<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


Shopaholic の本

前回のボホール旅行に、軽い読み物とおもって買ったShopaholicの本。

はまってます。

Fishyは、「なんで、そんなChick (女の子ちっくな)本、よんでんの?」と、聞くけど、なんでかしらないけど、面白い。主人公は、シングルのキャリアウーマンで、年代も一回り下だと思うんだよね。

私の記憶ってそこで止まってんのかも。

Confession of Shopaholic は、すでに読み終わって、次のマンハッタンを読み出してます。

本屋になくなるといけないから、全部買い占めたし。

きっと、はまるところは、主人公のけなげなところかな。

私はショッピングはすきだけど、中毒までは、行ってないとおもうんだけどなぁ。はまるけど、あきるし。

でも、ほしいのに、買えないときは、脳裏にずーっとあるなぁ。今は、Radio Flyer のワゴン。170ドルもこっちでするのよ。高いし。でも、ワゴンがあれば、楽しいだろうなと思うのよ。木でつくるか・・・

今から思えば、シングルで、人生にいろいろチョイスがあったあのころが一番楽しかったのかもしれない。今、チョイスがないというわけではないけど、ガンガン、リスクをもってまで、人生を変えていける立場ではないな。

時期的に、経済状況が悪いから、今の若い人はそれどころではないのかな。

このShopaholicは、イギリスが舞台なので、面白いイギリス英語の言い回しがでてくるよ。お決まりの、「Bloody ....」とかね。ヨーロッパに行きたくなるなぁ。

映画、見に行こうかな・・・。誰かに見られたら恥ずかしいなぁ。。

女の子の英語の勉強には、もってこいの一冊よ。

d0011352_22405720.jpg

[PR]

by scorners | 2009-02-24 22:41 | Diary

センチメンタル しーちゃん

Fishyが、夕食のとき、「どんなケーキがすき?」ときいてきた。私は、マンゴーショートケーキか、モカ生クリームショートケーキ。と答えた。絶対、ホイップクリームね。バタークリームは絶対だめ。と付け加えておいた。Fishyは、私のはっきりしたリクエストに、「こいつぁー、あいかわらず、うるさいなぁ」という顔をしてたけどね。

いつも、スタバで、コーヒーを頼むとき、私は、ラテにバニラシロップいれてもらって、ちゃんと、かきまぜてもらってね。と、いうのだ。なぜかき混ぜてもらってというかというと、こっちのスタバの店員、かきまぜてくれないから、バニラシロップが底にたまって20ペソ(40円)をバニラシロップに費やしたのがむかつくのよね。

しーちゃんが、「なんで、ケーキの話なんかしてるの?」というから、Fishyが、「もうすぐ、マミーの18歳の誕生日だからさっ。」おおー、Fishyうまいっ。そうだよ、実年齢をいうと、学校中にあした広まってそうだからね。はは。

しーちゃんは、さらに、「18歳ってOld?」ときいてきた。

Fishyも、「Oldかな。」

しーちゃん、突然、うわーーー  (号泣)

なぜ・・・

Fishyは、「泣くほど、おなかいたいに違いにない。Dr. に電話しろー。」(<なんでや)

母の感で、他に理由があるに違いないと思った。Fishy、君は、ほんと、空気の読めないやつだね。

「なんでないてるん?」ときくと、「マミーがOldになったら、もう一緒に寝んねできひんー」

やっぱりね。この、わけのわからないことに結びつけて、悲しくなるのが、女の子なのよ!

Fishyってさぁ、人の気持ちがよめないよねぇ。。

つきつめていくと、親が歳をとって、しーちゃんとの関係がかわっていくことへの恐怖感があったそうな。

しかし、4歳でこんなことおもったっけ?私が自分の感情をはっきり覚えてるのは、幼稚園の卒業式に先生がピアノを弾きながら泣いていて、私も悲しくなったのがはじめて。それは、6歳よね。

いつも強気のしーちゃんだが、今日はなんだったのかな。
[PR]

by scorners | 2009-02-20 21:28 | Kids

学長のスピーチ

しーちゃんの学校の学長さんが、今日は朝からスピーチをしたので、予約しておいた。
議題は、「Good to great」。これは、Jim Collinの本なんだけど、この学長さん、この本がめちゃお気に入り。この前も、「Bunny、Good to great の本読んだ??」と感動を分かち合いたそうだったので、私もよまねばーと思いつつ読んでないこの本をさっと読んでからこのスピーチに望んだ。

今回は、評議会メンバーも参加していて、ビッグネームばかりだった。学校の経営が主なトピックだったんだけど、密かな趣旨は、高校で、海外に行く子供を止めようとするものに思えた。というのも、うちの学校は、IB(APに相当)のレベルが低い。ちゃんと、教えられる教師がいないんだよね。

だから、IBの強化と小学校でのカリキュラムや教授法をそれにもとづいて、改善するらしい。

非常にいいことである。

私が、一番、聞いてうれしかったのは、「経験して学習するもので、暗記ばかりの学習は信じない。」ということだ。フィリピンの学校は、暗記型が多い。これでは、21世紀にグローバルな現実社会で通用する人間になれない。「考えること」に重点をおいていくらしい。ちゃんと、カリキュラム、教授法をそこまでもっていってくれるのであれば、授業料を払う価値があるってもんです。

Good to great にもあった「辛い現実をみる」というのには、人事的に、できない人はきっていくということでした。

すごい盛りだくさんで、しかも、その後の質問も白熱しました。私もカリキュラムについて質問しました。

やっぱり、この学長さんがんばってるなぁー。すごい原動力があります。ビッグファミリーのおっちゃんたちもたじたじでした。
[PR]

by scorners | 2009-02-19 22:49 | Cebu

2歳児てごわし!

