<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


しーちゃんの将来

最近、しーちゃんは、「自分の将来」について気になるらしい。

昨日、しーちゃんが、サンフランシスコでお世話になったゴシックなお家をどうやって建てられるか、聞いてきた。お家をデザインする人は、建築家っていうんだよ。からはじまって、そこのおうちの人の職業、などなど、将来の職業の話になった。そのおうちの人は、弁護士さん。弁護士は、弁護学校にいくねん。という話から、

しーちゃん「あたしは、ガーデナーになるねん。マミー、どーやったら、ガーデナーになれるん?」

マミーそれは、ちょっと、わからなかったので、「うーん。今度、じいじに聞いてみるね。」と、うやむやにした。

今日は、しーちゃんのしまじろうに、「からだのしくみ-骨」っていうテーマがあったので、一緒に本を読んでみた。5歳にしては、難しいテーマなんだけど、本人は画期的で面白いということだった。内臓の話になり、しーちゃんの小児科の先生は、心臓専門の先生なのよ。心臓は、人間にとって一番大切な臓器だから、Dr. は、沢山の人を助ける仕事をしてるのね。という話をすると、「わたし、医者と、ガーデナーになる。」と、しーちゃん。

やっぱり、まだ、ガーデナーか。ブランコの順番待てない人が、一体、草木を育てる忍耐力があるんでしょうか。

職業って不思議よね。皆、いつの時点で、転職を見つけるんだろうか。「やりたいこと、と、やれること」って違うんよね。

しーちゃん、ガーデナーは、どうかなぁ・・。2歳も歳の離れた弟のジュニアをいつもぎゃふんといわせているのに、医者もどうかとおもいますけど?

いつも、全身、キラキラしてるので、ジュエリーデザイナーとかのほうがいいんじゃないっすか?
[PR]

by scorners | 2009-06-28 23:17 | Kids

ばっけーしょん!

3歳に近づくにつれ、少し、落ち着くかな・・というのは、夢の話でした。。今日も電灯をがっしゃーんと、壊し、

へっへっへっへ・・・

と、いたずら顔満面です。

2歳児が、すごい速さで走る中、せめて5歳児には、Daily routine をと、ぶつぶついってたら、しーちゃんが、小さなメモ帳とペンをもって、

「マミー、毎日のスケジュールを書いてみて。まず、起きるでしょ、そして、Studyでしょ。ピアノでしょ。」と、いうではないか。成長を喜んでいいのだろうか・・・これ・・。

なんか、ふっと、自分の幼少を思い出した。しーちゃん、旦那に似てる似てるとおもってたけど、こういうとき、私に似てるのね。私は、Rule and guideline thinking が強く備わっているのです。数学のIf .... then ... thus の問題なんかもすきです。はっときづくと、子供にも、「If こんなことをすると。。。。Then, こーんな悪い結果がまってるんだよー」っていう説明をしてます。

これは、Fishyには、「ない」考え方かも。だって、Fishyは、ルールにチャレンジしてなんぼだから、ルールやガイダンスに従うという気は、ない。

とにかく、しーちゃんのルーティンを決めて、はぁぁぁぁぁ。バケーションって親にとっては、仕事二倍になるんよね。

最近、子供たちに日本語で物事をおしえようか、英語にしようか、決めきれていない。正直言って、日常会話が全部英語は辛い。しかし、日本語でおしえると、子供たちの理解力に問題がでてくる。

今年は、2ヶ月も学校がないから、考えもんです。
[PR]

by scorners | 2009-06-26 22:53

Mall of Asia と ジュニアの靴下

セブに帰る途中、マニラに寄って、新しく、マニラにできたモールに行ってきました。Mall of Asia といって、かなり、大きいです。

お目当ては、アイススケートリンク。しーちゃんは、靴のサイズ、18cmですが、これよりサイズ下のスケート靴はなさそうです。

しーちゃんが、いつぞや、真央ちゃんをテレビでみてから、アイススケートへの憧れが強かったので、一度、させてあげたかったのです。

私も、幼いころ、スケートを習っておりましたので、さて、25年ぶりのスケートどんなものかとおもったら、まだ、滑れます。

しかし、しーちゃん、思ったより、コントロールが利かないことで、こけまくってました。アイススケートには、バランス感覚と、全身のコーディネーションが必要なのです。しかも、忍耐力も必要です。しーちゃんの苦手科目ばかりです。

