<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Gustavian

きょうはFishyがかねてから、行きたいといっていたGustavianに行ってきた。マリアルイサにいく手前にできた白い作りのレストランだ。セブにしては割とお高い、ファインレストランだ。昼間はサンドイッチや日替わりメニューとかもあって行き易い。デザートがおいしいのでお茶も楽しいよ。デリもあって新鮮な野菜、日によっては風代わりなシーフードバーベキューやサラダもリーズナブルにかえる。ソーセージも手作りだそうだ。ここは、知る人ぞ知るおいしいベーカリーとしても利用価値がある。ドーナツやプリュッツェルなんかもうってるよ。お客さんがきたらここで材料そろったりするよ。

さて、私たちはオードブルに「アーティチョークのチーズディップ」。このチーズ、聞いたことのない名前だけど、ブルーチーズやゴルゴンゾーラに似たようなあくの強い味だけどめちゃおいしい。こんな、おいしいチーズソースはじめてだっ。

そして「ブルシェッタ」をたのんだら。ん?味がおかしいぞ・・。Fishy、すかさず、シェフが通りかかったので呼んで、「これ変だぞ」と、直球のコメント。わたしが2/3食べたブルシェッタをみてはっと息をのんで、「これちょーだい」と私が口にもっていこうとするブルシェッタをもってキッチンへ消えていった。しばらくして、「あれは間違い」といってお詫びのパプリカとリコッタチーズのまりねをもってきた。

そしてメインはステーキ。ここのシェフはステーキ焼くのがうまい。肉もおいしい。

デザート食べたいけど、無理でした。

記念日やゲストを連れて行くといいかもね。
[PR]

by scorners | 2007-06-30 12:32 | Cebu

外耳炎

しーちゃん、朝、また微熱があるのでどうしたのかと思ったら、「耳痛い」。あー、また中耳炎かぁと学校を休ませて病院に行ったら「外耳炎」でした。Ear dropだけですむのでよかった。

今日は私の右腕の診察日でもあるので、しーちゃんだけ家にかえして私はアヤラによってOh georgeでトマトソースとなすのスパゲッティを食べました。いつもアヤラにいくとよるので、仲いいウエイトレスさんが私の右腕をみて「どーしたの?」ときいてきた。はは。なんで腕折ってるのでアヤラで一人で食事してるか不思議だろうね。そのおねえさんももうすぐ二人目出産なのでぜひとも安産でがんばって職場へ戻ってきてほしい。

いつもおもうんだけど、Chong Huaのレントゲンはすごいな。デジタルだぜっ。とった様子を画像で確認できるんよね。取り直し可能ってことよ。解像度も高いし編集もできる。今日は2枚の写真が一枚の大きさで仕上がってたよ。しかし、かなりバッキリと折れている骨はまだまだつながってなかった。あー、まだまだかかるなぁ。

それをもって、ドクターに会いに行ったら、手術が長引いてるらしい。看護婦さんに呼び出されて、こっそり、「包帯取り替えるだけだし、ほかの先生にしてもらって結果はドクターがあとで電話するから」ってあっというまにおわっちゃった。包帯も上手に巻いてもらえたし、早くおわってしーちゃんのバレイレッスンへ間に合う!

バレイレッスンが終わるのを待っていたら、しーちゃんが、出てくるなりべそをかいていた。そんなにつらいか・・・その割には踊ってるらしい。先生がちょっと厳しく感じるのかな。本当はとても優しい先生なんだけどな。そこで知り合ったリカダとちょっとお話をして家のことでかなりおこってたので不動産屋さんを紹介してあげた。

