<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


ジュニアのEmpathy

産まれたときからあるといわれるEmpathy (共感)。ジュニアは、男の子なのに以外と強いなぁと思うときが時々ある。

今日、Gymboreeで、友達の男の子がこけておお泣きしていた。アイスで冷やして、冷たいのでまた泣いていた。それをジュニアはジーっとみつめて、目を離さない。気をそらそうとして、アクティビティをさせようとするが気になるようだ。子供の容態も気になったので、一緒に見に行ってみると、腫れている。泣くのはかわいそうだけど、すぐに冷やして内出血をとめないと広がる。

ジュニアの顔が涙顔になったかと思うと、わーっと泣き出した。たぶん、アイスで冷やすのが嫌なのを思い出したのと、お友達の辛さに共感したんだとおもう。

ちょっと、外へでて水をのましたら落ち着いた。おなかもへってるんだろうな。かばん見て、「まんまー」っていってるし。

夕方、アーアー泣き出して、止まらなくなった。そういや、しーちゃんもあったなぁ、夕暮れ時に泣くことが・・。

Fishyが帰ってくると、しーちゃんとFishyが楽しそうに会話しているのを小耳にはさんだジュニアが、指差してFishyのところへ連れて行けという。その光景をジュニアは見て、うれしそうに笑ってる。

Fishyのお母さんが、Fishyのベビーブックを持ってきてくれた。手作りである。手書きで月ごとにFishyの成長が書かれている貴重なベビーブックだ。ジュニアの年齢くらいを読んでみると、「Fishyは、まだよくこける。意味はまだわからないけど、いっぱいしゃべる」とかかれてあった。Fishyはしーちゃんに本当にそっくりだわ。ジュニアはもうめったにこけないんだよね。かなりうまくよけるんだよ。もちろん、こけるときもあるよ。

夜になって、ジュニアが、「ねんね、ミルク」といった。おおー、2語?ってミルクがほしかったんだよね。ジュニアの2大ボキャブラリー。ほんとに。必要にせまられないと話さないんだけど、ジュニアってほんとに、ミルクさえあれば、はっぴーだからね。しーちゃんは、いろいろしてもらう必要があったようで、言葉もはやかったけど。ジュニアのもうひとつの口癖、「Wow-」。感動したら、「Wow」、発見したら「Wow」。わかりやすいよね。
[PR]

by scorners | 2008-03-12 23:00

ジュニアの語彙

ジュニアが最近、めきめき、しゃべりだした。今日は、友達の赤ちゃんを見て、「ベイビー」といった。おしゃぶりは、「ちゅっちゅ」。おしゃぶりがほしくなると、手をだして「ちゅっちゅ」。言葉にはできないけど、指示もいろいろわかるようになってきた。「今は、雨が降ってるからお外にいかないよ」というと、傘をだしてきたり。

同じ年の友達と今日は、おもちゃの車の窓越しに何か話している。この時期、まだ、パラレルプレイしかしないんだけど、なんだか、1歳児が赤ちゃん言葉でしゃべってておかしい。お互い、上にお姉ちゃんがいるからだろうか。

今日、久しぶりにシェイプソーターをしたら、なんとなく、入れる場所がわかってきたみたい。

しかし・・・

ブログを見直してみると、しーちゃんは、ジュニアと同じ年のとき、もう2語でしゃべっていた。シェイプソーターは生後8ヶ月でマスターと驚異的に早い。周りから、しーちゃんは何でも早いねーといわれてたけど、女の子だしねーといまいちピンときてなかったんだよね。今頃、しーちゃんは、パズルは2枚パズルができてて、平面のシェイプソーターなども終わっていたのだった。

ジュニア・・だ、大丈夫か。

しーちゃんは、このころ、「人見知り」していたらしかった。ジュニアはやっと、お母さんが誰か最近、やっと、わかってきたよね。助かるのは、ジュニアが愛想がいいこと。しーちゃんとは逆でSocial Skill に自然と長けていると思う。が、これも、もしかしたら、ただ、へらへら、わけもわからんと、わらってるだけなのかも・・・。

