<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


日本という環境

日本に来て、一ヶ月半が経ちました。心配していた子供達の日本語。

しーちゃん 片言    → こってり京都弁
ジュニア  日本語ゼロ → センテンスで京都弁

すごいです。環境の威力。

しかも、ジュニアは、日本語ゼロで、周りで何を話しているのかさっぱりわからず、ごまかしの人生だったにもかかわらず、すっかり、自分のニーズを主張できるようになっています。学校で、喧嘩しても、「誰と」「どうして」喧嘩になったか、言えるようになりました。これって、防衛本能かな。

日本語だけじゃなくて、ジュニアの脳は、急成長中。前に迷路をやらせたとき、「この人、いつか、迷路とかできるようになるのかな。まぁいいや、スポーツで世の中わたってけば・・」と思ったことがある。迷路できるようになったじゃないか。しかも、幼稚園から家までの道のりを正確に覚えているのも、ジュニア。

しーちゃんが、シルバニアファミリーで、遊んでいたとき・・
「お父さん、洗濯物ここ、おかんといて」
「え?どこにいれといたらええにゃ?」
「ちゃんと、自分で洗濯籠にいれといてや。」

一体、この状況、どこでみたんですか?

なんだか、これを聞いたとき、日本のお子になったなぁとちょっと感動したわ。

そして、抜かりない彼女は、

「マミー、洗濯機がないで。洗濯機買って。」

一気に世帯じみた彼女です。

おまけ:托鉢(たくはつ)の中に色鉛筆でお絵かきをして大目玉をくらったジュニアでした。
d0011352_2231298.jpg

[PR]

by scorners | 2010-05-29 22:31

しーちゃん初おとまり

お友達のおうちが、他の子供も泊まりに来るのでしーちゃんも一緒にどうかと言ってくれた。そういえば、しーちゃんは、今度、園からお泊りがあるっていってたし、よい練習になるんじゃないかな。ということで、そのお友達のお家に泊めてもらうことにした。

その夜、ジュニアは、「なんで、しーちゃん、いいひんの?」と連発。寂しくてしかたがないようだった。

余談だけど、ジュニアは、かなり日本語がでてきました。しーちゃんとも日本語の時もあります。

そして、今日、しーちゃんを向かいにいきがてら、お友達の家をはしごして、違うお友達のおうちにも遊びにいってきました。その間、しーちゃんは、私の膝の上から降りないのです。リバウンドかな。。。

就寝時刻も遅かったのと重なって、すぐ泣く。

しかし、よい経験だったと思うわ。ちょうど、泊まりに行く前に、私としーちゃんは、大喧嘩をして、ちょっとは、離れてみるのもいいんじゃないかと思っていたところ。

離れている間、いろいろ我慢していたのか、その疲れがどっとでたんだろうな。5歳児のお泊りはそんなもんよね。

子育てをしていると、視野が狭くなり勝ちだけど、親だけではなくて、子供も少し、家の外をみるのもいいことだと思う。「自分への責任」ということから、少しづつ責任感がついてくるんだと思う。
[PR]

by scorners | 2010-05-16 22:21 | Kids

ゴールデンウィーク

ようやく、日本のペースになれ、花粉症もカムバックしたとおもったら、ゴールデンウィーク。

これって、パワフル3歳男児を持つ私にはフルタイムで働けってことですな。実は、ゴールデンウィーク前にあった「親子遠足」でかなりお疲れな私。大体、セブにゃー、親子遠足ってなかったんだよ。親子遠足では、琵琶湖博物館へマイクロバス6台でいってきました。琵琶湖博物館はよかったよ。水族館もあったしね。何が私の中で大変だったかっていうと、日本の雰囲気にまだ慣れてない中、幼稚園の雰囲気にカルチャーショックをうけることよ。いままで、セブのぬるま湯教育から、日本のきっちり教育についてってない私・・

ゴールデンウィークでは、なつかしのお友達とお出かけをして、子供たちも顔見知りのお友達と再会して、一杯遊んでもらったので、ジュニアの日本語も伸びたし、日本が少し楽しくなってきたらしい。そういう意味では、ゴールデンウィークはよかったかも。

しかし、ゴールデンウィークも明日で終わりなった今日、疲れてます。私。人ごみも苦手で人口密度が高いのも久しぶり。

はやく、幼稚園始まってください・・・

d0011352_1551501.jpg

[PR]

by scorners | 2010-05-04 15:52 | Japan
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31