今まで、なんでも、「こーしてねー」と頼むと、「うん」といって、素直だったジュニア。

とうとうきた。

「マミー、きらい、あっちいけ」

女の子とちがって、泣き叫んだりしないし、原因がわからないのよ。

今日は、朝からしーちゃんの学校へ行って、仕事にいって、お友達の家で少し、翻訳を手伝って、あまり接点なかった。

帰ったら。

ハグを拒否された。

「Are you mad?」

「I am mad. I am mad. I AM MAD!!!」

え?私、今日は何もしてないんですけど?

何か、ストレスなことがあるのかしら。しーちゃん、かまいすぎ?ジュニアほったらかしすぎ??

これが、反抗期ってやつですかい?しーちゃんのときは、わかりやすかったけど、ジュニアはさっぱりわからん。

そーだよね・・・ジュニアとの時間もつくらなきゃね。(そーすると、しーちゃんが、こわれるんだよね。。)

はぁー、うちってなんで、二人とも手がかかるのかしら。
d0011352_2236235.jpg

[PR]

by scorners | 2009-02-18 22:36

バレンタインは、焼肉

朝起きて、早々、Fishyが、「韓陽苑予約しておいて」というので、なんで?ときくと、「だって、今日はバレンタインだろ?」。うーん。バレンタインと焼肉ってどう、つながるの?まあ、最近、いってないからいきたいし、いいか。

いつも、うちは、おきまりのパターン。タン塩→上カルビ→リブアイ→チキン→にんにくやき サイドに、サラダとクッパを旦那と半分こ。

にんにく焼きは、にんにくを煮詰めたあと、生卵を流し込んで、煮るの。しつこくなくておいしいよ。

Fishyは、上カルビを食べて涙でそーになってました。

セブは、バレンタインは、男の人から女の人へプレゼントするんだけど、なぜか、この日も、肉を焼くのは、私。

この前、友達と、焼肉を家族と食べにいったら、いくらかかるという話を皆でしてて、びっくり。うちって一番安い。皆、すごい、速さで焼いてるんだろうな。

あー、満腹、おいしかった。
[PR]

by scorners | 2009-02-15 22:51 | Cebu

Eskaya resort

Fishyとリゾートにいってきました。おこちゃまおいて。リゾートのオーナーが誕生日プレゼントに一泊くれたらしいです。

リゾートはボホール島という、セブから1時間45分で船でいったところにあります。新しいリゾートで、レストランも部屋も雰囲気も抜群です。・・が、お値段が張るらしいです。

部屋には、ジャクジーと、プライベートプールがついてました。セレブにお薦めのプライバシーがうまく守られた場所です。

スパは、高くて手がでませんでした。お二人様18000ペソ(360ドルくらい)。一番、安くて3500ペソ(70ドルくらい)。だって、セブにかえったら、600ペソ(12ドル)でマッサージできるもんね。

レストランは、ヨーロピアンスタイルのメニュー、フィリピン人メニュー、どちらもあり、おいしかったです。おしかったのは、エッグベネディクトのパンがディナーロールだったことと、ハムの代わりにサーモンだったことだったことかな。正しくは、イングリッシュマフィンですね。

ちなみに、お部屋には、Wiiがついてました。Fishy、Wiiしてるし・・・。

私は、軽い読み物、「Shoppaholic」をざっとよんでました。

予算としては、食べ物混みで、1泊10万円くらいでしょうか。

d0011352_18461841.jpg

[PR]

by scorners | 2009-02-09 17:32 | Cebu

おばかなしーちゃん

しーちゃんが、大好きなおばかなゲーム。Hullabaloo。

d0011352_22443824.jpg


円盤が「は~い次は、緑色に鼻をのせてー。スパゲッティにのった鼻がー、勝者!Funny dance!」

と、かなり、おちょろけだ。ジュニアも色がわかるようになってきたから、できるようになってきた。

そういえば、しーちゃん、最近、「いかにおばか」かとうことに、力を入れているようなきがする。

今日も、スイミングで、踊ってたし。

昨日も友達の家で、ボクシングを目一杯してたし、「何か、ストレスでも・・?」と、聞きたいくらいだった。

そういや、PTCのときにも、先生にいわれたなぁー。「しーちゃんの、おばか調子に合わすと、うまくのってくれるんですよ。」と。

これは、関西人の血か。それとも、Fishyの天然おぼけか。
[PR]

by scorners | 2009-02-01 22:43 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28