちのサブディビジョンでのハローウィンでした。毎年すごい人数なんだけど、今年も200人の子供と親を合わせて400人だそうな・・。

お友達のKさんを呼んで、一緒に集合場所に行くと、すごい数の子供たちの波が押し寄せてくる。始まった!波にのって、最初のおうちへTrick or treatをしにいくんだけど、しーちゃん、波におしもどされて入れない。。小学生の子供たちがかなりはりきってるんで、しーちゃんと友達のD君は引いている・・。

この2歳児達、最近、怖いとかがわかってきたみたいで、怖い系のコスチュームを見ては、こわーいこわーいと固まっている。家を訪ねてあるくのだけど、あまりにもこったデコレーションで、お化け屋敷並みのところもある。一軒、しーちゃんもD君も半泣きの家があった。モンスターが両端に立っててかなり迫力。写真をとりたかったけど、しーちゃん、しがみついてて無理だったわ。

今年のハロウィンでは、しーちゃんが、モンスターを怖がったという記念の年だったわ。
[PR]

by scorners | 2006-10-28 22:44 | Kids

ハローウィン1

今日は保育園のハローウィンパーティでした。しーちゃんはフェアリー(妖精)になったんだけど、なんと、学校のテーマもフェアリーだったので偶然、ぴったりの衣装だったわ。

一時間くらいだから小さなイベントだとなめていたら、たくさんの人があつまっていた。それで、みんな衣装もこっていてかなり気合がはいっていて驚いた。

クリフォードのダンスから始まって衣装のコンテスト、親御さんのTrick or treatでおわったんだけど、2時間くらいあった。しーちゃん、なんとトドラー部門のベスト衣装賞をいただきました。はーシーズのKissチョコになった子供とか、蝶ちょになった子とか結構ほかにも凝った衣装があったんだけど、なぜか、しーちゃんのアヤラで400円で買った衣装が目に留まったらしい・・。ちょっと申し訳ない。きっと、帽子が似合ってたんだろうな。
d0011352_2254454.jpg

[PR]

by scorners | 2006-10-27 22:08 | Kids

ジュニア

ジュニアも生後一ヶ月を過ぎ、かなり大きくなってきた。驚くべし、よく飲む。母乳では足りないのだ。母乳は大体、2-4オンスくらいでるんだけど、まだ、2オンス(60ml)くれーと泣く。しーちゃんの時、こんなに良く飲んだっけ?しーちゃん、体は大きかったけど、量は普通だった気がするんだよな。ジュニアは0-3ヶ月の服が小さくなってきた。3-6ヶ月の服が入るのと入らないのとある。

ジュニアは良く寝るのでまだ手がかからない。確か、しーちゃんはよく泣いたよな。いっつも抱っこしてた気がする。しかし、よく動く。気がつくと45度、まわってるし。そうか、ベッドの端までたどりついてたり。さすが、男の子。これは、しーちゃんにはなかった。

ミルクを飲んだ後、満腹感からか、にやーっと笑う。しーちゃんと、全然、違うので(顔は似てるけど)いろんな発見があって面白い。

さぁ、今日もまた、夜シフトが始まる。まさに乳児の育児は24時間体制だにゃ。
[PR]

by scorners | 2006-10-25 23:40 | Kids

しーちゃんがんばれ!

しーちゃんは、最近、みじめだ。家でほとんど、泣いている。一日の終わりには声が枯れているくらいだ。

人形がころーんと落っこちてぎゃー。

洋服を着替えるのが嫌でぎゃー。

ご飯を食べたくなくてぎゃー。

・・・・・

メイドも私もかなり疲れている。事情を本人に聞いてみると、どうもやっぱり、ジュニアに日ごろしーちゃんが、よく面倒を見てもらっているメイドを取られるのが嫌ということらしい。しーちゃんは、「My Mommy」から始まって、「My Teacher T」「My Maid S」などなど、行く先々で安心できる人を見つけては自分の物だと思っている。これは、時期的なものだと思うんだけど、しーちゃんって、独占欲強いのか。ただ単に今の時期だけなのか。

