<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


しまじろう

今日、しまじろうが届いたので、一緒にビデオをみた。うわー、もうついていけない。12月号では、ちょっと読みがはじまったくらいだったのに、2月号で5文字読みとかある。これって、日本語が、発音しやすいからかな。ちなみに、しーちゃんは、しーちゃんの「し」しかしらない。ワークブックもかなりひらがなはいってきてる。

ひえー。

おてあげるしかないね。

アメリカから帰ってきてから、日本語を話すのも見るのも辛そうなんだよね。今度、日本に帰るまで無理かなー。

去年は2回、日本にかえったからかなり日本語上達したんだけどなぁー。

子供ってほんと、スポンジのようで、アメリカに連れて行くとアメリカの文化と言葉をすごいスピードで吸収するし、日本につれてかえると、また違う刺激があるらしく、日本に完全適応してかえってくる。

かといって、年に3回、トドラー二人つれて海外旅行は、老体に響く。海外行く度、風邪ひいてるし。

全然、関係ないけど、ジュニア君、1歳にしてかなり上手にボールを走り蹴りする。彼はお勉強はあきらめて、サッカーに燃えてもらうかな。でも、サッカーっていう体つきじゃないんだよな。。アメフトかラグビーっぽいよな。
[PR]

by scorners | 2008-01-30 22:26 | Kids

unfinished business

今日は、長い間、話したかった人と話した。家族のイベントのときは必ず、呼んでたんだけど、二人で話す機会がなかった。去年はお互いいろんなことがあり、タイミングを計っていた。今年に入って、もう、そろそろ、時期だろうと思って話の場を設けた。

不思議な感じで、長年の友達のように話し続けた。タブーかと思われた話も話合い、お互いどのような立場であるかをはっきりした。

Fishyにも、そのことを話と、うれしそうだった。Fishyにとっても、大きな課題だったに違いない。

お互い整理できてよかったと思う。
[PR]

by scorners | 2008-01-29 23:40 | Diary

自然

白石 康次郎のブログを読んでいて、ふと、結婚前を思い出した。白石康次郎は単独でヨットで世界一周を達成した人なんだけど、結婚前は「冒険」「孤独との戦い」とかにあこがれていたような気がする。いつのまにか、結婚し、子供が生まれて守りに入ってるよな。

私は、山派。上村ともみを尊敬してたな。山は父親の影響で、旅行はいつも山登り。スイス、ニュージーランド、アメリカにいきました。富士山には2回ほど登ったかな。

頂上の景色がすばらしい。スイスでは、高山病になりかけながらも見た頂上の景色は今でもはっきり覚えています。

Fishyにお願いしていることがある。グランドキャニオンのヘリコプター。いつから子供たちがへりに乗れるかわからないけど、いつかね。本当は、ロバトレッキングがしたいんだけど、きっと、Fishyは興味ないだろうし、子供たちにはハードすぎるしな。

あと、アフリカでバルーンサファリ。ナパバレーのバルーンも素敵だったけど、アフリカでキリンにえさをやりながらとまれる宿とシャンパーニュの待つバルーンサファリ。これは、治安が問題よね。

ナパのバルーンは、ワイナリーの上を飛ぶと、走るジャックラビットが見えたりする。気分よく地上に降りると、シャンパーニュとブレックファーストがお待ちかね。とれたてのベリー類をつかったワッフルやパンケーキとフレッシュジュース。もちろん、エッグベネディクトは最高のホーランデーソースを使ってある!それより、感動でみんな会話が弾む。

そんな、感動を最近、してないなぁー。

と、ふと、白石さんのブログを読んでておもったよ。

リンクはこちら→白石康次郎世界一周Ship's Log
[PR]

by scorners | 2008-01-28 20:18 | Diary

Lawn Bowling

Fishyが、友達がLawn Bowlingを開催するので行こうというので行ってきた。え?芝生の上でボーリングしたらボールがまがってうまくいかないよ。とかなんとか、なんだそれ?とおもいながら、行ってきた。

