<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


パーソナライズ アイテム

しーちゃんが学校を変わるにあたり、学校に必要な文房具に名札を全て張らなきゃいけなくなった。お友達のお母さんが、「100枚以上、つかったわよー」と、ええぇーっと驚く数だったので、これは、名前入りステッカーを作るしかない!

シューマートのAceハードウエアの横に、名前や住所などを入れたステッカーを作ってくれるスタンドがあるんよね。好きなバックグラウンドを選んで、大きさを選ぶと、あーっというまに、作ってくれる。しーちゃんのは、マイメロディとシナモンちゃん、ジュニアのは、おサルさんにしました。このステッカーに住所などをいれると、はがきなどを大量に出すとき、便利です。

そして、さらに、しーちゃんの学校の必要なものリストをみていたら、「枕」「タオル」とありました。名前を書いておいてください。どーやって、枕に名前かくのか・・・と思案していたら。セブには、素晴らしいものがあります。「刺繍やさん」。2件あって、アヤラの2階のメトロの横と、メトロの4階のタオル売り場の横にあります。そこで、こんな字体で、この色で、この名前を刺繍してくださいというと、やってくれます。2日ほどかかりますが、しーちゃん’sタオルができました。ハンカチなどに、自分の名前を刺繍するのも素敵かも。タオル6枚で240ペソ(570円くらい)でした。

前に、ファンデーションのコンパクトに私の名前を刻印してもらったことがあり、愛着があって長くつかっていました。

自分専用のアイテムは、うれしいね。
[PR]

by scorners | 2008-07-28 23:31 | Cebu

セブの教育事情

しーちゃんには、近所に仲の良いお友達がいる。最近、一緒に遊んでいないのでどうしたのと、聞いてみると、

「4時から7時まで毎日チューターだから、遊べない。」(注:チューター:家庭教師)

えー、近所のお友達って、1年生でしょ。

いろいろな人の話や、宿題を見てたりすると、セブの私立の小学校一年生は、難しい。日本から来たばかりの親御さんは、「難しすぎる」と、学校に講義する人もいるらしい。

質問を読んで、理解し、答えを書く技術が必要だ。

これって、時代の問題なんだろうか。ローカルの人に聞くと、昔は、小学校で、やっと、アルファベットを習い始めたというではないか。

しーちゃんは、4歳だけど、周りは、チューターや公文に行ってる人が多い。しーちゃん、平日は遊ぶ人がいないんだよね。

この間、セブの小学校一年生で、「目の構造」を習ったそうで、日本人の親御さんたちはびっくりしていた。

恐らく、レンズの屈折なんかの授業と兼ねて、目の構造の名前まで発展したんだと思うけど、私は、楽しそうと思った。

小学校一年生、身の回りのことに、なぜなぜ??って思う時期。多くの身の回りのことは、科学・化学的根拠を説明しなきゃならない。

例えば、水の中に突っ込んだスプーンの柄が、横から見ると切れてるのは、なぜ?これは、目のレンズの屈折を説明しないと、証明できなかったりするよね。

もうひとつ考えられる理由は、セブは、お医者さんや看護士を目指す子供が多い。基本は、人体化学なのかも。

しかし、小学校一年生では、確かに、目の構造は、高等的内容だ。きっと、理解できたのは、一握りあるかないかだろうね。でも、子供って未知だからね。

ちなみにしーちゃんは、今、創作ダンスにはまっています。別に、習いにいっているわけじゃないけど、なぜか、スピリチュアルな曲をかけると、勝手に踊りだします。

しーちゃん、空想の世界でいま、生きているので、そっとしています。
[PR]

by scorners | 2008-07-20 22:48 | Kids

ピラテス

お友達に誘われて、まえから、あこがれのピラテスにいってきた。

一番、簡単だよーっと世間で言われてるピラテス。動きは確かに難しくはなかったけど、腹筋力がいる。

汗をかかない私が、汗だらだらでてきた。

ひーひーで、呼吸法どころではなくなってた。

でも、終わった後の爽快感!血液の循環もよくなったし、腰を使うので、腰痛が治ってる。

以外と、動きもダイナミックで、おなかが鍛えられるのがしててよくわかった。

やっぱり、人間、運動しなあきません。

母が、ダンスで発散し、妹が、テニスで発散している意味が今、よーやくわかりました。

なんか、味占めちゃったな。もう少し、一日を有効に使わないとね!
[PR]