ただひとつ、しーちゃんにあるもの。それは、「根性」。周りに6歳くらいの女の子が、スイスイすべってました。それを見たしーちゃん、根性で、滑ろうとし、なんとか、一人で「歩ける」ようになりました。

まぁ、一日目としては、こんなもんでしょう。でも、しーちゃんとしては、納得いかないみたいだったわ。世の中には、難しいスポーツもあるのよ。よい経験ができたわ。写真は、無理でした。ってのも、しーちゃんを100回くらい、立ち上がらせるのに、忙しかったしね。

さぁ、セブにかえろうっと、と、ジュニアに靴下をはかしていると、黒と白の縞々の靴下をみたFishyが、

Oh my がー。その靴下は、あかんやろー。

なにいってるんですか。これは、BeBeのはきやすい靴下なのに。

それで、アメリカの学校いったら、間違いなく、いじめられるぞ。

ええー。それは、考えてもみなかった。おおー、カルチャーショック。でも、これ、ほんとうかなぁ・・。

そんなことを考えながら、セブに帰る飛行機に乗りました。
[PR]

by scorners | 2009-06-17 22:33

またしても、父・・

朝から天気がよかったので、梅小路に汽車を見に行ってきた。

父が、機嫌よく一緒にいってくれるってんで、コンビニでおにぎりを買って、梅小路にさぁー、出発。

梅小路に入るやいなや、「臨時運行されてます。」っていうので、その足で、SLに乗りにいった。ジュニアは、緊張して、しーちゃんは、「大きくて怖い」と、いってました。

これは、余談なんだけど、しーちゃん、何でも、怖いのよね。ちょっと、怖い魔女が出てくるテレビは、怖い。プリキュアの戦いも怖い。これは、なんだか、わからないんよねぇ・・

今、プラレールにこっているので、D510の機関車を購入して、さぁ、かえろう!

ここで、また、父が事件を勃発。

私がジュニアをカーシートに乗せていたら、何を思ったか、父、発進した。

ドアがバンと私にあたって、後部車輪が私の足の上を「通過」。

いったー、きゃー。

という、悲鳴にやっときづいた父。車を止めて、「あれ?まだ、乗ってなかったん?」

ええー??ドア空いてるし、私も父の隣にのってないやん??

幸い、足の甲に青じんができただけで、大事にはいたらなかったけど、「もー、俺もとしだな、あっはっは」

お父さん、歳では、すまされないことがあるんですけど。。。

さすがに悪いとおもったのか、その日は、ジュニアをずーっとみていてくれました。

d0011352_22315793.jpg

[PR]

by scorners | 2009-06-13 21:44 | Japan

日本到着~

ながーく、つらーい、2歳児との旅行も終わって、税関もおわり、さぁ、じいじ迎えに来てるかなぁ♪

いない?!

ええー?どこいったんだろう。まだなのかなぁと、母に電話してみると、とっくについてるとのこと・・

待つこと、45分。キッズ、限界。

館内アナウンスだな。こりゃ。

なんと、反対側の出口でずーっとまってたとさ。お父さん、いきなり、ぼけてる?前はこんなこと、なかったのに・・

父に会ったとたん、「はるかが、あと、10分ででる!はしれーーーー」

えええーー、荷物とキッズをひっぱって、もうダッシュ。

なんと、間に合った。が、南の島から来た+おつかれには、ちときつかった・・・

父よ、昔は、もうすこし、計画的だったような気が・・

まだまだ、旅のはちゃめちゃは、続くのです・・
[PR]

by scorners | 2009-06-02 23:23 | Japan
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30