<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


パンプキン カービング

d0011352_532348.jpg


明日はハロウィン。何かわすれていませんか?

よし、パンプキンのカービングするぞぉー!と、気合を入れなければ。

去年は、筋肉痛になりました。

しかし、うちの義弟が、子供もいないにもかかわらず、すごいクリエイティブにパンプキンをカービングをしたので、私もがんばらねばいけません。(<って、張り合うこともないんだけどね)

今年は、猫、こうもりなどもカーブしてみました。

彫ったあと、手が震えていたので、今年も筋肉痛間違いなしです。

ジュニアの特別注文で、ライオンまで彫りました・・。

そういえば、意外と彫り物すきなんです。

今年のパンプキンは、肉厚なんで、かなり力がいりました。

これで、今年も無事にハロウィンがむかえられそうです。

明日は、サクラメントまでいく用事があるんで、帰ってきてから、車でTrick or Treatをしている通りまで行こうと思います。なんせ、農園に住んでるんで、近所がないもんですから・・。
[PR]

by scorners | 2011-10-31 05:42 | Kids

パンプキン パッチ

d0011352_894394.jpg
30分ほど、車で走ったところにあるカウントリー・パンプキンパッチに行ってきました。

パンプキンパッチで、かぼちゃを5個見つけて、ワゴンに乗せ、お会計へと進みます。

このパンプキン・パッチでは、コーン・メイズといって、コーン畑でつくられた迷路があるのです。

去年は、子供たちは小さすぎて入れなかったんだけど、今年は、子供たちもメイズやる気満々。

メイズの入り口で説明を聞いて、地図を見てると、子供たちは、もうダッシュして、中へ入っていったので、私も地図をちゃんと見ないで、追いかけていきました(汗)。

で、歩くこと20分。未知の世界でわからなくなってきたは、疲れてきたわで、パニック状態の子供たち。

ふふふ。そーでしょ。そーでしょ。

この迷路、10歳以上につくられてて、大人でもでてこれなかったりします。

「あのねー。ちゃんと、迷路に入る前に地図みてからでないと、どういう形になってるかわからないでしょ。」

と、ここで、渇。

結局、1時間くらいかかって、最後のほうは、足取り重ぉー。

途中で、スタッフに出くわしたんだけど、「行方不明」の大人を探してました。

前からちょっと、感じてたんだけど、しーちゃん、すごい方向音痴。私に似てるねんな。
ジュニアの方が、「さっき、こことおったから、こっち」とか、しっかりしてます。しーちゃん、一人旅とかできひんのちゃうかな。前に香港の空港で、迷った自分を思い出したわ。。

でも、なんとか無事に抜け出しました。
[PR]

by scorners | 2011-10-23 08:07 | Kids

Site Council

先週の金曜日にお迎えにいったら、先生が、ニコニコして、茶封筒を手渡してくれた。

中身は、オフィスからのSite Councilのお願い。

ひやー。去年ことわったのにぃ。暇そうだから、マークされたに違いない。ちなみに、私、PTAもやってるんだよ!

Site Councilとは、学校のBoardという運営機関に、アドバイスするグループのことで、カリキュラムや生徒の学力、予算が、政府のNo Child Left Behind政策に反映されているか、チェックするのよ。

しかも、ミーティング、月曜日の午後。

ムムっ。 今回は、オフィスも断れないように、考えましたね・・。

で、実は、今、「旦那をカリフォルニアに戻す作戦」というのを練ってまして、どうなるか、今週わかるのです。

って、オフィスに言ったんだけど、

「じゃ、お引越しされるまで、メンバーになるってのはどうですか?」

敗戦。。

行ってきました。ミーティング。

以外と、面白かったのです。ってのは、カリフォルニアの教育状況がよくわかりました。
カリフォルニアは、北にいけばいくほど、白人の率が高いんだけど、うちの学校も80%が白人、20%は、ヒスパニックか、アジア、ブラック系です。なので、うちの学校は、このNo one left behind政策で中心とないっている英語を第二外国語とする生徒への補助金などは、あんまり、当てはまらないケースが多いんよね。先生が、他校では、多様性が産んだ教育環境の難しさが浮き彫りになっていることが多いんですよ。って説明しなければ、気づかないほど、白人社会です。ESLとか、聞いたことなんだろうな・・・。

逆に、「スペイン語を第二外国語教育で取り入れるってのはどうですか?」っていう意見があった。うーん、その前に、Language Artsの英語の成績を上げましょうって、話ですよね・・。

それと、もう少し、コンピュータ使ってほしいなぁ・・。子供たちも。高校行くと、ペーパーはタイピングしてだすんだよね。

農園での生活は、満喫したので、そろそろ、次に移りたいなとムズムズしてきました。
[PR]

by scorners | 2011-10-20 03:10 | Kids

Mounted Police

d0011352_8313199.jpg
Michaels で、グランパの誕生日のためにアートの材料と木の箱を買いにいったら、

おっ?警察馬がいる。

おもわず、

「写真とらせてください」

Barns & Noble のイベントで警察が一杯きてて、本の出版のためのイベントを催していた。

ごっつい、警察官が子供いすに座ってて少し笑えたわ。

周りを見渡すと、なんだか、沢山、知り合いがいるじゃないか。

最近、気づいたんだけど、この農園地帯って、旦那は、農民かコミュニティーで働くひとたちなんだよね。コミュニティーで働く人たちって、警察官とか、消防士とか、郵便局の人とかね。そうか、建築関係。うちみたいに、誰も、IT屋ってのは、いないよ。メールは使わない、SMS、携帯は使わないで、どうしたらあなたに連絡とれるのですか?って感じよ。

そうそう、この間、トラックの許可書の件で、うちに、ハイウェイパトロールのオフィサーがきたんだけど、めちゃ、かっこよくて、話を半分しか聞いてなかったわたし。
[PR]

by scorners | 2011-10-09 08:27 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31