<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


White Sands

ずーっと、海の近くに住んでいて、なぜかビーチに行かなかった。ふと、友達がWhite Sandsがいいよ。と、教えてくれて、たまにはビーチにいくか!と、Fishyに提案したら、二つ返事でOKだった。

日曜日は、ビーチにいくんだぁ。というと、メイドが、みんな、私もいくっといいだした。。いいけどね。たまには・・。

昔、Fishyとビーチにいくと、Fishyは、寝そべってマルガリータ片手にただひたすら本を読む。私は暇だった。

でも、子供のいる今は、子供たちに「海」を教えるべき、必死なFishy。君はかわったよ・・・ほんとに。

ホワイトサンドは、マリゴンドンにいく途中にあって、デイトリップは、500ペソでそのうち200ペソがフード・ドリンクにあてられる。ちいさいけど、ビーチもあるし、船も沢山あって、アイランドホッピングができるらしい。

Fishyが、また、ジュニアを瞬間、おぼれさせたせいで、ジュニアは水が怖くて、足につくすなが気になって、泣いてばっかりだったけど、この間、泳げたしーちゃんは、何時間もプールからあがってこない。いい加減、日が落ちて水もつめたかったので、切り上げたくらい。

しかし、しーちゃんは、前からちょっと潔癖かなとおもってたけど、やっぱり、砂の上があるけない。白黒のフロアが歩けないくらいだからね。砂の上に絵が描きたくて、最後は観念して、つま先で歩いてたけど。ジュニアは年齢的なもんだよね。

Fishyは、運転嫌いなので、私が、ワゴンを運転して、行きました。皆さん、楽しんでもらえたのでよかったです。
d0011352_2154832.jpg

[PR]

by scorners | 2008-03-30 21:23 | Diary

後追い

「ママ!」

おっ、やっと、ジュニア君、私がママだということがわかってきたようだね。

セブでは、いろんな人が面倒を見てくれているから、きっと、子供にとっては、「どれがママ?」と、混乱ぎみだ。

しかし・・・どこでも、「ママ」。私が部屋をでるときは、泣く。

これって、また、後追い?普通、8ヶ月くらいのハイハイのときなるんだけど、また、復活したのかなぁ。

なんか、不安なのだろうか・・成長過程なのだろうか・・

これに伴って、しーちゃんも情緒不安定と来た。しーちゃんのは、わかってる。日本へ帰るから。しーちゃんは、環境や、かかわる人が変わることにとても敏感。二人で、「ママー」ときたもんだ。

ジュニアのは、なんでか不明。日本に帰る私のワクワクがばれてる?

子供には、辛いであろう、両国へのたびたびの帰国。これは、親の願いであって、勝手であるのかもしれない。親は、自分の祖国へのアイデンティティを育てたいものだ。うちの子供の場合、それが、2国ある。

しーちゃんは、アメリカも日本も頭では、素晴らしいとおもってると思うんだけど、彼女は、フィリピン人だと思いたいというのがわかる。無理ないよね、生まれ育った国だもの。しかし、親としては、「え?それは、困る。」と、思うのが本音だ。難しいよね。すんでもいない国が祖国って。

友達に、一体どうやって、一人で二人つれて帰るのか?しかも、この暴れん坊たちを。と、疑問に思われてるけど、その答えは不明。しかも、ジュニアは、29パウンド(=13kg)。だっこすると重いよ。地面におくと、走って「逃げて」いくし。

人から男の子は大変でしょーといわれるけど、しーちゃんもかなり、まだ、大変です。
[PR]

by scorners | 2008-03-29 23:05

Happy Easter

今日は、キリストが復活した、復活祭です。

イースターといえば、エッグハンティングに、バニーのはいったバスケット。

去年は、イースターエッグをつくったけど、今年は、お友達の家でパーティ。

10人もあつまったこどもたちが、一斉に、エッグハントにGo!

