義父のペット

義父のTシャツになんか黒いものがへばりついてる。何これは??と近くにいってみてみると、それはかぶとむしだった。義父の部屋のドアの外にいたらしい。

見つけた当時は弱っていたが、義父がインターネットで食べるものを調べて、飼育しているうちに元気になったらしい。好物はバナナだとか。

義父は生き物に興味がある。この間も死に掛かっていたすずめの雛を巣に返してあげたりしていた。この辺は医者魂というか、昔ERにいたときの名残か・・。それともただ、少年のままなのか・・。

ペットができて楽しそうである。しーちゃんにも生き物の命の尊さがわかってよい教育になる。

この間も、かまきりが、キッチンまできていたし、しーちゃんは、学校で蝶の飼育所に行ってきた。日本ではもうあまり、カマキリがうろしている原っぱや、蝶のさなぎなんかが自然で見られるところが少なくなってきたけど、フィリピンはまだまだ、いっぱいある。フルーツも道端に成ってるし、牛やヤギも道路をうろついている。日本の都会が失ってしまったものが、ここにはまだ残っている。フィリピンにいると、ふと、自分の小さかったころに逆戻りした気分になる。
[PR]

by scorners | 2006-12-06 23:12 | Diary
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30