by scorners | 2008-07-15 22:01 | Diary

理想の教育

日本の教育が、また変わりつつあるそうな。ゆとり教育を導入してから、OECDによる学力テストで低下がみられるからとか。

私の時代は、詰め込み教育だったのよ。私の年代のあとから、ゆとり教育がでてきました。

詰め込み教育時代の私がアメリカで困ったことは、「クリティカルシンキング」のなさ。考える力が不足していた、典型的タイプだったのよ。

詰め込み教育とゆとり教育のバランスがとれるといいのにね。

しーちゃんの今の学校(ケンブリッジ)では、よいバランスがとれていると思う。ケンブリッジでは、マインドマップをつかっている。マインドマップとは、表現したいテーマを中心におき、そこから放射状に考えを図解していく方法で、大脳のファイルを垣間見るような図解表現法。理解や記憶がしやすいので、教育はもちろん、ビジネスにも応用されているのだ。

私はこの、マインドマップに基づいたケンブリッジのプログラムがとても気に入っている。子供の脳の発達がわかるからだ。

昨年度、アメリカのプレで、しーちゃんが、もらったディスカッションのスクリプトから、子供のマインドマップが製作できることをケンブリッジでは、実現したのだ。

私は、出来事や考えは、ずっとどこかでつながっていると感じている。歳をとって、やっと、物事が包括的にみれるようになってきたのかもしれない。

わが子の人生は一度きり。大きくなって、「失敗も一杯したけど、いいことも一杯ある」と思える人になってほしい。
[PR]

by scorners | 2008-07-08 21:55 | Just a thought

ネイルアート

朝から、ドライバーが休みだったのにもかかわらず、車を飛ばして、「ビューティ・ピア」にいってきたよ。

ネイルアートをしてるサロンなんだけど、私、生まれてこのかた、ネイルアートなんかしたことなかったんです。なぜかっていうと、「不器用ですぐとれちゃいそう」だから。

しかし、足のつめみんなしてもらって、450ペソ(約1000円)は安い。

サロンでは、お茶をだしてくれて、二人かかりで、まず、フットスクラブとマッサージ。

足のつめを綺麗にしてもらって、ネイルアート。かわいい♪

しかし、このあと、家に帰ると、ジュニアが足つめの変化にきづき、指さしてるし、犬は、ジャンプしてくるので、せっかくのつめがすぐだめになりそうぅぅ。と、犬とジュニアから逃げながら何とか、死守。

そして、ジュニアを保育園に送っていったら、「うわーー」と泣き出し、抱っこー、抱っこーといいながら、私の足のつめをぐにゅーと踏みました。やっぱり、だめかぁ。おかげで、右のつめのデザインは消えてなくなってしまったのだ。

やっぱり、私には、マダムルックは無理ね。

d0011352_23173042.jpg

[PR]

by scorners | 2008-07-07 23:17 | Cebu

GoldFish

去年のクリスマス、しーちゃんが、Goldfish というスナックを気に入っていて、大量に買い込んだ覚えがある。今日、アヤラで、そのGoldfishをみつけて、おおーっとおもわず、買ってしまったのだ。特大の箱で3袋も入ってる・・・。

アメリカでなにやら、皆さん、「Trans fat」値を必ずチェックするんですね。この飽和脂肪は、心臓病を引き起こす要素を含んでいるので、ふとっちょの人は避けたほうがいいんですね。この飽和脂肪は、良いコレステロール値を下げて、悪いのを増やすそーです。

前に紹介したCheerios も、Trans fat がゼロなんだけど、この、Goldfish もゼロなんだよね。めちゃぐいしても、さほど、太る心配はないんだろうけど、塩が利いてるので、あんまり、肝臓にはよくないかも。

