バスケの試合

今日は、しーちゃんのバスケの試合が他校であるっていうんで、クラスメートのお母さん、レイチェルにのせてもらって、さらに田舎の「山の中小学校」までいってきました。

途中、山の中で、レイチェルに、「ねぇねぇ、建物自体がないんだけど、小学校この道沿いだよね?」といったとたん、急に、ポッツーンと小学校出現。開拓地みたいだね・・

しーちゃんは、「沢山」の人に圧倒される・・といってたんだけど、しーちゃん、全校生徒400人の学校に前、いってたやん。今日は、全員で100人くらいだよっ。

試合がはじまるまで、「あー、ビビるー。」とかなり、ナーバスなしーちゃん。「What if ...」大きな失敗したらどおすんの?質問があったけど、幼稚園児のバスケットボールが、かなり面白くて笑いっぱなしだったので、ちょっとリラックスしてきたよ。

小さくてもうまい子は、どんどん、シュートを決めるんだよ。家族でやってるのか、ディフェンスもオフェンスもG2で上手にできる子もいるのに驚いたよ。しーちゃんは、ルールを覚えるのにやっとで、せいぜい、ディフェンスに貢献ってかんじだったな。

クラスの子供の名前と顔も一致したし、ランチもお友達とみんなでピクニックして楽しかったよ。
[PR]

by scorners | 2011-02-12 09:42 | Diary
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31