きょうは病院で一日過ごした変な日だったわ。

余談:出産含めて計3回入院しているので看護婦さんに顔見知りが多くなった。レントゲンの検査技師さんまでもが、覚えていてくれた。こういうところってフィリピンって温かくっていいよね。
[PR]

by scorners | 2007-06-21 22:42 | Kids

ジュニア バイバイとHi

ジュニアはちょっと最近、人間らしくなってきた。いままでは誰にでも愛想を振りまくあかちゃんだったけど、最近、芸ができるようになってきた。Hiというと、片手を挙げて後ろに反り返る。バーイというと、片手をぱったんぱったんするようになってきた。

この間、友達に言われたとき気がつかなかったんだけど、ジュニアの毛が赤茶色になってきたようなきがする。ってのも、プラチナブロンドだった彼の遺伝子もとうとう開花してきたきがする。ジュニアと私をみる人々は「はぁー、いったいどうして・・」とあまりの違いにびっくりする。ジュニアの髪の毛が茶色になると、私に似てるきがするのはわたしだけであろうか・・・。

はいはいも板についてきて、そのうち歩き出しそうだなぁーというかんじ。ヨチヨチ歩きまでがかなりかわいいのである。歩くと目が話せなくてぜーぜーと後を追いかけてるうちに、反抗期に突入、そしてきがついたら3歳になっちゃうのである。

ジュニアはしーちゃんより認知や感情の発達が遅いと思う。男の子は遅いってこのことね。私も腕の骨を折ったりしてなかなかジュニアの面倒をゆっくりみてやれないので、保育園にはゆっくりいれようかなと考えてるのだ。
[PR]

by scorners | 2007-06-18 23:23 | Kids

新学期

フィリピンの学校は6月にスクールイヤーがはじまる。今日から一ヶ月ぶりにしーちゃんは保育園がはじまった。この一ヶ月でしーちゃんは3歳の誕生日を向かえ、日本での生活などで、とても成長したように思う。反抗期が落ち着いたし、日本語もめざましく上手になった。ジュニアとの距離感も落ち着き、嫉妬心よりも弟を自分の兄弟として愛しむこともわかってきた。感情的にはまだまだ親の手助けが必要だけども、いろいろな感情を理解するようになってきたように思う。これは子供にとっては、大きな成長だ。

クラスは前期と同じメンバーで、シーちゃんの大好きなティナ先生だ。私もこの先生が好き。ちゃんとコミュニケーションをとってくれるし、ちゃんと生徒をみている。とても子供に対する愛情があるけれど、皆に平等だ。アシスタントの先生は新しい先生だけれども、笑顔がある、いい感じの先生だ。

最近おどろいたことがある。しーちゃん、ちょっとだけ、足し算引き算ができるのだ。Fishyによいところが似てよかった点だ。私はこの時期、かなりの右脳型人間だったので空間思考があまりなかったと思う。できるだけ、いろいろな形のブロックを与えて刺激してきたんだけど、言語力といい、私の小さいときは違う発達だ。しかし、彼女の運動神経はちょっと遅れていると思う。もともと、神経質で「恐れ」の感情が高いので、不安定なことはあまりうまくできない。片足ジャンプとかね。

いつも子供に対して思うのは、「このまま育たないで」。成長を楽しみにする反面、かわいらしい時期を残しておきたいと思う親のエゴだよね。
[PR]

by scorners | 2007-06-13 21:57 | Kids

骨折れた

なんと、右腕をおっちゃいました。どうやってタイプしてるかって?ワイアレスキーボードをひざの上にのせてます。でも、一杯はタイプできないのです。

今日、退院してきました。手術もしたのだよ。なのに、かえってくるなり、仕事がまってるー。トホホ・・財務関係してると締め切りがあるからのがれられないのよね。

交通事故だったんです。ドライバーが角をまがりきれず、木に激突で、後ろにいた私は、一瞬、体がういちゃいました。

複雑骨折ってやつですね。腕にボルトいれたから、空港の金属探知機でぴーってこれからなるよ。

Fishyは以外にも子供の面倒をみてくれています。
[PR]

by scorners | 2007-06-04 23:28 | Diary
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30