香ばしくておいしいので、大人でもボリボリ食べちゃいます。

d0011352_22135814.jpg

[PR]

by scorners | 2008-07-06 22:11 | Kids

敏感肌対策

小さいころはアトピーだった私ですが、それも、高校までには、治ったとおもっていたら、やっぱり、敏感肌のままなんですね。

しかも、歳をとるにつれて、アレルギーが増えてまいりました。

それにかこつけて、バス用品オタクに、磨きがかかっているので、私のお気に入りを紹介しておきます。

Burt’s Bee シリーズは、アメリカでも人気ですが、私も大好きです。アヤラのBeaty&Bar でみつけたのですが、Salfate (硫酸)Free のボディウォッシュ!私は、この、Salfateにアレルギーがあるんですよね。ありがたい!このボディ・ウォッシュは、パラベンも入ってないんです。あと、敏感肌用ローション。ほのかにローズマリーの香りがします。

そして、敏感肌の強い見方、Goat Soap は、セブでもいろいろみかけますが、このシリーズが香りもよく、しっとりするし、私の肌でも大丈夫です。

これは、余談ですが、どうも、赤ワインの保存剤に強く反応するようになってきたのです。ああー、かなしい。グラス一杯くらいしか飲めなくなりました。。

d0011352_10494070.jpg

[PR]

by scorners | 2008-07-05 10:35 | Diary

保育園デビュー

今日は、ジュニアの保育園デビューでした。

車の中で、ジュニアに「今日からさぁー、ジュニアも学校にいくんだよー。」というと、顔を隠して「Hiding」と、明らかに、ナーバスになってました。

そして、学校へつくと、下ろそうとしても、しがみついて降りないし。おりても、私の足に顔を隠して動かないし。

まぁー、一日目はこんなもんです。

保護者がみんな、教室の中にはいって一日目を見守っていました。ジュニア、からだは大きいけど、年齢的には、一番低いほうなんです。

2歳の子供たちも多くて、2歳児はわりと、いろいろわかってるなぁーって感じがしました。特に女の子って早いのよね。もう、いっぱしにしゃべるし、いろんなことができるのよね。

ジュニアは、なんとなーく、輪の中に入れてるよーな感じがしたので、一日目としてはオッケーでしょうか。

トドラーのクラスなので、遊びばかり。

知ってるお友達も数人いて、私は、そのお母さん達との会話が楽しかったんだけどね。

帰りの車の中は、かなり疲れたのか、zzzzz。
[PR]

by scorners | 2008-07-02 22:30

Child centered or NOT

「子供が親を奴隷のように扱う」

という、ショッキングな内容の記事を見つけました。Our Little Emperors というタイトルで、Margarette Driscoll の書いた記事なんですが、Emperors というところから、イギリスの記事かなと推測できます。(イギリスは日本と同じ、王を立てる国王国なので)

これは、最近の子育ての傾向を疑問視したものです。最近の子育ての特徴である、「ほめる」「感情に共鳴する」「子供中心の教育」などなどがあげられています。大人になってストレスの多い社会に適応しない人を作ってしまう。従来のしつけを見直すべきだということなんですが、最後には、バランスがなんでも大事だよね。と締めくくられています。

何で私が、この記事に目をひいたかというと、フィリピンにいると、このような状況に陥ることが多々あるからです。

フィリピンでは、子供にナニーをつけることが多いので、親が忙しくても、ナニーが子供の要求をできるだけ満たすことができるのです。

我が家では、「大人は子供から敬意をもたれるべき」という基準があって、子供が、メイドに「命令」することを禁じています。私たち親も、メイドに「頼む」ことはあっても、「命令」することは、極地的に仕方なくすることはあっても(解雇するときとかね)、普段はしません。

それと、子供たちは、「望む全てのものを手に入れること」ができません。例えば、テレビを見るときは、親である私に聞かなければいけないし、見る内容も、私が決めます。「子供が観たいというので、仕方なく、見せました」というのは、我が家では、ご法度です。

もちろん、私たちはEI(EQ)を支持してるし、子供の感情やストレスについては、状況によって考慮するんだけど、この著者の言うように、なんでもバランスが大事だと思う。

私は、子供の将来を心配しすぎなのかもしれないけど、ちゃんと、自活していけるようになってほしいな。
[PR]

by scorners | 2008-07-01 22:13 | Just a thought
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30