メイドが途方にくれて、向かいの家のドライバーに相談してみたそうな。向かいのドライバーは、6人の子持ち。大ベテランである。そうすると、やっぱり、ドライバーの子供が生まれる度、同じような状況になって2ヶ月続くらしい。うちのドライバーにも聞いてみたらしい。うちのドライバーは5人の子持ち。反抗期と重なってるだけさっとサラっといわれたらしい。彼らにしてみたら、一人くらいぎゃーぎゃーわめいてたってどってことないさってな感じだろう・・。

いづれにせよ、私たちも大変だけど、しーちゃんも大変な時期。一番大変なのが、躾をしもってこのぎゃーっと闘うことかな。

救いはジュニアが周りで何がおころうとも、すやすや寝てることかな。
[PR]

by scorners | 2006-10-20 23:16 | Kids

日本からのお客様

近所のおうちから電話がかかってきて、今日、日本人がくるので夕食一緒にどう?っていわれた。いつもお世話になっているご近所さんで、こういうイベントの時、いつも夕食によんでくれる。「じゃー、赤ちゃんもちょこっと連れて行くから」ってことで、伺った。

日本人が3人、ビジネスでこちらにきていらっしゃった。ウエディングの事業をこちらで始めるためらしい。そういや、こっちで日本人がウエディングするパッケージってあんまりないよね。日本人は結婚式のプランにかなりこるからこっちでの手配が大変かもねーって話をしていた。

この御三人、英語がまったくだめ。ご飯を食べながら通訳するはめになった。通訳をつれてきていたんだけど、うちのご近所さんと話し込んじゃって私に回ってきたのだ。すっかりゲスト気分でスペイン料理をおいしくいただいていたら、質問が一杯とんできた。うーむ、懐かしいこの感覚。日本にいたときは仕事で会食中にも通訳しててご飯たべられなかったっけー。しかし、急に通訳やれっていわれても、育児でさび付いた脳みそが英語日本語変換しないのよね。60%くらいしか訳せなかったけど、最終的には感を取り戻してきた。

が、睡眠不足と、2時間弱の通訳でへろへろになりながら、帰宅しようと思ったところ、そこのおうちの娘さんが、生まれたてのトイプードルの子犬を持ってきてくれた。かわいーーー。トイプードルってほんと、ぬいぐるみみたいーー。はぁー、一匹ほしいぃぃ。うちには、自分をベビーの母親だと思っているナパがいる。ガードしているのでほかの犬は寄せ付けない。うちも小さな犬がほしいなぁ。
[PR]

by scorners | 2006-10-18 09:06 | Diary

子育ての本

保育園に入れるころから子供の発達学の本を読み漁ってたんだけど、ふと、日本語の本が読みたくなった。日本で買ってきた本、「子供が育つ魔法の言葉」。とても人気のある本で昔から読みたかったんだけど、これ、実はしーちゃんができたときに、父が読んだらと薦めてくれた本。

しーちゃんが2歳になって子育てが本格化してきた今日この頃、とても身にしみる内容。子育ての本というよりか、親が教育される本。ストレスの多い子育ての現実の中、子供の視点に立ってみてハッときづくことが多い。ケーススタディもたくさんのっているので、説得力がある。

子供と接するとき、一番難しいのはコミュニケーション。どうしたら子供のモチベーションをあげられるかってこと。はみがきをするとき、お昼ねをするとき、もっと遊びたい子供にどうやってそれをさせるかが問題。時間に押されて無理やりさせようとすると、子供と喧嘩になるので子供が理解しやすい言葉でうまく乗せていくのは至難の業。この本はそんな小さな状況にも対応してくれる。