短い人工芝のマットをつかって、不均等に丸いボールを白いボール(ジャック)めがけて投げる。ジャックに一番ちかいボールが勝ち。

聞こえるのは、ブリティッシュ系英語。そう、これは、イギリスのゲームらしい。

インドネシアにもこんなゲームあったよね。

ボールが楕円形なんで、転がすのが難しそう。フィリピンチームもあったんだけど、結構、うまかった。

ころころころと、ころがるボールに、ジュニアがダッシュした!ひー。ジュニアって、またたびに惹かれる猫のよう・・と思っていたら、どこからともなく、ラプラドールがボールをゲット。という、ハプニングもありました。

しーちゃんは、よその女の子と必死にあそんでおもしろかったみたい。

みんな、ジュニアを見るたびに、「Heaven sake!」と言って、北欧の血が混じってるのか?病院でまちがったか、ときいてきました。いえいえ、OBが、ジュニアの頭が見えたとき、「Oh-my-god!!!Its blond!」(普通、Its a boy)と叫んだので間違いなく私が産みました。

話は逸れるけど、親戚に遺伝子工学の学者がいる。ジュニアと私をみて、「ありえない」と言っていた。それまで全然、気にしてなかったけど、両親ともにブロンドの劣勢遺伝子がないとブロンドは発生しないらしい。突然変異?「本当に、先祖はみんな日本人?」と聞かれたよ。調べても日本の文献ってあんまりオープンじゃないんだよね。日本人の髪にブロンド系が劣勢であるかどうかご存知の方、だれかおしえてください。

かなり、話がそれちゃったけど、その後、お友達がターキーを作ってくれて今日は、夕食が豪勢でした。明日は、ターキースープだな。
[PR]

by scorners | 2008-01-27 23:48 | Diary

ジュニアのミュージッククラス

ジュニア君、見た目はぜんぜん、ミュージックに向いてなさそーだし、音楽かけてもいまいち踊らないんだけど、Fishyが、「ジュニアもGymboreeのミュージッククラスにいれてみろよ」というので、いれてみました。

ぽかーん。(無反応)

「ジュニア、ダンスダンスだよー」

あまりの音楽の大きさに

「だっこ」

そして、

「Go バイバイ」

やっぱり・・

しかし、大太鼓がでてきたのを見て、ダッシュした。

のぼってる・・

うーん。とりあえず、当分、様子みてみよ。
[PR]

by scorners | 2008-01-25 23:43

クラスかえ

しーちゃんのクラスが変わった。Nursery 1からNursery2になりました。本人は愛しの先生と仲良しの友達と離れるのがかなりつらかったらしく、いまでも、まだ、Nursery1を訪問しているそう。初日にクラスの中をみせてもらったら、およ、5+3? 2+○=5 とかやってる生徒がいる。びびって、ディレクターに聞いてみたらN2の目標は引き算ができかけて、簡単なセンテンスが読めることです。だって。へぇー。しーちゃん、まだ、アルファベット怪しんだよ。数字もブラインドでかけないし。

しまじろうは、ひらがなががんがん、はじまってきたし。やばいわー。なんか、子育ての荒波をざっぶーんってかぶったみたい。

うーん。全部は無理ね。

アメリカから帰ってきて、日本語の批准が減ってきてて、英語のほうが本人は楽みたい。しかし、マミーは英語ばっかでしんどいよ。そろそろ、日本語カムバックしてもらわないと。

しかし、私は、おとぼけジュニアの子育てもあるんよね。いつもにこにこしてるのは、かわいいんだけど、Fishyが、「こいつは、やばいかもしれない」と言い出してるので、最近は、ちょっとづつ、言葉を教えたり、本を読んであげたりしてるんよね。笑顔と体力はあるんだけどね・・・。

なんだか、試練がこれから始まる予感。(<って、きっと、何もやらないんだよね)
[PR]

by scorners | 2008-01-24 22:51 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31