しーちゃん、スカートに一杯、エッグを入れて、かなり最後までさがしてました。

ジュニアは、手に持てるだけ(二つ)もって、ぐるぐる、まわってるし。みつけたはいいけど、つかめないので、右往左往、と笑える光景でした。

なんと、ラムレッグをオーブンで焼いてました。マンゴーチャツネでいただいて、めちゃうま。ラムは難しいにすごい!

ほか、スペイン系のゲストが多かったので、トルティージャ(スパニッシュオムレツ)、ビーンズの煮込みなどなど、煮込み料理やオーブン料理が多かったわ。

デザートは、手作りニューヨークチーズケーキ、ベイクドアップルにカルーアをかけ、アイスを乗せてPerfecto!

その後は、みんな、プールへGo!

なんと、しーちゃん、浮き輪をつけて、初めて、一人でおよいだよ。しーちゃんにとっては、これは、とても大きな達成よ。顔もつけられなかったのに、成長しました。

ジュニアは、浮き輪をつけてたけど、自分でジャンプしてぶくぶくと、おぼれかけて、うっぎゃーと泣いたので、3分でプールおわり。

Fishyも、久しぶりに同年代の人たちとおしゃべりできて楽しかったみたい。
[PR]

by scorners | 2008-03-23 23:44

Angelina

セブはイースターホリデーで道はすいてるし、どこでもいけるんだけど、どこも開いてない。

モールもお休みで、開いてるのは薬屋さんだけ。

パスタがたべてー。と、ないものねだりのFishyと私。

ご飯をどこで食べようか・・・と車をぶいーんと走らせると、おおっ、「Angelina」が開いてるではないかっ。

ここは、イタリア人のご主人が経営しているイタリア料理店。場所はカントリーモールのはすむかいだ。イタリアのトラットリア風のレストランです。

ご主人はいつもテーブルに挨拶にきてくれる。大体、頼みたいものをいうと、お薦めを教えてくれる。

この日は:
前菜  まぐろのカルパッチョ (ケッパー、アーティチョーク、オリーブ、オニオン、レモンを自分     で選んで混ぜる)

パスタ ほうれん草のラビオリ、アラビアータ風ソース(ラビオリはもちろん手作り。アラビアータ     は特別にお願いしました。

アントレ ビーフステーキテンダーロイン(やわらかくておいしかった)

ドルチェ チェコレートパンナコッタ 

どれも、めちゃおいしー。

プチギャラリーなどもあって、イタリアの雰囲気抜群!

はー、ヨーロッパ旅行したい・・・。独身のころは、「うまいもの食べにいこー」とかいって、ヨーロッパ旅行してたお気楽OLだったけど、最近、「レジャー」してないなぁ。

ヨーロッパでの極めつけの夢は、「地中海クルーズ」。歳行ってからでいいからいきたーい。
[PR]

by scorners | 2008-03-21 22:54 | Cebu

The Bucket List

Fishyが、どおしてもみたいというので、また、映画に行ってきた。The Bucket List には、モーガン・フリーマンと、ジャック・ニコラスがでている。モーガン・フリーマンは前からすきで、ジャック・ニコラスは最近、「As good as it can」にでてからのキャラクラターが好きで、この二人の共演は私も大変興味があった。

感想を一口でいうと、

ひさびさのヒット!!!

彼らの台詞がいい。最後はとても感動して、胸がいっぱいになった。

ジャック・ニコラスのしぐさや容貌など、お義父さんをおもいださせる。また、役どころも医者なので、よけいにお義父さんとの会話が思い出された。

感動するだけじゃなくて、とても面白い映画なので、おすすめです。
[PR]

by scorners | 2008-03-20 22:32 | Diary

海外子女の教育

今日は臨時でしーちゃんのピアノのレッスンにいってきた。先生は授業のあとレッスンがなかったそうなので、これぞとばかり、いろいろ質問してみた。ピアノのことはもちろん、英語、日本語教育のとりかかりなどをとてもよいお話が聞けた。

しーちゃんくらいになると、ひらがなとアルファベットを同時に読みを始める。これは、子供にとっては、かなりの量の情報処理量となるのだ。親だって、どこから手をつけていいかわからない。

先生のお子様はなんと、小説を書かれるほど日本語ができるのだ。彼女は3歳からセブ育ちで現在はアメリカの高校にいっていらっしゃる。

昨日、Fishyに、「日本語はしーちゃん、もうやばいよ・・」というと、Fishyに、せっかく、親が日本人なんだから、高校卒業レベルまでもっていかなきゃいけないと、また、無理難題を課せられて、「まじー?」と、心の中で目が回ってた。

どうも、先生のお子さんは、子供チャレンジのほかに、「れいんぼう」という教材も併用されていたそうな。

先生のお子さんは、日本の学校に毎年、体験入学もされていたそうで、その経験がとてもよかったそう。

やっぱり、2ヶ国語で教育をするには徹底しなきゃいけないんだな、としみじみ実感。

ほんと、この先生えらいわ。音楽のことは、もちろん、子供についてもいつもベストを考えていらっしゃる。

この先生のピアノの教材、先生の手作りなんです。とてもよくかんがえられてつくってあって、感心させられます。

今日は、目からうろこの日でした。
[PR]

by scorners | 2008-03-19 23:23 | Kids

発表会と卒業式

今日はしーちゃんの発表会だった。ケンブリッジの発表会はいつもダンスを披露するのだ。いつものとおり、のりのりのしーちゃんだった。

最初はトドラークラスから始まって、これがめちゃくちゃかわいいのだよね。そして、午後クラスの空手のダンスにしーちゃんが参加している。「先生」は、型がとても綺麗にきまってて、ほぼ、全校生徒が舞台で空手ダンス。

そして、クラスのダンスがはじまった。ナーサリー2になると、かなり、こった動きも入ってくる。女の子は少し、かわいい系のダンス。男の子はピシッと決まったダンスだ。

家を出る前、しーちゃんが、「マミー、このドレスはいいけど、靴がセクシーじゃない」というではないか。。ダンスしやすいように、シューズをはかせたんだけど、サンダルに履き替えて、もうぬごうとしない。。どこでならったんじゃ?

いつも思うけど、この発表会はかなり力が入ってるので、子供も親も感動だ。

しかし、Fishy、いつも私の写真の腕に文句いうけど、かなり、ぼけてるよ。G9で、どうやったらそんなにボケるのよ?

d0011352_23415393.jpg

[PR]

by scorners | 2008-03-18 23:42 | Kids

外出

昨日もFishyと、夕飯を外で食べて、映画を見ようと無茶な計画を図った。しかも、急に、韓陽苑で焼肉!とFishyがいうもんだから、えー、土曜日の夜、今から予約無理だよーとおもいつつ、韓陽苑さんに電話してみると、なんと、なんとか空けてくれた。

いつも頼むのは、塩タン、リブロース、チキン、上カルビ。この、コンビネーションはやめられない。上カルビをさっと焼くと、口の中で至福のひととき。そして、最後極めつけは、にんにく焼き。オーダーするとき、生卵と一緒に頼んでおく。にんにくをぐつぐつ煮て、火が通ったら、卵にたれを少しまぜて注ぎ込む。卵が硬くなってきたら終わり。これが、Fishyの得意メニュー。しかし、なんで、あんなにお肉がやわらかいんだろう。

なんと、このご飯を20分で済まし、映画へ。10,000BCを見に行ってきました。映画は、まぁまぁだったけど、いろいろ無理があって、現実的なFishyは、「あれはないよなー」といろいろ腑におちないようだった。しかし、この映画のトピック自体、無理がある。

これは、昨日の話。

映画好きな私たち、今日も行きたい映画が、あった。

しーちゃんを説得して、また夜遊びに出かけようとする私たち夫婦。。。(<いいかげんにしなさい)

さすがに、しーちゃんが、泣き出した。(<やっぱりだめか・・)

ってなわけで、この次の映画は延期することにした(ので、ブログを書いている)。

しーちゃんは、違う理由で泣き出した。そして、Fishyにあたりだした。うーん。しーちゃんに、なんでそんなに悲しいのか聞いてみると、やはり、私たちが二人とも夜に外出するのは不安らしい。ディナーならいいらしい。が、9時からの映画はだめらしい。きっと、子供としては、ずっとかえってこない「気」がするんだろうな。

しょーがないから、平日にマクドをかじりながら映画をみるか・・。
[PR]

by scorners | 2008-03-16 22:32 | Kids

懇談会

今日は、しーちゃんの学校で懇談会があった。今回の私の質問事項は、しーちゃんの社会性について。

驚くべし3歳児、「人間関係」に悩んでいるのだ。

毎日、「~が、私と友達じゃないといったー」などと学校が終わると報告してくる。

ちゃんと、クラスのアクティビティに、参加してるんだろうか・・

先生にそれらのことを聞いてみたら、やっぱり、日によっては誰かに何かいわれて凹んでる日もあるらしい。

そして、先生と話し合いの結果。

「がんばって乗り越えてもらおう」

ということになった。

しーちゃんは、きっと、誰かがずっとそばにいないと不安なのだ。これは、たぶん、しーちゃんのクラスに年上が多いことや、しーちゃんの特定の人にまとわりつく性質が強いからだと思う。

しーちゃんは、前のクラスでかなりえらそうだったと思う。家でも当時はかなりえらそうで、メイドが生徒、しーちゃんが、先生という形の遊びが多かった。

でも、今は、クラスでほかの大きな子を警戒しているんだと思う。

これは、しーちゃんにはいいことだと思う。

これで、しーちゃんも大きい子と一緒にいることで、いつも自分が上にたっている関係ばかりではなく、自分が教えてもらうこともあるとわかってほしい。

さらに、まとわりつく性質は、もう少し、スマートにいろいろな人と遊べるようになってほしい。そうすれば、いろいろな人から吸収できることがあると思う。人の出方を待ってばかりいて、自分から境界線を引けないと結果的にしーちゃんがしんどくなるからだ。

この2点を克服することは、しーちゃんにはかなり試練だと思う。でも、これがうまく克服できれば、自分をハッピーにするスキルがつくと思う。

私もしーちゃんとのコミュニケーションをがんばってとらなければ。

子供同士で問題があっても、小さなことならば、見守るということも大事だなと、今日の、懇談会で勉強になったわ。先生も同じように考えていただいているようだし、よい結果となったと思うわ。
[PR]

by scorners | 2008-03-14 23:42 | Kids

Power Book Store

友達のお誕生日プレゼントを買いに、SMにある新しい本屋さん、Power Book ストアに行ってきた。

私は、かなりの本屋オタク。友達に、「本屋さんに勤めればいいのに・・」といわれたこともしばしば。アメリカでもいつも、義母に、Barns & Noble に「2時間、置き去りにしてください。」と一回はお願いする。最近は日本でも本屋さんにカフェができたりして、私にはかなりやばい環境になってきている。ちなみに、Barns & Noble にてスタバでのほほん。BoardersにてBest Coffeeでのほほんと、至福の極地だ。まぁー、最近じゃ、モンスターたちがいるので、そう簡単には、のほほんとできなくなったけどね。

前置きが長くなったけど、ジュニアは、本が好き。トラックの新しいボードの本が入荷していたので、購入しておいた。本みては、ワオーと感嘆の言葉を発してるわ。ちなみに友達の2歳の息子さんには、トラックのスタッキングボックスをプレゼント。

私が本を選んでいる間、しーちゃんは、設置してあるいすの上で、Little Ponnyの本をみつけて読んでいた。アメリカのガールズの間で人気のあるLittle ponyは、セブではじめてみたよ。しーちゃんには、Reading 1の本を買いました。Reading 1はきっと、Grade1並の難しさだけど、女の子は色使いがきれいなのでとても大好き。最初に単語が並べてあるので、私は切ってフラッシュカードにしてます。

d0011352_16554533.jpg

[PR]

by scorners | 2008-03-14 16:32 | Cebu
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31