男の子と女の子ってほーんと、育て方が違うし、成長のポイントが違う。

ジュニアは、感情を扱うには簡単なんだけど、(ご飯さえしっかりあげていれば、オッケーだからさっ)いろいろ教えたくても無視。しーちゃんは、感情面で苦労した(している)。

とはいっても、ジュニアも2歳で我がでてきたら大変だろうなぁー。力が強いから周りをぶっとばしそー。

しょうがないから、ジュニアは運動をいっぱいさせて、スポーツでスカラシップでもとってもらうか。
[PR]

by scorners | 2008-03-11 22:43

お誕生日会

すっかり、勘違いして、昨日の帰国だとおもっていたら、Fishyの帰国、今日だったのですねー。旅行日程表をはっきりみてなかったんだけど、よくみたら、最後の乗り換えの便が夜の12時なんで、同日着ってありえないのです。ってことは、Fishy、昨日からずーっと、飛行機にのってたのね。お疲れ様。

一応、誕生日パーティにいくか聞いてみたら、「がんばる」といいながら、2分後には、いびきをかいて寝ていたので、こりゃだめだ。と、子供たちだけつれて出かけました。Fishy、昔はヨーロッパからかえってきてもしゃきしゃきしてたのに、もう年だねぇー。

誕生日会では、学校のお友達が沢山きていて、しーちゃんは、おおはりきりっ。おそらく、50人くらいいただろうキッズ+親とナニーたち。

ご飯は、最近できた、カントリーモールのはすむかいにあるAngelinaというイタリア料理やさんのご主人がみずから出前されてました。ピザ、レチョン、ラザニア、サラダとぜーんぶおいしかった。ラザニアがすごくおいしかったので、これは、ぜひ、レストランにもFishyをつれていきたい。

子供たちも十分楽しんだし、親もいっぱい話せたので、とても楽しいお誕生日会でした。
[PR]

by scorners | 2008-03-09 22:09 | Kids

ホームステイファミリー

今日は、特別な日になりました。学生時代、お世話になっていたホームステイ先のお父さんをネットで偶然見つけて、メールを送ったら帰って来ました。

あれから、十数年近くが経ちます。私はシアトルに留学していて、ホームステイを一年していたのでした。ホームステイって、普通はアパートとか寮に早くに切り替えたりする人が多い中、私はホームステイ先の家族が大好きでずーっと一緒にすごしていたのでした。

そのころのお子さんが、4歳と2歳で、うちの子と同じ、ブラウンの髪の毛のおねえちゃんと、ブロンドの息子さんがいたのです。その子たちが大好きで、本を読んであげたり、一緒に、ごっこ遊びをしたりと覚えています。

お母さんが、イラストレーターで、とてもかわいいイラストを描かれるのです。私は絵が大好きなので、大ファンでした。お父さんは大学の生物学の教授で今は学部長をされています。

お父さんはそのころからずーっとその大学。アメリカでは、めずらしい。生物学なので、望めば、Genenticなど、大手の会社やカリフォルニアの大学に移れたはずなのにね。あの、雨の降るシアトルがすきなのかな?

もう少し、仕事が落ち着いたら、家族でシアトルにいきたいと思っているのだ。いつになるか、わからないけど、ホームステイファミリーとお茶でもできたらなというのは、ここ十年の夢です。
[PR]

by scorners | 2008-03-08 22:21 | Diary

プレスクールのイベント

今日は、プレスクールで「キャンプ」がテーマのイベントが夕方からあった。持ち物に、バーベキュー、プソ(フィリピンのごはん)、懐中電灯、とあった。いまいち、全体がつかめないまま、現地へ向かった。

すーごーい渋滞。おもわず、みんな、車の中で、zzzzzz

学校につくと、スピーチがはじまっていた。精神科のお医者さんたちが、「Emotional Development」(感情の発達)について講義していた。内容はErik EriksonのEight stage of development とJean Piaget の認知能力の発達についてだった。

これは、一般の親御さんにはかなり難しいと思う。心理学を大学で専攻すると、この二人はでてくるけど、よーっぽど、興味がないと、めちゃ読みにくい内容なのでこれを題材にするのは、無理がある。テーマがでかすぎるよ。そして、そこから、子供の感情の話にもっていくのは、苦しかったな。