あぁ、仕事に戻りたくないなぁー。ずっと、子育てしもって本とか読んでたいなぁー。
[PR]

by scorners | 2006-10-12 23:38 | Kids

保育園の宿題

うちの保育園はなんだかんだと親を巻き込んだ行事が多いんだけど、今日、宿題がでたっ。

「なぜ、摘まれた葉っぱは茶色になるんでしょう。」家族で話し合って子供の理解に役立ててください。

化学好きのうちの家族・・「クロロフィルがなくなって細胞が閉じるからさ」。クロロフィルは2歳児にはわからないだろう。じゃー、一体、どのようにしーちゃんに説明するかというほうが、元の問題より難しかった。現実派Fishyが、

「死んじゃったからさっ。」

そうだけど、そうすると、「葉を摘むと生き物が死んじゃう」っていう道徳的問題にならないか・・。か、考えすぎだな。

ってことで、しーちゃんのレポートに「摘まれた葉っぱは死んでしまって茶色になりました。生きてるときはお日様とお水のおかげで緑色をしていました。」と書いた。

子供の宿題を初めて受けて、これからどんどん、内容が難しくなってくのかなぁーと少し気が遠くなりました。もちろん、Fishyに難しい問題はまかすつもりです。
[PR]

by scorners | 2006-10-09 23:18 | Kids

Not Ok ? at school

久々にしーちゃんの保育園に授業料を払いに行ったついでに先生と会って学校でのしーちゃんの様子を聞いてみた。

私「Is she ok at school?」
先生「Not ok..She sometimes pushes other students and unwilling to share toys with others...」(大丈夫じゃないんです。ほかの生徒を押したり、おもちゃをほかの子にかさないんです。)

およよー。家でも反抗期とジュニアが産まれてから情緒不安定がかさなって泣き喚くわ、全然、言うこと聞かないわで大変だったけど、外でもでたかぁっ。あぁ、しょっくー。

もともと、意志の強いところはあるんだけど、最近、ほんとに耳をかさない。何かに集中してると絶対、聞いてない(あー、Fishyそっくり 涙)。あの手この手で誘うけど、物事が前に全然すすみません。挙句の果てには無理やりさせると泣く。ウソ泣きだよ。

そして、Fishyパパがとどめを夕食の時にさした。
「しーちゃんさぁ、これから年齢が進むにつれ、もっと大変になるぞー。知恵つかってくるからねー。育児ってもんは、これからずっとつづくんだよー。ははは。」

今日は本人曰く、保育園でタイムアウトさせられたらしい。そして、私も一回、Fishyにも一回くらって合計3回。ちょっとやりすぎだな・・。もうちょっとポジティブ・レインフォースメントも考えないとね。

しかし、いつか、収まってくる日がくるのか・・。
[PR]

by scorners | 2006-10-04 22:53 | Kids

割礼

今日はかねてから小児科の先生にお願いしていた割礼の日。産まれた時についでにチョッキンときってしまう例がアメリカでは多いらしいけど、すっかりそんなこと忘れてたので、再度、手術をすることになりました。

実際、手術をするのは小児外科の先生。本当は昨日だったんだけど、日曜日にスケジュールの確認をしたら、今日に変更になったのだ・・。フィリピンってそーいうところが、フレキシブルっていうか、なんというか・・。

オペレーションルームへ行ったら、小児外科の先生がきてて(なんと、時間通りに!)。挨拶をしたら、「ジャパアムだねぇ」(ジャパニーズ・アメリカンのこと-ちなみにフィリピン人とアメリカ人のハーフは「フィルアム」)私「そーです。」すると、まちあい室の外にいたナースが続々とジュニアを見に来た。何十人もきたぞ。まちあい室が一杯になった。

小児科の先生が来るのをまってたけど、診察時間と重なってるのでこれないかもしれないから小児外科の先生が「はじめよっか」といったので、はじめてもらった。15分してもどってきた。え?もう終わり?終わりらしい。

小児外科の先生によると割礼は最近、しない人が多いらしい。するのは宗教上、文化的の理由がある場合が多いらしい。なんで、Fishyはしたいといったのか不明だけど、しておいて無駄ではないのでしておいた。
[PR]

by scorners | 2006-10-03 23:25 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー