<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


暑い 

暑い - Init kaayo とセブ語まで飛び出すくらい暑い。旅行づかれて頭がぼーっとしてるのかなぁー、歳だなぁーと思ってたら、メイドが「マム、みんな暑くてボーっとしてます」。そっかー。かなり暑いよね。

クーラーつけずに、しーちゃんと、しまじろうをやってたら、二人ともやる気がなくなってきて、仕方なくクーラーつけました。しーちゃん、やっと、日本語読めるようになってきました。しまじろう様さまです。4月はしーちゃんと、「日本語月間」なので、学校にいれてないんです。この一ヶ月でひらがなをやっちまおーという計画なのです。しーちゃん、なんと、ひらがなの方が、アルファベットより上手にかけるんです。アルファベットは形がいまいちいけてないのになぁ。

日本で、近所のお母さんと井戸端会議をしていて、「バイリンガル」がうらやましーというので、バイリンガルは2倍大変やねんでっといいました。しかし、そのお子さん、いまだ、小学校2年生なのに、もう、高校受験のことを考えていらっしゃる。中学じゃないよ。高校だよ。学校制度が、私たちの小さいときと、かなりかわって、3年生までは、公文、4年生からは塾に入らないと学校の授業だけでは高校に入りにくいらしいです。日本のお母さんも大変です。

学校といえば・・。昨日、近所のお友達とで、学校の話をしてたら、また、なんだか優柔不断になってきたんよね。ま、お友達のいうように、すべてがベストの学校ってないんだけどね。所詮私の悩みは、トイレとか、駐車場だしな。

あー、あんまり深く考えられなくなるほど、暑いわぁ。しかもずーっと眠いし。

数年前は、こんな暑さ、へっちゃらだったのになぁ。
[PR]

by scorners | 2008-04-30 21:57 | Diary

セブにかえってきました

飛行機の中はジュニアが寝てくれてちょっと助かったんだけど、日本での過密スケジュールおよび、フライトで帰ってきたときはかなり疲れていました。しかも、日本ではいつもつかわない、気を使っていたので、余計つかれました。

なのに・・・

帰りの車の中、Fishyが、いきなり仕事をもってくるし。頭が真っ白なのに、上海に電話しなきゃでした。全神経を集中させてなぜか、オーストラリアなまりの中国人の英語を聞いた。そして、すぐ、日本のクライアントが来るらしい・・。

家に到着するやいなや、日本のクライアントから電話。スーツケースもほったらかしで、バタバタ。

やっと、おちついて、シャワーにはいって、ほっとしました。

今回の日本帰国は、水族館や動物園にもいけたし、子供の楽園やボーネルンドでもあそばせたし、子供に盛りだくさんな10日間でした。って、私も美容院とかいけたし、うわさのロールケーキも2回も食べて感動したし、もちろん、和菓子も一杯たべたので、帰りの飛行機の中で、どうやって痩せるかのみをかんがえてました。

やっぱり、日本は、いろいろ見るところがあったりで、子供にとっては、文化的な活動が盛りだくさん。刺激も多いし、日本人ってほんと、恵まれてるなぁと実感。

子供たちが大きくなったら、美術館なんかにもつれていってあげたいな。
[PR]

by scorners | 2008-04-22 21:02 | Diary

海遊館

いつも動物園ばかりなので、今回は、海の世界をみてもらいたくて、海遊館にいきました。

前に一度行った覚えがあるんだけど、こんなにおっきかったかなぁー?

しーちゃんは、海遊館に入る前から、大観覧車にのりたーい!!とうるさかったので、海遊館の入場切符と大観覧車の乗車券をセットでかいました。

まず、海遊館をはいると、かわうそ君が。しーちゃん、かわうそに釘付け。お水にじゃっボーン飛び込んだり、とまめまめしく動くかわうそ君にかなり惹かれてました。

次にいかなーいというしーちゃんをひっぺがして、つぎは、アシカさん。でかいのが、ガラスの前で休んでいらっしゃる。あんまり人間がみててもきにならないのね・・。

ぺんぎんをみると、映画のHappy Feetをふと思い出したわ。

大きな水槽がでてきて、さーてさて、じんべいざめのおでましです。マンタもいて、優雅におよいでいます。しかし、この、じんべいざめまで、たどり着くまでかなりかかるので、ちょっとみんな疲れ気味。

つかれたーっと思ったら、タイミングよく「カフェ」がありました。
そのわなに、あっさりかかって、ソフトクリームをいただきました。コーヒーも以外とおいしかったなぁ。

海遊館をでるころには、かなりへとへとになったんだけど、そうだ・・・観覧車乗らなきゃ。

大観覧車にいくと、しーちゃんが、「赤!絶対赤!」と、色のご指名が・・。赤をまって、さて、のろうとしたら、「記念写真どうですかー?すぐできますよー。」とくるではないか!すかさず、私の妹、「赤にのりおくれますんで、結構です」と振り切ってくれた。書き忘れたけど、妹が、仕事を休んでついてきてくれたのだ。

大観覧車からみる光景は、なんだかなつかしい。日本ってほんと、よく整備されてるな。高い場所でどこにもいけない空間。過去や未来のことをふと考えるのだ。不思議な感じ。

こんなに疲れて京都にかえれるのか・・・。妹にきてもらってよかった。くたくたになって帰途へ。

たまにいく、水族館と観覧車。不思議な空間だよ。また、いきたいな。
d0011352_22262138.jpg

[PR]

by scorners | 2008-04-17 22:06 | Diary

たこやき

帰国するといつも友人のおうちにお泊りにいく。私は、そこでいつも作って食べるたこやきが、帰国の楽しみのひとつだ。このたこやきの夕食を称して「地獄のたこやきパーティ」といっている。ネタがなくなるまで、たべつづけなくてはいけないからだ。メニューを変えられてはこまるので、いつも帰国までにメールで、「今回もたこ焼きでお願い」と念をおしておく。

その日は、一緒に連れて行ってもらうケコちゃんのおうちにちょっとよって、おばちゃんと、猫のコネちゃんに会う。おばちゃんは、最近、孫を求めて初海外in NYだったので、その話も楽しみだった。猫のコネちゃんは、赤ちゃんのころ、しーちゃんが抱っこさせてもらって、しーちゃんは、コネちゃんに会えるのを楽しみにしている。

今回は、ジュニアとコネちゃんが、おやつを分け合って食べていたのがおもしろかった。ジュニアもコネちゃんが気になるみたい。コネちゃんは、おやつが気になるんだけどね。

その後、友人宅へ向かったんだけど、着いたら鍵がかかってる。うーん。と、悩んでると近所の奥さんが、「娘さんが公文に行ってるので一時間くらいかえってこないよ。」と教えてくれた。トイレにいきたいんですけど・・・。その奥さんに公文の場所を教えてもらって、娘さんに会いにいった。

「○○ちゃん。家のかぎかしてー。」と、いきなり公文にいったもんだから、公文の先生もびっくりしていた。しかし、ここは、関西である。すんなり、鍵も手に入り、勝手におうちに入って、急いでトイレへ。

そして、ケコちゃんと、「おなかへったなぁ」。やっぱり、勝手に人んちのものを食べるのは、少々、気が引けるので、娘さんがかえってくるのを待つことにした。

娘さんが帰ってくるやいなや、「このおせんべたべていい?」と、了解を得て、おせんべをいただいた。

せんべいをバリバリ食べてるうちに、友達も帰ってきて、早速、たこ焼き準備開始にはいった。

ここのたこやきは、スペシャルだ。こんにゃくをしょうゆで炊いたもの、たこ、てんかす、きゃべつ、ちーず、ソーセージなんかも子供スペシャルでいれたりする。今回は、ねぎをどっさりいれて、「大人のたこやき」をつくってみた。

うまい!

これは、友達と食べるからおいしいのか、具のコンビネーションがいいのか。とにかくおいしい。

たらふく食べた後、子供たちはみんなでお風呂に入り、1時間くらいでてこない。

これから、私は友人と、「地獄のトーク」が始まるのでアルコールは口にしなかった。午前3時ころ、何しゃべってるかわからなくなってきたので、切り上げることにした。明日は平日。朝、すごい勢いの目覚ましでおこされた。

d0011352_23501825.jpg

[PR]

by scorners | 2008-04-15 23:28 | Diary

平安神宮にて

私「ねぇねぇ、昨日、なんで、上賀茂神社でわらってくれなかったの?」

しーちゃん「寒かった」

そーかぁ、寒かったのか・・。今日また、着物を着たいというではないか。今回は、帯を簡素化して、軽くした。そうすると、ちょっと、おなかの部分の締め付け具合がましかも。

今回のスポットは、「平安神宮」。

平安神宮には、立派なお庭があって、この時期は毎年、枝垂桜コンサートが開かれます。このコンサートはさくらの満開時期に桜に囲まれておこなわれるので、主役は桜です。って、結構、有名な芸能人がこられます。

まず、神様におまいりして、庭に入る切符を購入。

一歩踏み入れた瞬間、枝垂桜が軒並み並んでいます。そこで、一枚、ぱしゃ。

5m歩くごとくらいに、観光客に「一緒に写真とらせてください」といわれるのです。京都は桜のシーズンは、観光客が人口の半分くらいかなと思えるくらい多いのです。しかも、30m歩くたび、外国人に遭遇します。今日も、日本人から始まり、韓国人、中国人、ドイツ人などなどから囲まれて写真をとられていたしーちゃん。

お庭の池の周りを歩くと、桜の木がまだまだあります。途中でどんぐりなんぞを見つけて、よろこんでいた私。「みてみてー、これが、本当のどんぐりだよー」、と自慢げにしーちゃんに披露してました。

小川やコイ、とかげなんかをみかけて、ほんと、日本庭園って風情があるわ。感性が研ぎ澄まされる思いまでするわ。

一時期、庭めぐりを趣味にしていた私。京都には紹介したい庭がほんと、沢山あるんよね。

と、私の気もほぐれたころ、しーちゃんも笑い出したので写真をパシャパシャ。

FishyにもFishyママにも合格点をもらって、あー、よかったよかった。これで、ショッピングにいそしめる・・。

d0011352_2220238.jpg

[PR]

by scorners | 2008-04-12 21:53 | Kids

さ~く~らぁ♪

今回の帰国にはミッションがあるんです。それは・・

「しーちゃんに着物をきせて桜の前で写真をとること」

Fishyがいうには、「日本人なんだから、桜と着物はあたりまえ」。

うーん。何があたりまえなのか、納得いかないけど、外人のステレオタイプだな。

とりあえず、日本にもかえしてもらってるし、ミッションを達成せねば。

しかし、桜は先週、満開で、その後の嵐でちったらしい・・・。

京都の桜スポットといえば、鴨川の何キロもつづく桜の光景は素晴らしいのだけど、もうない。

八重桜がだめなら、遅咲きの枝垂桜。北へいくと確実にまだあるので、市内北端、上賀茂神社へいくぞー。

しーちゃん、着物は楽しみにしてて、きせてもらってとてもうれしかったみたい。ちなみに着物は私の小さいとき、着ていたものです。ぞうりと、かばんは、今回買いました。

上賀茂神社といえば、「おやき」。もちもちっとしてておいしいよ。

いえいえ、桜、桜。

見事な枝垂桜が鳥居を入る前に一本見事に咲かしていました。

しかし、肝心のしーちゃん、笑ってくれない・・・。疲れたのか?

夜、Fishyに電話して、撮った写真の一部を見せると、

「やりなおし。」

くくっ、きびしい。

桜の取材は明日も続くのです。

d0011352_2312692.jpg

[PR]

by scorners | 2008-04-11 23:12 | Kids

ジャパーン

日本へ帰ってまいりました。疲れました。モンスターたち二人つれて。今日も頭がボーっとしてます。携帯が日本で通じなかったので、待っていたとばかり、帰りの車の中で電話がりーんりーん。一本、上海からありました。中国人のお姉さん、なぜか、オーストラリアなまりの英語、残りの気力をふりしぼって聞いてました。

さて、行きのフライトは、ジュニアはいつものとおり、寝てくれるかなぁと淡い期待を描いていたんだけど、大きな間違い。飛行機の座席についてるカバーをみんなとってしまって、周りの人ごめんなさーいでした。しーちゃんは、セブにバイバイするのが切ないらしく、おとなしかったです。髪の毛ぼーぼーになりながら、なんとかマニラで乗り換えして、やっと、ジュニアが少し寝てくれました。しーちゃんは、なぜか、イヤホンで映画を真剣にきいていて、その間に私もご飯をたべたりできました。

関空へついたときには、ジュニアは、様子が違うことに気づいて、ワーワー泣き。しーちゃんが、荷物運びをかなり手伝ってくれたのでやってこれたけど、ほんと、しーちゃんも、おねえさんになりました。

空港に迎えに来てくれた父を見たときは、私のバッテリーが切れそうでした。いつも準備万端な、父。はるかの切符もすでに購入してあり、時間どおりはるかへ。

はるかの中でもジュニアは、自動ドアで遊んでました。おかーちゃんは、もう、どうにでもなれー状態。父よ、頼んだ!とばかり、放心状態。

家に着いたときには、おお、「河道や」のうどん。たけのこの木の芽和え。はー、日本かえってきてよかったー。
[PR]

by scorners | 2008-04-10 22:36 | Kids

ウオーターフロントホテル

外は暑くて、家にいると、飲み物を飲んでばっかり。セブの夏がきました。うちの犬も私のあとをついて、「クーラーつけてよぉ」とねだってきます。

お友達が、「暑いからプールにいこう」と誘ってくれたので、ウォーターフロントホテルのプールにいってきた。プールは大人一人200ペソだよ。

ランチにホットドックをプールサイドで食べたんだけど、なかなか、いけてるホットドックでした。

ジュニアをプールにいれようとすると、案の定、うわーん。また、3分でおわったのです。

逆に、しーちゃんは、「深いプールにいこう」と、いうし、プールからあがってこない。

みんな、やけて真っ赤になってきたので、プールを終了して、うわさの、グロッサリーのデューティフリーに行ってきた。

うわっ。輸入物が安い。Cheeriosも売ってる。これ、味が全然ないんだけど、ジュニアにおやつ代わりにいつもジュニアに上げてたシリアル。ジュニアはこれが大好きなのです。しーちゃんもなぜかすきで、セブのスーパーでさがしてたんだけど、なかなかみつからなかったのです。アメリカ人のトドラーは大抵、食べてます。Cheeriosをみつけたとたん、おおー、これで、日本までの飛行機が乗り切れるかも!と思ったくらいよ。あと、バブルバスを購入して、今日は、お風呂でも遊べるなーと楽しみ。

グロッサリーにいったあと、ロビーでアイスを食べてたら、昔、ジンボリーでなかよかったお友達がHelloをいいにきてくれた。お母さんは市長の奥さんなんだけど、とても気さくでいい人。子供もすっかりおねえさんらしくなって、びっくりしたよ。

d0011352_22165731.jpg

[PR]

by scorners | 2008-04-06 22:17 | Cebu

涙涙のお別れ

今日、Fishyがモロッコに旅立った。カーサブランカー♪私も行きたい・・。っていうと、「代わりに行ってほしい。フライト長くて嫌」とか、Fishyはいってたけどね。

しーちゃんのナーバスはその後も続いていた。そして、Fishyが空港にいくのに、お別れを告げると、うわーんと泣き出した。娘にメロメロなFishyも、うるうる。まるで、恋人たちの別れのようだ。泣いてとまらない、しーちゃんをFishyは、空港まで連れて行った。

Fishyが帰ってくる日に、私たちが日本へ発つフライトなのだ。残念ながら、空の上ですれ違い~。モロッコまで長いからね。。最後まで仕事を終えないとかえってこれないのだよね。

昔は、しーちゃんは、ママっこで、私から離れようとしなかったし、2歳のときは、「ダディきらい」といっていたのに、すっかり、パパっこになったのよね。Fishyもがんばったけど、4歳近くになると、「家族とはなんぞや」という、淡い、家族像ができあがるんだな。父母そろうと安心みたいな。

さてさて、来週から私も、パワフルな子供たちをつれてフライトだよ。お土産ももう少し買って、しーちゃんが機内で遊べるおもちゃも用意しなきゃ。ジュニアは、どーしよーかなー。

そんなわけで、ほぼ、3週間、しーちゃんとダディはあえなくなるので、今日はしーちゃんには、あまりにも辛いお別れだったわけです。
[PR]

by scorners | 2008-04-05 22:17 | Kids

散髪

朝、おとなしく、スナックをハイチェアで食べているジュニアを見て、ひらめいた。

前髪を切ろう

はさみをもって、ジョキジョキ切っているうちに、ジュニアの機嫌が悪くなり泣き出した。

まだ、おわっていないのに、頭をふってもうはさみがちかずけない。

こりゃだめだ~。

前髪、ザクザクのままおわっちまったよ・・。

「メイドが、Expose (美容院)へ電話しましょうか?」というので、「おねがいします。」

そんなこんなで、事情を話したら、美容院もすぐ予約を入れてくれた。

美容院にいく途中、何かに気づいたのか、ジュニアは何も車のなかでしゃべらなかった。

ついたとたん、うっぎゃー、とすごい勢いでなきだした。

今日の美容師さんは、初めてお願いする美容師さん。

「泣いても気にしないで切って。」と、お願いすると、アシスタントがジュニアの顔をぎゅっと抑えて切り出した。いい調子。

あまりにもギャーギャー泣きなので、担当でないオーナーが、様子を見にきたよ。

子供好きのオーナーでよかった。店中に響き渡るジュニアの鳴き声。

すんまへん。

この、2ヶ月に一回のジュニアの散髪が、大変で、今日は、私が切ったんだけど、散髪の才能ゼロだということを発見。でも、おかげで、少しすっきりしました。

はぁー、男の子はこういうのが、以外と大変なのね。
[PR]

by scorners | 2008-04-03 21:48
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31