その後、インタラクティブ形式で質問してその悩みを聞きながら、お医者さんたちがこたえるというものだった。質問は、「お子さんの感情面で質問はありますか?」。

皆さん、「子供がほかの子とシェアできない。」「兄弟に嫉妬する。」「衝動的である。」などなど、3-4歳児に多い問題がありました。

私は、「しーちゃんが、ジュニアに嫉妬するんですけど・・」って、問題定義をしたら、「いままで、しーちゃんがいたポジションにジュニアが侵入するので、不安なんだね。がまんしてください。」といわれた。えー、がまんしてくださいってのは、解決法じゃないよなぁー。もうすこし、建設的な解決法はないんでしょうか。

そして、もうひとつ、納得できなかったのが、「発達過程でのRed Flag (危険信号)」。
もちろん、個人差があるので、絶対的でないとことわっていたけどね。たとえば、3歳児-よくこける。しーちゃん、まだよくこけるんだよね。。Red Flag か?!もうすこし、肯定的な成長段階が知りたかった。そんで、Red Flagに当てはまったらどーしたらいいわけ?どこに助けをもとめたらいいねん。

その後、皆で、バーベキューを子供たちがコンロであたためて、夕食のはじまり。

スカベンジャーゲームがあって、うちのチームが勝ったよん。

花火もあげて、しーちゃんは、結構、たのしかったみたい。

帰りはみんなぐったり疲れて、家に帰ったら二人ともすぐねちゃったよ。
[PR]

by scorners | 2008-03-07 23:21 | Kids

Build build build

しーちゃん、今頃、ブロック盛りです。私が、ドーラとディエゴのメガブロックにこっていて、パーツを増やしているんだけど、しーちゃん、積み上げるのがまだ好きみたいで、ゾウさんが塔のうえにのっかってたり、ちょっと、風変わりな動物園をつくったりします。

最近、私のおもちゃほしい病が少しとまってて、しーちゃんも、仕方なくあるブロックで遊ぶことがおおいです。たまに、Candy Landなんかでゲームもできるようになってきました。もう少ししたら複雑なゲームとかもできるから、そのときには、また、ほしい病がでるかもしれない。

レゴにスーパーマーケットがでてたので、思わず、日本の実家に買って送ってあります。レゴのピンクのおうちとあわせて、タウンができるわっ。と、ひとりで想像しているのだ。農場もでてたんだけど、私のタウンのテーマにあわないなぁーと考え中。

レゴのピンクのおうちは、私が、しーちゃんが、かなりお気に入りで、何時間も組み立てて遊んでます。あるときは、庭に動物園、あるときは、庭で誕生パーティ。となりに、ドーラの学校も作って、「平日」。

d0011352_23385294.jpg

[PR]

by scorners | 2008-03-04 23:38 | Kids

Gustavian の おっちゃんと しーちゃん

しーちゃんと、週に一回、マミーとデートの日がある。今日はGustavian にサーモンとドレッシングを買う用事があったので、レモネードでも飲もうかとしーちゃんとGustavianでおちゃした。

しーちゃん、あまり、ゆっくりすわっていない、Three year old wiggler なんだけど、積みあがった物のすきまから何かを観察してる・・。

物の向こうにすわっているのは、メインシェフのおっちゃん。なにやら、レシピを考案しているようだ。

このおっちゃん、見た目、すこし、こわそう。しかし、前に買い物してると、つつつーとよって来て。「何歳?」ときいてきた。それから少し会話を交わしていたら、しーちゃんにクッキーをくれたのだ。

しーちゃん、そのクッキーがおいしかったらしく、レモネードにそのクッキーを注文。クッキーの恩があるのか、そのおっちゃんを物のすきまからみつめて、様子を伺う。おっちゃん、ついにきづき、手を振る。しーちゃんは、私に「今ね、おっちゃんと目があった!」。それを何度も繰り返し、隣の席のお客さんもぶーっとふいてたよ・・。

おっちゃん、仕事してるから、邪魔しちゃだめだよ。。
[PR]

by scorners | 2008-03-01 23:14 | Kids
line

セブ島で定住したかと思いきや日本に立ち寄り、今はカリフォルニア農園暮らし


by scorners
line
カレンダー