<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


カリフォルニア

今年もまたまた、クリスマスをカリフォルニアの田舎で過ごします。

そりゃーもー、Grandma は楽しみにしていらっしゃいます。私は、この、メイド、ドライバー生活から独立して、料理、家事、洗濯をするんだなぁーと、遠い目になります。

ジュニアはどうするんだろう。2歳児は、家事をやってるあいだ、どこにくくりつけるんでしょうか・・・。昨日は、後頭部を切り、一週間前は、顔面をうち、青あざ。

でも、おいしい空気すって来ます。どこまでも、農園が広がるところですから。

都会の喧騒に疲れて、老後すむにはいいのかもしれませんが、1ヶ月以上は、難しいです。

では、修行に行ってまいります!(<英語も最近、かなり変だしね。)
[PR]

by scorners | 2008-12-18 10:04 | Diary

解決志向

やっと、「キッズスキル」という、フィンランドの教育の本を読み終わった。ビジネスの本も読まねばいけないんだけど、ついつい、趣味にはしってしまうのよ。

精神科医が書いてる本なんだけど、なかなか簡単でよい本です。

最近、しーちゃんの学校で起こった事件などの問題解決法と比べてみると、明らかに改革的。学校は、「問題志向型」で、このキッズスキルというのは、「解決志向型」の問題解決法なのだ。

なんで、こんな間違いがおこったのか、という原因追求をする「問題志向型」。に、対して、(この問題に対して)どのように、解決したらいいかというスキルを学ぶ「解決志向型」。

最近、しーちゃんに(また)むかつき気味な私。こーいう本をたまに読まないとね。

「成果はほめてあげてください」

そーです。そーです。ほめてやらなきゃね。すっかり、忘れるときがあるんです。怒ってばっかりで。

この本をよんで、まるで、圧力釜の圧力がぬけたよーに、しゅーっとなりました。

子供の問題ばかりでなく、問題解決をするときは、肯定的な方がモチベーションがあがります。誰が悪い、何が悪いと追及されるのは、皆嫌だもんね。
[PR]

by scorners | 2008-12-15 23:04 | Kids

校長先生のスピーチ

校長先生とは、高校生を教えた件もあって、以前から面識があったし、インターナショナルスクールのこれからの方針を知りたかったので、セミナーに参加した。

この校長先生、ビジネス出身で、読む本なんかに気が合うのだ。学校のマネージメントも「組織」としては、ビジネスも一緒なのだなと思った。

しーちゃんの学校は、「チームワーク」を大切にして、「互いに尊敬しあう」関係に重点を置いている。大きな学校では、これは、欠かせないことだと思う。教師陣、事務員、生徒、親が力を合わせて成り立っていく非営利団体だしね。

スピーチでは、事務処理の書類化や、システム化が重に目立った。組織が整理整頓されるので、よいことだよ。

スピーチのあと、親御さんからの質問があり、多くは、「罰則について」という質問が多かった。私の友達も同じ苦境にはまったんだけど、先生が生徒に対して不平等な扱いをしているのではないかとか、不適当な罰則ではないかと言う質問だった。

しーちゃんは、キンダーであんまり、関係ない話なんだけど、あまりにも、親御さんが、熱を入れた質問を多くするので、びっくりした。

ここの問題点は、「教師のリーダーシップの問題なのか、子供の問題なのかという判断」。

インターナショナルスクールって、いろんな国から子供が来てるんよね。よしも悪しくもいい刺激になるのだ。しーちゃんもそうだけど、気の強い子は、先生にチャレンジしてくる。先生もそれなりに、頭がまわらないと、生徒に食われるわけ。

セミナーが終了したあと、校長先生と、お話する機会があった。教室の中のリーダーシップについての質問をしてみたら、逆に質問された。「What are you going to do if you cannot train your employees?」うちの会社は、能力のない人間や仕事の倫理観が備わっていない人間を雇わない。だって、教えても「暖簾に腕押し」だからよ。校長、構造改革をねらってるね。

久しぶりに会った。すごい人。

ちなみにこの校長先生、女性なのです。
[PR]

by scorners | 2008-12-10 22:24 | Diary

ジュニアのうた

ジュニアが歌うようになりました。

♪ itch bitch spider went up the spout - ♪

めちゃ、音痴です。最初、何の歌かわかりませんでした。

車の中で歌ってたのですが、ドライバーまでが、笑えて仕方なかったのです。

家に帰り、キャッシャーマシンについているマイクをつかんで、また、うたいます。

どーも Down came the rain のあとがわからないみたいで、あまりにも繰り返します。

メイドも苦笑しています。

これは、Fishyのせいです。Fishyの音感そっくりです。私も人のことはいえないんだけど、Fishyほど、音感は、悪くありません。

いくら、小さいときから音楽教室に入れても無理だね。遺伝って怖いね。
[PR]

by scorners | 2008-12-03 22:10

New Ayala

最近、セブは、アヤラは、とても盛り上がっています。
Terras がオープンしたということもあって、ついつい、アヤラに足が向いてしまいます。

Fishyは、もっぱら、T.G.I. Friday、ちょっと、アヤラによると、すぐ、ここによります。ここは、バーガーがおいしいです。でも、大きすぎて、Fishyとは、半分こです。ステーキもおいしいらしいよ。私のお気に入りは、ドリンク。ストロベリー・モヒートや、マルガリータは、おいしい。アメリカのドリンクそのままです。

今日は、私は、Fullybooked にいってまいりました。本屋さんです。Bo'sカフェが入ってて、少し、アメリカの本屋さんを思わせます。もともと、本屋オタクですが、セブではぴか一の品揃えです。おもわず、一時間くらいうろつきました。しーちゃんに、レベルブックと、ジュニアにトーマスの本と、車のステッカーブックを買いました。

久しぶりに、カイロプラクティックもいってきて、背中の痛みもとれ、やれやれです。ほんと、最近、ばばあになってきました。神経痛が、年々、ひどくなってきます。

私が待ち遠しいのは、Seattle’s best coffeeです。シアトルに住んでいるときは、スタバより、SBCの方によく立ち寄っていました。シアトルのしっとりした雰囲気を運んできてくれるんでしょうか。
[PR]

by scorners | 2008-12-02 23:40 | Cebu
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30